本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ティファールの圧力鍋「クリプソ ミニット イージー ルビーレッド」使って感想を言う!!【2.調理編】 | TOP | 【Omiai,ゼクシィ】アラサー男性が初めてマッチングアプリを使って分かった25のこと【リアル感想・使い方等々】 >>

2018.07.08 Sunday

No.19-1『1級土木施工管理技士(学科試験編)』合格後の感想と参考書紹介!!

友達無し彼女無しのアラサー男性こと私が、現実を直視しない為に資格の取得にいそしむカテゴリです!!

今回挑んだ資格はコチラ!!
全国建設研修センター「1級土木施工管理技術検定試験」!!!!
iPhoneImage.png

ありがとうございます!!
さて【1級土木施工管理技士】が、どんな資格かと言いますと。「道路・河川・上下水道などの土木工事において施工計画の作成、現場の工程管理・品質管理・安全管理などを適切に行う技術がありますよ」と言う証明になるような資格です!!(たぶん)。なので、土木工事の現場監督以上の立場になるような人が取る資格になります!!(たぶん)。
次に【1級土木施工管理技士】の資格で何が出来るようになるの?と言う話ですが。建設業法第26条には「建設業者は工事現場に技術者(監理技術者or主任技術者)を置かなければならない。[要約]」と言うものがあります。1級土木の資格を持っていると『監理技術者』と『主任技術者』の両方になることが出来ます!!(たぶん)。そういうメリットがあります!!ちなみに、2級の場合は『主任技術者』のみなることが出来ます。監理技術者と主任技術者の違いは、"請負金額が4000万円以上か否か"とか、そんな感じだったと思います。詳しくは知りません。自分で調べる癖をつけて下さい♪

この【1級土木施工管理技士】と言う資格は、7月に行われるマークシート方式の「学科試験」と、10月に行われる記入方式の「実地試験」に分かれております。何を隠そうこのブログを書いている時点で、私、"学科試験しか受かっていません!!”なので、まだ実質受かってません(笑)。「いや、それなら受かってから書けよ!!」と思うじゃないですか?忘れてしまうよ3ヶ月前の試験のことなんて。まして1年で受かる確証も無いですからね。と言う訳で、この段階で学科試験のことを書き残しておきたいと思います!!まぁ土木施工管理技士には『「学科試験」のみ合格で「実地試験」が落ちた場合は、翌年のみ「学科試験が免除」される』と言う制度がありますので、どうにか2年以内に受かりたいと思っています(汗)。是が非でも(汗)。もう勉強したくないし(泣)。


↓↓以下《学科試験》に関して↓↓

【資格名】全国建設研修センター「1級土木施工管理技士」
【試験日】H30年7月
【試験形式】マークシート4択、65問。
【出題範囲】1.土木一般、2.専門土木、3.法規、4.共通工学、5.施工管理

【合格ライン】60%以上で合格。
【試験結果】自己採点は85%(点数非公開)
【合格率】56.5%(学科)
【難易度】難しい。2級に比べてべらぼうに難しい。参考書に載ってない問題多過ぎ。
【勉強時間】社会人の2ヶ月半。(足りない)
【勉強前知識】2級土木の残り香。工事経験は、ふんわり。



【オススメポイント】
・なんと言っても国家資格です!!
・土木工事で配置が必要な"監理技術者(主任技術者)"になれます!!
・マークシート形式なので消去法が使えます!!
・多数ある問題から分かる問題を選んで回答が出来る部分があります!!
・6割以上で合格です!!
・試験が午前午後に分かれているので直前暗記を2分割出来ます!!
・学科試験と実地試験の間が3ヶ月あります!!
・学科試験のみ合格の場合、翌年は学科試験免除になります!!

【私の勉強法】
1.試験に申し込む。
2.参考書を読み、2級の時にまとめたWordに追記する。
3.参考書が終わったら、Wordを印刷し暗記する[141ページ]。
4.過去問集を解き、分からない部分をWordに追記,強調する。
5.Wordを再度印刷し暗記する。
6.学科試験に臨み、無事合格!!


【使った参考書など】

2018年版 1級土木施工 学科試験 徹底図解テキスト&問題集
土木施工管理技術検定試験研究会
ナツメ社
 

 

詳解 1級土木施工管理技術検定過去5年問題集 ’18年版
コンデックス情報研究所
成美堂出版
 

 


2020.06.05 Friday

スポンサーサイト


17:51 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top