本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< No.8『下水道技術検定試験 第2種』合格後の感想と参考書紹介!! | TOP | 核P-MODEL LIVEDVD『パラレルコザック』全曲感想!!(2015年) >>

2016.12.29 Thursday

ハルメンズX「ハルメンズXの予言 OUTTUNE」全曲感想!!(2016年)

今回ご紹介する作品はコチラ!!
 
ハルメンズXで「ハルメンズXの予言 OUTTUNE」!!!!
iPhoneImage.png
1980年初頭に2,3年だけ活動し解散してしまった伝説的ニューウェイヴバンド「ハルメンズ」。そのオリジナルメンバーである"サエキけんぞう"と"Boogie the マッハモータース"が2010年に「新たなハルメンズ」を提示するプロジェクトを開始しました。ライブに新曲制作・過去曲リメイク、そして自主製作盤の作成、更にはメンバー増員に新ユニット結成など精力的な活動を続けてきた彼等。そして遂に2016年9月「ハルメンズX」とアーティスト名を新たにし、6年の軌跡を集約したアルバム『35世紀』を発売した訳です!!

そのアウトテイクがコチラの作品になります!!
そんな訳で、収録曲のアーティストも『35世紀』同様、(全てにサエキさんは絡んでいるものの)数組に分かれておりコンピレーション的な内容にもなっております。また、アウトテイク集と言っても、仮音源等の出来やら音質やらの悪い内容では無いのでご安心を。

後で詳しく書きますが、収録内容は全6曲。新曲スタジオ音源が2曲、リメイクスタジオ音源が2曲、既発表曲ライブ音源が2曲と言う内訳です!!自主製作盤なので、ジャケット1枚とCDしか入ってませんがコレで1000円はお買い得です!!満足度高し!!


それでは全曲感想に移ります!!
 


#1.あたしヴァージン(ジョリッツ feat 亀)
ハルメンズ時代の未発表曲。2010年に発売された『ハルメンズの20世紀+8』のボーナス音源で"リズムトラックだけ"収録されており「何だこれ??」と思っていたものが、6年経ってやっと曲として楽しめます(笑)。ミディアムテンポでずっしりとした8ビートに載せて歌われる男女ツインボーカル曲。Aメロがいきなり「わたし処女なの...わたし処女なの...」の繰り返し、しかもテンション低いし、呟くような歌い方。コンポで聴きづらいな(笑)。Bメロ以降少し明るく軽くなりますが、全体的に重くアガり切らないテンションなのがまた良い。サビの「あなた次第でフィルムが震える!!」ってキメに「おっ!!」っと思うのも束の間、次の瞬間には、また重々しく「わたし処女なの...」に戻るこの歯痒さが溜まらない。ボーカルはサエキさんと"ぐしゃ人間"の亀さんで歌っているんですが、亀さんのか細く女性らしく若干メンヘラ風な高音ボーカルがとっても良いです。ここで歌詞も歌詞なので「サエキさんのボーカル要らないんじゃないか?」と思いがちですが、この曲は男性ボーカルがメインだから奇妙さが引き立って良いのです!!また、最初聴いた時は「なんなのこの曲!?」と言う気分になりましたが、よくよく考えると「暗い所へ」や「私ヤヨ」などと通じるものもあり、むしろかなりハルメンズっぽい曲だと思えてきます。シンプルなリズムに、シンプルな構成ですが凄いニューウェイヴを感じるので聴けば聴く程ハマると思います。あと地味に単純なシンセベースが良い。

#2.少年たち(ジョリッツ)
『ハルメンズの20世紀』収録曲のリアレンジ。ギター激押しのロックバンドアレンジに進化しておりまして原曲より凄い泣けます。かなりオススメです。曲前に、ギターメインの渋い演奏が1分強演奏されます。そしてそこから、原曲に無いロックギターフレーズのイントロに繋がり曲が始まります!!もうロックバンドバリバリで本気で格好良い!!曲の大枠は変わらないんですが、この地に足着いている感じの演奏が泣ける。それとサエキさんのボーカルもやはり年を重ねることで進化してます。泣ける。この曲は、聴く側も年を重ねる程に心に沁みますね。本編は3分ほどしかないので聴きしれていると、あっという間に終わってしまいます。超オススメ!!余談ですが、このバンドアレンジの元となったであろうトラックが『弾くテンテンコ sings ハルメンズ』に収録されているので、そちらもオススメです!!

