本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 一人用揚げ物装置「TWINBIRD コンパクトフライヤー」で揚げ物作って、食べて、感想!! | TOP | BiS「Re:STUPiD」全曲感想!!(2017年) >>

2017.03.26 Sunday

つしまみれ「脳みそショートケーキ」全曲感想!!(2007年)


今回ご紹介する作品はコチラ!!
つしまみれで『脳みそショートケーキ』!!!!!

脳みそショートケーキ

コチラの作品は私の大好きなガールズ3ピースバンド「つしまみれ」の2ndアルバムにして大出世作でございます!!デビュー盤である前作「創造妊娠」も素晴らしかった訳ですが、良くも悪くもどこか奇妙で少しアングラな雰囲気が漂う世界観で、取っ付きにくい部分が正直ありました。それを今作では、大事な軸は変えぬまま、ポップな面白さに進化させ、尚且つガール度と可愛らしさにも舵を取った為、もう聴いた瞬間に「こんなヘンテコな音楽!!好きになるしかねぇ!!!」と誰もが思う作品になりました!!とにかく完成度が半端ない!!それを裏付けるかの如く、このアルバムから彼女たちはメディアに出始め、若者達に周知されて行きました。私が出会ったのもこのアルバムからで、以来現在に至るまで彼女たちの大ファンです!!現在に続く「つしまみれ」のイメージが今作で確立されたと言っても過言では無いでしょう。たぶん一番認知されているアルバムでもありますね。それだけ素晴らしい作品なのです!!

 

さて、アルバム全体の話をしますと。この作品はつしまみれの数あるアルバムの中でも抜群に聴き易いです!!なんと言うか「ロックでヘンテコ」を「ポップでキャッチ―」が包み込んでいる様な曲が多いんですよね!!全体的に人懐っこくて優しいんです。他のアルバムは「ロック重視」だったり「ヘンテコ炸裂」だったりして万人受けしない印象があるんですが、その辺が良い具合に柔らかいので誰でも楽しく聴けてしまう訳です。まぁ、言ってしまえば『脳みそショートケーキ』なんてアルバム名がまさに良い例ですよね(笑)。なんで、そんなエグい単語がポップに見えてしまうのか(笑)。そんなアルバムです(笑)。

以降、代表曲として歌われ続ける「脳みそショートケーキ」「良いテンポです。」を含む全7曲収録。まぁー、変な曲・優しい曲・面白い曲、つしまみれの魅力が分かり易く詰まっている初期の名盤『脳みそショートケーキ』!!

それでは全曲感想に移ります!!!


#1.エアコンのリモコン
つしまみれきっての爽やかでスマートな名曲。タイトルから想像つかないですが「別れるべきタイミングが迫る」恋愛の曲です。曲の始まりは3人のアカペラ「エアーコントロール♪リモートコントロール♪エアーコントロール♪リモートコントロール♪」が繰り返されます。正確に言うと3人のアカペラと"エアコンのリモコンを押している音"が繰り返されます。「ピピッピッピッピ♪ピピッピッピピ♪」とか(笑)。この音を楽器として使うアーティストなんて他に居るでしょうか(笑)。曲が始まると、おふざけ無しの爽やかで伸びやかな演奏が繰り広げられます。ミディアムテンポの演奏なのですが、ドラムとベースは手数が多く演奏されるのに、ギターは要所要所のみ、ボーカルはとにかく誠実で伸びやかに歌う。この違和感と爽快感。Aメロ終わりに入る短い間奏では、若干怪しい雰囲気に演奏変わり、ギターの渦巻く暗いエフェクトが光ります。語り掛ける様に放たれる「さわらないで...おわりにしよう...さよなら...」と言う言葉から、どうした?どうした?と思う間もなく続くBメロ。ジャッギジャギのギターロック音に急転し「さよならエアーコントローラー!!さよならエアーコントローラー!!」と、殺伐と切り出され。次の瞬間には冒頭アカペラの伸びやかな「エアーコントロール♪リモートコントロール♪」のサビに移り、「さよなら」を告げる!!急展開の連続がこの上なく気持ち良い!!そして男女の別れるべきなのにズルズルしてしまう独特の状況を見事に表しているこの物語性よ!!この曲の何が良いって、サビが暗いんじゃなくて、サビが明るいんだよ!!サビが「明るい別れ」と言うか、「明るく捨てる」なんだよ。素晴らしいよね。だけど続く2番Aメロでは、また別れるか迷う状況に戻ってしまうんです。「でも、沢山楽しい思い出もあるんだよな〜。」と言う、繋ぎの平穏が悲しいほど爽やかに演奏されます。ああ歯痒いけど分かる。2番終わりから「取り返しの付かないスイッチを押してしまったね。本当にさようなら。」と言うCメロに移るんですが、ここが感情高ぶりのボーカルに合わせ、とにかく変なタイミングのキメ演奏を連発するんです。なんでこんな不思議なタイミングなんだ?と疑問に思っていましたが「エアコンのリモコンの品番」を元にして出来たキメなんだそうです。着眼点ヤバ過ぎだろ(笑)。あ〜、この一筋縄には行かない感じが最高だわ。

