本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 国立国会図書館に初めて行って恥かいて来たので注意点10個&感想を言う!! | TOP | 茨城県筑西市のチョコレートアウトレット『正栄デリシィ』に一人で行ってみて感想を言う!! >>

2018.09.30 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2017.12.11 Monday

つしまみれ『つしまげる』全曲感想!!(2017年)


今回ご紹介するのはコチラ!!

つしまげる『つしまげる』!!!!!!
つしまげる

コチラの作品は、つしまみれまり(Gt,Vo)やよい(Ba)に加えてみずえ(Dr)が抜けた後にサポートで入っていたドラマー"しげる"(ex.嘘つきバービー)で結成されたバンド「つしまげる」の1stアルバムです!!

新メンバーまいこ(Dr)を迎えた新生つしまみれの1枚目のアルバム『NEW』と同時発売をした作品でもありまして、アーティスト写真やジャケットも対になって展開しております♪
NEW つしまげる

で、こちらのアルバムなんですが「しげる」「ゲゲゲのゲルシー」「かわいいしげる」「つしまげる」と言う曲名を見て分かる通り"しげる"三昧な内容になっております(笑)。全てにおいて"しげる"をフィーチャーしているので、もはや"誰に向けて""何の為に"作られたのか謎な作品になり果てています(笑)。が、つしまみれ節が炸裂し過ぎており私のツボにはドストライクでした(笑)。

そんな訳で、おそらく企画盤的な扱いになる今作。長期的なスパンで見てもベクトルが謎過ぎて、つしまみれファンの"一部"しか手にしないどころか、存在すら知られない作品になってしまう可能性が高いです!!この無駄に素晴らしいクオリティが日の目を浴びないのは正直勿体無い!!

「ホント誰がこのCD買うんだろうな(笑)。」と思いつつ、私個人としては大好きな作品なので、全曲感想を書いていきたいと思います!!ご購入の参考になれば幸いです!!

ちなみに新曲4曲と、ライブ音源3曲の、計7曲収録です!!
 


#1.しげる
1曲目にふさわしいアップテンポで力尽くの"しげる"ソング!!曲の開始と同時にひっぱたく様なリズムのドラムと、ゴリゴリのベースフレーズが延々繰り替えされ、スタートから既にトップギアです(笑)。シンプルなギターのキュルキュルフレーズも乗っかり、繰り返し続けたままAメロの歌い出し!!「ゼロコーラとウォッカ♪カルボナーラ焼きそば♪ジャンボチキンカツ♪食用クリオネ♪」おそらく"しげる"の好物を歌っているのでしょうけど、最後だけ気になる(笑)。繰り返しAメロから落ちる様なフレーズに変化減速してBメロ「ロープライス...ロークオリティ...ハイリスク...スーパーマーケット!!」ん?何のことを言っているんでしょう?速攻でゴリテンション繰り返しのAメロに戻ります!!「ゼロコーラとウォッカ♪布団の上乾杯♪毒フグ出しちゃったって♪スーパー玉出!!」え!?!?"しげる"の歌だと思ってたら!!"スーパー玉出"のこと歌ってる!!なぜ!?!?なぜ"しげる"と言う題名なのに大阪のディスカウントショップ"スーパー玉出"のことを!?!?しげるとの関係性は一体!?てか食用クリオネ!?!?そんな謎で頭が混乱している間に2度目の減速落ちるBメロです。ここではボーカルが喋ります!!「阪急電車に乗り遅れ高速をぶっ飛ばし空港を目指したが5分前に乗り遅れ梅田から新幹線で福岡を目指し高速バスを乗り継いだしげるは、佐世保の結婚式に急いで行っちゃいました♪」えー!?!?語り長い!!長い割に内容無いし!!分りにくい(笑)。しげるが結婚式に行ったから何!?!?せっかく"しげる"登場したのに情報皆無!!ここから例の繰り返しフレーズに戻りご機嫌に「ニシナリ♪ニシナリ♪ニシナリ♪ニシナリ♪」を連呼!!えっ!?ニシナリって何!?!?と思ったのも束の間、今度は哀愁漂う焦らしフレーズに変化して悲しそうな声で「ニシナリで...ニシナリで...ニシナリで...」はい、、ニシナリで何が起きたの。「......3P失敗(^ ^)♪」何でここまで溜めて"3P失敗"なんだよ(笑)。"しげる"のまともな情報が全然来ないよ(笑)。その後もご機嫌な繰り返しフレーズに、ご機嫌な「ニシナリ♪」も乗っかって、更に「しげるは佐世保に行っちゃった♪しげるは佐世保に行っちゃった♪」が乗っかってスーパーハッピーテンションのまま突っ走って曲が終わります。すごい(笑)。勢いがヤバい(笑)。てか、よくこの同じフレーズの繰り返しばっかでここまでテンション上がる曲に出来たな(笑)。素晴らしい(笑)。