#3.マッハ惑星(サリー・ザ・マッハモータース)
優しいミディアムテンポのテクノポップ。リズムトラックとシンセ、佐伯さんボーカルのみで演奏されます。本当にシンセの音色が優しくて「パジャマ姿で欠伸してる女の子がベッドに向かうまでの間」みたいな雰囲気です。の割にサエキさんのボーカルが、かなり元気いっぱいで伸びやかこの上ない(笑)。ギャップが(笑)。いや"ギャップ"は有るけど"違和感"は無いわ。なんだそりゃ(笑)。と言うかこの曲調で「マッハ惑星」って(笑)。結構好き。

#4.持巣・馬奴・雅留(仁郎&けんぞう)
エフェクト掛かったギター,ベース,ボーカルのみの曲。歪んだギターをジャカジャカ引き倒し、ボーカルは英語。しかも全体的に籠っているので、なんか外国のロックバンドの休憩時間みたいなテンションです(笑)。この曲は、とってもアウトテイクっぽい。曲名は当て字なのかな?と言うかオリジナル曲なのかカバーなのかも不明。作詞作曲の情報が歌詞カードに書いてない(笑)。

#5.隕石でフレンドリクエスト ライブ2015(サエキけんぞう&BtMM feat 泉水)
2015年11月渋谷スターラウンジでのライブテイク。オリジナルは自主製作の同名シングル盤と、ハルメンズX『35世紀』に収録。私、このクリスマスライブ行ってますね!!音質も良好です!!この曲は、オリジナルドラマーの泉水さんが加わって初の音源なので印象深いです。サンプリングパッドを駆使するコミカルでサービス精神抜群な"Boogie ザ マッハモータース"のドラマーMr.Tsubakingとのツインドラムで演奏されます。そして間奏では、そのツインドラムの掛け合いが挿入されるのですが、これがまた格好良くて、尚且つ清々しくてもう最高!!まさにライブ栄抜群な曲なのです!!またサエキさんはサエキさんで、Bメロではトゲトゲゴムボールを客席に投げ入れ、サビでは各国の「いいね!」をスケッチブックで紹介したりと、ライブパフォーマンス含めてこの曲は大好きです!!

#6.電車でGO ライブ2016(サエキけんぞう&BtMM)
2016年3月渋谷スターラウンジでのライブテイク。オリジナルは、ハルメンズ『ハルメンズの近代体操』収録。このメンバーのアレンジは『21世紀さんsingsハルメンズ』に収録。このライブは金曜日だったので行けなかったのですが、ブギーのシンセ担当Sally catさんが活動休止に入る日だったんですよねー。行きたかったなー。このおニューバージョンの電車でGOもスピーディーで大好きです!!あとBメロがキメに変わってたりねー。ホント新たなハルメンズを観せてくれてありがとうって感じです♪

 
総評:アウトテイクだからって"後回し"では無く"同時購入"を推奨します!!


ハルメンズX「35世紀」
35世紀


【ハルメンズ関連感想ページリンク】
ハルメンズの近代体操+8/ハルメンズの20世紀+8/ハルメンズデラックス+11ヒストリー/21世紀さんsingsハルメンズ/初音ミクsingsハルメンズ/隕石でフレンドリクエスト/ハルメンズXの予言/弾くテンテンコsingsハルメンズ(テンテンコ)/ピンクの心+2(野宮真貴)/
 

2017.05.16 Tuesday

スポンサーサイト


17:03 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top