#2.バカ元カレー
ヘドバン炸裂のヘビーミディアムテンポのバリバリロック曲!!Aメロはギターベースドラムでギャンギャン跳ねる様なロックを演奏します!!そして吐き捨てる様なボーカルに、ストップ&ゴー炸裂のキメの乱れ打ち!!息ピッタリで攻め攻めです!!続くBメロでは上昇を繰り返すロックなリフを軸にしたガッシリカオスな演奏の中、ボーカルの独特なイントネーション早口語り「大体いつもと同じようにだいだい色の夕焼けを見ながらあなたと二人自転車に乗って走った日々を思いだしたって昔話ばかり綺麗すぎて虚しくなるだけなのにねぇ」飄々としていて個性が光ります。そんな刺々しく激しい演奏が2番でも繰り返され、同様の早口語りが終わった後、このままロックなサビにガチンと繋がるのかと思いきや、、、雰囲気がガラリと変わりまさかの爽やかロックに(笑)。シンプルな8ビートに載せて「じゃあねバカ元カレ〜♪じゃあねバカ元加齢ノンストップだけど〜♪あなたの加齢臭〜受けと〜める度量は無いの〜♪♪」なんだよコレ(笑)。あまりの急変貌に脳が付いていけません(笑)。そしてこれ以降、最初からそう言う曲であったが如くハッピーな突っ走り爽やかロックが続きます(笑)。前半と後半で雰囲気変わり過ぎ(笑)。エグい(笑)。曲の終盤、最後にもう一度だけカオス上昇ロックBメロが入るのですが、演奏は前半のヘビーな内容のままなのに早口語りは「だから笑顔で分かれましょう もうあなたを振り返ることもないでしょう あたしはあなたを踏み台にして生きていくね!さよならバイバイ!さよならバイバイ!!」と、爽やかにバッサリ切り捨てます(笑)。このズレ!!この違和感が最高に心地良い!!もうね、曲の構成がヤバいだけに飽き足らず「あなたを踏み台にして生きていく」で締めるこの歌詞よ!!最高過ぎる!!よくもこんなに個性のぶつかり合いの様な曲と歌詞を見事に融合させることが出来たね(笑)。ホント名曲!!大好きです(笑)。

#3.脳みそショートケーキ
今アルバムのリードトラックであり、つしまみれの代表曲!!早口ボーカルのいびつさと、可愛らしい歌詞の異様さ、そしてしっかりかつ激しい演奏が相まって、もうこれぞ"つしまみれ"って感じです!!こんなに変な曲なのに凄いキャッチ―でポップな印象が耳にへばり付くっていったいどうなってんだ(笑)。大好きです♪曲の始まりは、みずえのスネアロールのみ、ここで徐々にテンションを高めていき、3人のロックな演奏に切り替わった瞬間にテンション爆発!!ギターとベースが同じフレーズを演奏するイントロからもう溜まりません!!ここでロックに暴れまくり、Aメロで歌い始め。ガラッと印象変えてドラムに乗っかったベースがメインメロディ―を演奏します。ギターは無し。そこにボーカルがメロディほぼ無しで早口で歌いまくります!!なにこれ(笑)。ドラムとベースだけの渋い演奏の中、早口で「脳みそショートケーキ召し上がれあなたのお口の周りあたし脳足りんクリームくりんつるんと飲み込んだなら可愛くキッス♪」なんて歌うこのシュールさ(笑)。それをBメロ分までたっぷり歌った後に今度は一気にサビです!!イントロと同じフレーズをギターで弾きながら叫ぶ様に歌うボーカル「脳みそショートケーキ!!傷口に消毒液!!聞き上手聖徳太子!!履かないよショートパンツ!!!!」意味不明ですが、力強過ぎて説得力が半端ないです(笑)。いやはや素晴らしい。この曲は、ドラム・ベース・早口ボーカルの異様なAメロと、ギターが加わって叫びまくるロックなサビの対比が面白いから、名曲なんだと思う。凄い聴いてて気持ち良いし。大好きな曲です♪気に入った方には自主製作シングル『JAGUAR』に入っているスタジオライブverも聴いてみて欲しいです。テンポとスピード感が爆上がりで、最高としか言えませんから(笑)。