#2.ゲゲゲのゲルシー
ミディアムテンポでお送りする半インスト曲。バスドラの4つ打ちに合わせて歌われるボーカルは殆んど「ゲ」ばかり。「ゲ。ゲ。ゲ。ゲ。ゲ。ゲ。」歌詞カードにもご丁寧に「ゲゲ ゲゲ ゲゲ ゲゲ」と書かれています。要る?(笑)。そしてたま〜に聴き間違いの様な歌い方で「ゲ ゲ ゲ ゲ shi ゲru ゲru ゲru」と"しげる"が織り込まれてきます。まさにサブリミナルです。なぜ(笑)。この曲で特徴的なのは、何より"泡"みたいなエフェクト掛けてるベース。普通にシンセベースかもしれませんが、独特の存在感です。4つ打ちのシンプルなドラムに、ペラペラのギター、泡の様なベース音。と、ギロ。で構成される空間は、まさに"スカスカで間抜けな闇"です。ここへ等間隔に「ゲ」を並べたら、そりゃ"ゲゲゲのゲルシー"になりますね。なりませんかね。鬼太郎要素は皆無ですが、鬼太郎より厄介な曲だと思います(笑)。好き。

#3.かわいいしげる
不気味ハイテンションな8+5=13拍子の名曲!!このアルバムの中で一番おかしく愛おしい曲です(笑)。ボーカルまりの13カウントから始まるのですが、そこまで丁寧に教えて頂いても、全く違和感がぬぐえないリズム構成。素敵です。ミディアムテンポで大人しく演奏されるAメロ。「か、わ、い、い、し、げ、る、は!じゅ、う、さ、ん、さい♪か、わ、い、い、し、げ、る、は!じゅ、う、さ、ん、さい♪」明らかに三十超えてそうな男盛りドラマー"しげる"の13歳時期を13拍子で褒めると言う謎(笑)。そうこう思っている暇無く続くBメロでは、急に演奏が激しくなり。「じゅ!う!さ!ん!さい!!じゅ!う!さ!ん!さい!!じゅ!う!さ!ん!さい!!じゅ!う!さ!ん!さい!!」もう分かった、もう分かった、何にも分からないけど、もう分かったと言いたくなる程に5拍子で"しげる"を褒め称える。演奏もボーカルもテンション爆上げです!!しかし間奏Aメロに戻ると大人しい。何だよこの緩急(笑)。この謎が2周続いた後に訪れるCメロ。なんともおどろおどろしげな演奏の中で歌われる歌詞「か〜わいいしげる好き好きチュ♪こっちに来なさい好き好きチュ♪いいから来なさい好き好きチュ♪」急にストーカーソングっぽい(笑)。こんなに愛でてたのに身内じゃ無かったのかよ感(笑)。怖いわ(笑)。そして最後にまたハイテンションなBメロ「じゅ!う!さ!ん!さい!!じゅ!う!さ!ん!さい!!」に繋がり、風の様に駆け抜けて終わります。凄い(笑)。と言うことで、Bメロかと思っていたハイテンション部分は実はサビであり、Bメロなんて無かったのです。A,サビ,A,サビ,B,サビで終了です(笑)。しかも全部13拍子か、5拍子。で、2分21秒。潔過ぎだろ(笑)。超名曲!!

