本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< No.18『建設業経理事務士試験3級』合格後の感想と参考書紹介!! | TOP | No.16-2『2級土木施工管理技士(実地試験編)』合格後の感想と参考書紹介!! >>

2018.03.18 Sunday

No.16-1『2級土木施工管理技士(学科試験編)』合格後の感想と参考書紹介!!

友達無し彼女無しのアラサー男性こと私が、現実を直視しない為に資格の取得にいそしむカテゴリです!!

今回挑んだ資格はコチラ!!
全国建設研修センター「2級土木施工管理技術検定試験」!!!!
iPhoneImage.png

ありがとうございます!!2年越しの合格でございます!!あ〜良かった(汗)。
さて【2級土木施工管理技士】が、どんな資格かと言いますと。「道路・河川・上下水道などの土木工事において施工計画の作成、現場の工程管理・品質管理・安全管理などを適切に行う技術がありますよ」と言う証明になるような資格です!!(たぶん)。なので、土木工事の現場監督以上の立場になるような人が取る資格になります!!(たぶん)。
次に【2級土木施工管理技士】の資格で何が出来るようになるの?と言う話ですが。建設業法第26条には「建設業者は工事現場に技術者(監理技術者or主任技術者)を置かなければならない。[要約]」と言うものがあります。2級土木の資格を持っていると、そのうちの『主任技術者』になることが出来ます!!そういうメリットがあります!!ちなみに、1級を持っていると『監理技術者』になれます。主任技術者と監理技術者の違いは、"請負金額が4000万円以上か否か"とか、そんな感じだったと思います。詳しくは知らない。自分で調べる癖をつけて下さい♪

で「"2年越しの合格"って何よ!?」と言う話ですが!!この【2級土木施工管理技士】と言う資格は、午前中に行われるマークシート方式の「学科試験」と、午後に行われる記入方式の「実地試験」に分かれております。そして「学科試験」が合格で「実地試験」が落ちた場合は、翌年のみ「学科試験が免除」されます!!このパターンに去年なったのです!!と言うか、面倒くさくなって午後の「実地試験」受けないので帰ったのです(苦笑)。だって全くのノー勉ノー対策だったし、しかも前日24時までライブ観ててクタクタだったし、そりゃ帰るよね(苦笑)。で、幸運なことに学科が通っていたので、それならば今年は、もう少し頑張ってみようじゃないか!!と、必死に「実地試験」のみ勉強して無事に受かりました♪いやはや、実地がとにかく無理だった。詳しくは【実地試験編】に書きますが、私は碌に工事をやっていないので、経験記述が書けなくて書けなくて。あと自分で文章を書いて答える形式も、マークシートと違って難しかったな〜。あ〜ストレス溜まる期間だった(笑)。


↓↓以下《学科試験》に関して↓↓

【資格名】全国建設研修センター「2級土木施工管理技士」
【試験日】H28年10月
【試験形式】マークシート5択、40問。
【出題範囲】1.土木一般、2.専門土木、3.法規、4.共通工学、5.施工管理

【合格ライン】6割以上で合格。
【試験結果】自己採点は7割強。(点数非公開)
【合格率】48.3%(学科)
【難易度】学科に関しては普通です。問題を選べるので経験した工種が多いほど有利になります。
【勉強時間】0時間。ただし下水道技術検定に向けて勉強した内容がとても被っていた。
【勉強前知識】道路やら下水やらの簡単な工事を一時期ふんわりやっていた。ふんわり。



【オススメポイント】
・なんと言っても国家資格です!!
・土木工事で配置が必要な"主任技術者"になれます!!
・学科試験は年に2回受験出来ます!!(今年から変わった!!)
・マークシート形式なので消去法が使えます!!
・多数ある問題から分かる問題を選んで回答が出来ます!!
・6割以上で合格です!!ボーダーとしては甘めです!!
・学科試験のみ合格の場合、翌年は学科試験免除になります!!

【私の勉強法】
1.試験に申し込む。
2.下水道技術検定の勉強をする。
3.学科試験のみ受験して帰る。
4.学科試験合格!!
〜1年経過〜
5.実地試験の勉強をする。
6.学科試験免除で実地試験のみ受験する。
7.見事合格!!

【使った参考書など】

詳解 2級土木施工管理技術検定過去5年問題集〈’18年版〉
コンデックス情報研究所
成美堂出版
 

2020.02.22 Saturday

スポンサーサイト


19:05 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top