#4.良いテンポです。
4つ打ち裏打ちミディアムテンポでお送りするコミカルエクササイズな初期代表曲。この曲も大好きです。ドラムのバスドラ4つ打ち&ハイハット裏打ちと、繰り返されるコミカルなギターフレーズ、それに加えてボーカル「エクササイズ1 まずは2人で 足踏みしてる ここから先へ〜♪」これで、明るくポップなAメロが完成します。が、ベースが裏で渋いメロディを弾いていて、何か怪しさも若干残る。続くBメロは、ドラムが4つ打ちでは無くなり、周りの様子を恐る恐る確認するような演奏に。「ワンツー...スリーイェー...」。演奏全体が怪しさを保ったまま徐々に盛り上がっていきます。ボーカル「行けるなら...行きましょう...だって今.........."良いテンポです"!!!!!!」で、爆裂激しい演奏に変わります(笑)。「良いテンポで――――――す!!」「良いテンポでーーーーーーーーす!!!!」暴れまくり(笑)。なんで(笑)。なんなの(笑)。そしてここまで激しくやった後に、直ぐにコミカルなAメロに戻る可笑しさ(笑)。振り幅ヤバいだろ(笑)。この曲は、2番サビが「いいーーーーー!!!!すごいいいいいいいいい!!!!」だったり、ライブでは「良いチ○ポです!!!!」に変わってたりと、多少エロスを匂わせるのも特徴。この辺が3ピースガールズバンドと言えどライブハウス出身な感じがして好感が持てる(笑)。いやはやAメロだけ聴いてたら、全体でこんな変な曲だと想像できない作りがただただ素晴らしい。

#5.キューティービューティーキューピー
彼氏が悪気なく「キューピー体型だね」と言ってきて嫌だ。と言う内容を明るい曲調で歌った曲(笑)。ミディアムテンポですが、ドラムの演奏が細かく尚且つ跳ねる様なキメが多いので、実際よりスピード感があるように感じます。この曲はそのまま演ればシンプルなロックなのに、敢えてバンド感を増したアレンジにしてるので、凄いテクニカルに聴こえる。でもそれと同時に、シンプルにも聴こえるし、キャッチ―にも聴こえるのが面白い。なんかそれでも"つしまみれ"にしたら結構王道な曲なので、好きなんだけどこれ説明が難しいな(笑)。でも、こう言う"幸せの絶頂って訳でもないカップル"の曲を作らせたら、彼女達はピカイチだと思う(笑)。何気に前向きだしね(笑)。可愛らしい悩みでこのアルバムの雰囲気にはとっても合っている。

#6.ママのうた
アルバム唯一のスローテンポで優しい曲。シンプルにじっくり歌われる子供目線のお母さん大好き曲。なんと言うか愛に満ち溢れてて凄く良い。こう言う曲を真正面から出来てしまうのも"つしまみれの魅力"の一つでしょう。たぶん母親の老いを感じたり、母親が亡くなった後とかに聴くとヤバいと思う。感謝の曲だ。壮大な感じのサビがまた泣ける。良い曲。

#7.パンクさん
クソ突っ走りブッチギリソング!!4カウントで始まったと思いきや、一気に4ビートでカッ飛ばして、気付いたら終わってる曲(笑)。1分20秒しかないから(笑)。シンプルな王道パンクの中にも、あえて可愛らしく歌うボーカルや「パン パン パパパン パパパパンク オイオイ!!」の掛け声など遊び心満載で超楽しい。これ、ライブだと更に早いし、イントロも無いから、気付いたら半分くらい終わってるんだけど、まぁ〜楽しい。まぁ〜テンション上がる。まぁ〜大好き(笑)。


総評:今聴いても当時の私が「これは応援するべきバンドだ!!」と思ってCD屋さんに向かったのがよく分かる。

脳みそショートケーキ
脳みそショートケーキ


※追記※
まりさん(Vo,Gt)に読んで頂けました!!嬉しい(^_^)♪
iPhoneImage.png

【つしまみれ感想ページリンク】
脳みそショートケーキ/あっ、海だ。/Six Mix Girls/ストロボ/Sex on the Beach/献血ソング/GIVING BLOOD/JAGUAR/LIVE DVD/BLOD MOVIE/NO PUNK/

2017.09.30 Saturday

スポンサーサイト


13:19 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top