#4.つしまげる
バンド名アルバム名を冠ざす驚異の4つ打ちダンスソング!!ループする毎に楽器が増えて行く系の曲ですが、色々とその辺にある曲とは異なります(笑)。曲は手拍子のみから始まり、次のループでベースが、次のループでボーカルが加わります。まぁまだ許容範囲ですが、ここで歌詞に注目!!「しげるは四つ打ち大嫌い〜♪だけどしげると踊りたいの♪」四つ打ちの曲なのに、四つ打ちが嫌いと宣言してる(笑)。いやまぁ気持ちは分かるけど、普通歌詞に入れないだろう(笑)。その後も「しげる!!ドンドンして!!しげる!!ドンドンしてよ!!」と言う歌詞が続くんですが、一向にドラムが入って来ません(笑)。ずーっとループが続くのに全然バスドラドンドンが来ません(笑)。おかしいだろ(笑)。普通コレ系の曲ってバスドラあってのものなのに(笑)。なんとこの後もしばらく現れず、3分50秒の曲なのに1分半も"しげる"のドラムは登場しません(笑)。曲の1/3は、"しげる"の呼び出しで過ぎてしまうのです(笑)。無いよそんな曲(笑)。そしてやっと登場した"しげる"のドラム。チャキチャキギターも加わり徐々に演奏も盛り上がってきます。しかし引き続き歌詞は「渋々叩くバスドラム♪そんなしげるで踊りたいの♪」まだ嫌なのかよ(笑)。ここまでで2分20秒も経ってしまいました。しかし「あとはしげるに任せた〜いの♪」の歌詞を皮切りに爆発的ノリノリソングに急変します!!「つしまげる♪つしまげる♪たまにやる♪つしまげる♪しげるいる♪つしまげる♪」と怒涛のノリノリ!!なのに歌詞に全然意味が無い!!せっかくノリノリなのに(笑)。そしてそのままのテンションでグングングングン進んで行き、気が付けば終わっています(笑)。2分20秒溜めてから一気に爆発してそのまま終わるなんて、そんな一方通行過ぎる4つ打ち曲無いだろ(笑)。しかも"しげる"を呼び出して"つしまげる"を連呼しているだけて(笑)。その割に脳にフレーズがこびり付いて取れません!!つまり秀逸ってことでしょう(笑)。


#5.しげる〜つしまげるの「しげる」筆おろし LIVE ver〜
1曲目「しげる」のライブ音源です!!ライン録音(?)と言うよりマイク1本で録った様な音なので、音質はそこまで良くないですが、ライブの臨場感はビンビン伝わります!!いやードラムとベースのひっぱたく様なフレーズが実に格好良い!!テンポも速い!!やっぱりつしまみれはライブだね!!このツアーも行ければ良かったな〜。あとですね!歌詞カードには掲載されていませんが、1番Aメロでもっと"スーパー玉出"を推していたり、2番Bメロで"しげる"が急いで佐世保に向かった理由が"妹の結婚式"だと判明したり、筆おろし版と言うことで結構歌詞が違います!!そして何よりCメロの台詞「ニシナリで...ニシナリで..."みずえ"と"まり"と"しげる"同じ部屋に泊まったけど....3P失敗!!」がキチンと歌われています(笑)。そこの3人での3P失敗だったのかよ(笑)。ウケる(笑)。てか、格好良い。

#6.嘘そうそう〜つしまげるによるつしまみれカバー LIVE ver〜
アルバム『つしまみれ』収録曲のライブ音源です!!確かにこの曲も面白いけど代表曲でも無いし、何でこれが採用されたんだろう?Aメロにドラムの見せ所が多いからかな?普通に格好良いです!!

#7.脳みそショートケーキ〜しげるが好きだよつしまみれカバーLIVE ver〜
アルバム『脳みそショートケーキ』収録の代表曲のライブ音源です!!しげるのスネアロールに載せて、まりがしげるを客を煽る所から収録されています!!2分20秒くらい煽っているので普通にミニアルバムとして曲を聴きたい場合は多少ダレますが、ここの煽りがライブだとめっちゃテンション上がるんですよね〜(笑)。歌い始まってからも結構演奏クチャクチャで、歌って無かったり「客席で観たい!!」「マイクを持ってください!!」等々、もう色々と酷いですがライブをそのままパッケージしてる感があって良いんじゃないでしょうか(笑)。終わり方も酷いな(笑)。でも、ライブ行きたくなるな〜。こう言う剥き出しの感じでずっとぶつかって来てくれる所が彼女らの大きな魅力の一つでもあるんですよね〜。ロックですよね〜。


総評:やりたい放題だな(笑)。

つしまげる  

※追記※
ご本人様達に読んで頂けました♪しかも褒めて下さっている!!嬉しい(^ ^)v

iPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.png

【つしまみれ感想ページリンク】
つしまげる/脳みそショートケーキ/あっ、海だ。/Six Mix Girls/ストロボ/Sex on the Beach/献血ソング/GIVING BLOOD/JAGUAR/LIVE DVD/BLOD MOVIE/NO PUNK/

 

2018.09.30 Sunday

スポンサーサイト


22:24 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top