本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< No.27-1『保育士試験(筆記試験)』挑戦中の感想と参考書紹介!!【30代男性!!】 | TOP | Girls2「恋するカモ」全曲感想!!(2019年) >>

2019.11.11 Monday

No.28『下水道管理技術認定試験(管路施設)』合格後の感想と参考書紹介!!

友達無し彼女無しのアラサー男性こと私が、暇な時間に現実を直視しない為に資格取得の勉強をするカテゴリです!!

今回挑んだ資格はコチラ!!
日本下水道事業団「下水道管理技術認定試験(管路施設)」!!!!
iPhoneImage.png
ありがとうございます!!1発合格でございます!!やはり受かると嬉しい♪
さて「下水道管理技術認定試験」とは何かと言う説明からですが、ザックリ言うと「下水道施設の維持管理する人の技術力を認定するよ!!」ってそういう資格でございます。前は「管路施設」の他に「処理施設」と言う区分があったのですが、そちらは平成16年度から「下水道技術検定」の「第3種(処理施設,ポンプ施設の維持管理)」に統合されたので、今は「管路施設」しかありません!!ならば「管路施設」を受けざるを得ない!!

で、今回何故こちらの試験を選んだのかと言うと、実に単純!!「1ヶ月くらい勉強すれば取れるかな?」と思ったからです(笑)。なにせ私この試験より合格率の低い「下水道技術検定」の「2種(設計,工事監督)」にまぐれで合格していますのでね!!そして「1級土木施工管理技士」も滑り込みセーフで去年取れたので、まぁ今回もなんとかなるだろうと思った訳です。そうです。暇なんです。まぁ最初の方は「下位互換の資格っぽいし余裕ぴっぴでしょ♪」と思って舐めていたのですが、合格基準点が70〜80点と高いのを思い出してからはギチギチに勉強しましたからね(笑)。結果的になんとかなりましたが、別に試験範囲も完全に被っている訳でも無く、流石に3週間では余裕ぴっぴでは無かったですね(泣)。でも楽しく勉強できたから結果的には満足でした。受かってハッピー☆〜(ゝ。∂)Yeah!!


【資格名】日本下水道事業団 下水道管理技術認定試験(管路施設)
【試験日】R1年11月
【試験形式】択一式マークシート(4択)
【出題範囲】1.工場排水、2.維持管理、3.安全管理、4.法規

【合格ライン】今回は50問中36問(72%)正解で合格 
【試験結果】48問正解(94%):合格
【合格率】32.2%
【難易度】勉強すれば高確率で受かります。勉強しないと高確率で落ちます。
【勉強時間】社会人のガチガチ3週間。
【勉強前知識】現場経験は雑魚ですが、下水道技術検定2種を持っております。



【オススメポイント】
・4択問題なので消去法が使えます!!
・難しい計算問題はありません!!
・下水道技術検定2種と試験範囲の重複が多いです!!
・1週間程度で公式から解答が発表されます!!
・公的資格です!!


【私の勉強法】
1.テキスト(過去問集)を全てWordにまとめる。[今回は39ページ]
2.Wordを印刷して1周読む。
3.テキスト(過去問集)を解いて、間違えた箇所のWordを蛍光ペンで塗る。テキスト1周分繰り返す。
4.Wordをもう1周読む。
5.どうしても暗記出来ない部分の語呂合わせを作成し、Wordにメモする。
6.直前にWordを読み込む。
7.試験を受けて合格!!


【使った参考書】

2019-2020年版 下水道管理技術認定試験 管路施設 攻略問題集



【勉強してみての感想】
・勉強法は、とにかく上記テキストを読んで正しい文をWordに打つ。誤った内容にされている部分を太字にする。暗記する。の繰り返しです!!過去問がそのまま出題されることも多い試験なので基本は、その戦法が有利です!!
・試験の出題比率は「維持管理(55%)」「工場排水,安全管理,法規(各15%)」と言った感じです。一見すると「維持管理」だけ頑張れば良さそうに思えますが、この試験は合格基準点が70〜80点と高いので、全科目一通り理解していないと合格出来ません!!そして合格基準点も変動するので、ブチ抜けで点数を取っていないと自己採点しても全然安心できません。酷いな(苦笑)。
・下水道技術検定2種と比べると「土木,機械,電気,処理場」などの問題が無いので比較的イメージし易く、また問題自体も深い所までは訊かれないので割と易しく思えました。
・とは言え、分からないものは分からないので「化学物質」「ガス」「ガスマスク」「救急措置」辺りは、語呂合わせと直前の暗記で乗り切りました(笑)。
・「維持管理」ですが、下水道技術検定2種と6割程度被っていたので、その部分については思い出す&以前のWordをコピーするだけで済みました!!ラッキー!!


【試験を受けてみての感想】
・最寄りの東京会場に朝9時と言う時間設定が田舎民を殺しに来ます。始発でも間に合わない。朝早過ぎ(笑)。
・教室発表が試験時間の15分前と言う、どうかしている段取りで直前見返しがしづらかったです。なにこれ(苦笑)。
・受験生は40人×15教室=600人程度で、意外と多かったです。男女比は9:1程度に思えました。
・試験は4択50問で2時間半です。55分で解き終わり、見直し入れても1時間15分で解き終わりました。時間は余裕があります。
・1時間後から退室可ですが、問題用紙は最後まで居ないと持ち帰れません。とにかく終わるまでが長かった。
・過去問解いている限り「余裕で受かるだろうな」と思っていたのですが、実際は確実に分かったのが36問、2つまで絞れたのが5問、全く分からなかったのが9問とドキドキでした(笑)。確実に合格するには10問しか間違えられないと言うのは意外にシビアです(笑)。
・上記36問は過去問で解いた内容でした。4択で1つだけ誤(or正)を見つける問題が殆どなので、他の選択肢が分からなくても解ける問題は多いです!!
・全然分からない問題が9問も出たことに震えました。過去8年分網羅しててもこれって言うのは怖いですね(苦笑)。
・「正答は試験終了後速やかにホームページに掲載します」なんて堂々と注意書きに書いてあるので、試験終了から30分くらいで発表されるのかと思いきや、1週間レベルで全然発表されません(笑)。民間の資格サイトの発表の方が明らかに早いです(笑)。マジでなんなの(笑)。


総評:こうなると「3種」にも挑戦してみたくなってくる。いや〜それは難しいか。

 


2020.06.05 Friday

スポンサーサイト


22:04 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top