本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 千葉県成田市にある「オートパーラーシオヤ」へ行ってレトロ自販機(ハンバーガー等)を食べて感想を言う!! | TOP | サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース『21世紀さんsingsハルメンズ』 全曲感想!!(2010年) >>

2016.10.27 Thursday

ハルメンズ『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』全曲感想!!(1984年)

JUGEMテーマ:音楽

今回ご紹介する作品はコチラ!!

ハルメンズで『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』!!!!!

ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー
こちらの作品はバンド解散の1年半後1984年に発売されたベストアルバム『ハルメンズ・デラックス』に11曲の秘蔵音源を足したリイシュー盤になります!!

まぁ、ハルメンズと言えば、個人的にはP-MODEL・ヒカシュー・プラスチックスと同じくらいにニューウェイヴを語る上では欠かせない重要バンドだと思っている訳ですが、活動期間が短く1stアルバムの『ハルメンズの近代体操』と、2ndアルバム『ハルメンズの20世紀』の2枚しかアルバムを残しておりません。「それなのにベストアルバムってどういう事?」と長年ずっと疑問でした。「どうせレコード会社が適当に作ったベスト盤でしょ。」そう決めつけて、この作品には手を出さないようにしていました。さて、実際の所はどうなのでしょう。ここで少し歌詞カードに付いている解説文を読んでみましょう!!

【〜戸川純、そして新たなる"伝説"へ〜歌詞カード解説より抜粋】
その中でいち早く結果を出したのは戸川だった。ヒット作『玉姫様』にはハルメンズのカバーを多数収録したことにより、彼らが注目される契機をも生み出したのである。ビクターのディレクターは佐伯に「ハルメンズのアルバムが廃盤の今、ベスト盤を出したい」と連絡した。会社主導かつ急造と言える案を話された佐伯はこれを頑として拒み、最終的に選曲・ジャケットの決定権とリミックスを一曲する承認を得たのだった。更に曲ごとにテンポの微調整も行った。

と言うことです、なるほど。当時はハルメンズの音源は"廃盤"だったわけですね!!それならば納得です!!上記の通り"曲ごとのテンポ調整""リミックス"、更にはシングルバージョンの"選曲"等含めて、レコード会社が適当に並べただけの作品では無いと言う部分に注目です!!注目しましたか!?

さて、ついでに言いますと、今回の歌詞カードには上記のような『ハルメンズデラックス』のオリジナル版が発売されるに至った"経緯"の他に、バンドとしての"年表"、更にはボーナストラックの"全曲解説"まで付いてきます。と言っても、どれもそんなに詳しくは書かれていないのですが、それでも私のような後追い世代には、こう言う"当時のことを知る資料"は貴重なので結構嬉しかったです♪

お楽しみのボーナストラック11曲については、ザックリ言うと"デモ音源""ライブ音源"です。先にリイシューされた『ハルメンズの近代体操+8』『ハルメンズの20世紀+8』に収録されたデモ音源やライブ音源も貴重でしたが、今回のは、その後活躍して行くことになる戸川純ちゃんや野宮真貴さん、そして"ハルメンズ幻の3rdアルバムを作ろう!"と言うコンセプトで2010年に製作された『21世紀さんsingsハルメンズ 』などに繋がる資料的価値の高い内容になっています!!「当初はこんな感じだったんだ!!」とか「この頃からもう持ち味炸裂してる!!」とか、なんかもうワクワク満載な内容になっていますので、こうご期待です!!!!


それでは全曲感想に移りたいと思います!!ご購入の参考になれば幸いです!!

 


【オリジナル音源(14曲)】
#1.マスタード
#3.Q-P-ダンス
#8.ボ・ク・ラパノラマ
#9.趣味の時代
#10.お散歩
#11.フリートーキング
#12.モーター・ハミング
#13.ふにゃふにゃサイボーグ
#14.母子受精
たぶん原曲と一緒。仮に違くても気づけないレベルです。

#4.レーダー・マン
#5.電車でGO
微妙に微妙にテンポが速いです。録り直しとかでなく音源そのままのテンポ調整です、たぶん。しかしこれ原曲を聴き込んでいればいるほど違いが分かると思います。と言うか”違和感を感じ易い"と思いますの方が表現として合っているかも(笑)。なんか音が軽くて高く聴こえる気もするけど、それは気のせいかな?(笑)。

#2.昆虫群(Haruo Kubotaリミックス)
1st収録曲の新ミックス。リミックスって書いてありますがほぼ原曲通りです。パッと分かる違いはと言うと、まず冒頭がいきなり「ハールメンズ!!」から始まります。そしてボーカルがエコー掛かっていて浮き出て聴こえます。目立つ。後は、曲終わりのウニョウニョしたシンセ音が新しいものになっています。この3点。この3点以外は殆んど一緒なので過度な期待は禁物です。もっと細かい所を言えば、全部の音がタイトになっていたり、ベースが目立たなくなっていたりしますが、普通に聴いてる分には気にならない。これ歌詞カードの解説に「どうしてもやり直したかった『昆虫軍』」って書いてあるけど、どの辺りが気に掛かっていたのでしょう?

#6.キネマの夜
音源同じで原曲のノイズが無くなっています。聴き易いけど、あのノイズがあった方が「ラジオから聴こえてくる」ような、この曲だけ「大正時代」的な、そんな不思議なニュアンスが出てて好きだったな〜。それに後半の"初見殺しクッキリコーラス"との差もあんまり出ないし、ん〜、やっぱりこの曲はノイズがあった方が良い!!

#7.マスクト・パーティー(シングルバージョン)
2nd収録曲のシングルバージョン。初めて聴きましたが超良い!!アルバム収録音源にバイオリンやコントラバス(?)等の生音フレーズが要所要所に足されていて"舞踏会"感が激上がりです!!この籠ったアルバム音源部分とクリアな生弦楽器フレーズの違和感がホント効果的に働いてて痺れます。特にイントロ前に足された"ジョーズ"的な"来るぞ来るぞ"的なコントラバス(?)の低音フレーズと、1番・2番間の短い間奏に挿入されるメロディカルなコントラバス(?)の低音フレーズな〜。本気で良い。超良い。どっちのバージョンも大好き。と言うか、こちらのシングル音源の方が先に発売されてるから、アルバム版が引き算で作られたのかな?いやはや、超良い。

【ボーナストラック(11曲)】
#15.森の人々(1981ビクター・デモ)
戸川純ちゃん「玉姫様」と「21世紀さんsingsハルメンズ」に収録された幻の曲のデモトラック。音質良いです。もうほぼ完成してたんですね〜、勿体無い。テンポは上記2つのバージョンより少しだけ速いです。「ドンタンタン♪ドンタンタン♪」と言うシンプルなリズムが繰り返されます。スネアの位置に一緒になるホイッスル音が可愛い(笑)。あと楽器は優しいピアノがメイン、ギター・ベースが更に優しく控えめに演奏されます。勿論、佐伯さんボーカルもとても優しい。ここまで優しくて癒し系の演奏だと逆にリズムトラックの無邪気な「ドンピッピ♪ドンピッピ♪」に良い意味で違和感(笑)。このまま癒し系で終わると思いきや最後のサビ「ピープルインザフォレスト!!」の繰り返しだけ何故か大合唱です(笑)。ハルメンズっぽいな〜(笑)。

#16.隣の印度人(1981ビクター・デモ)
こちらも戸川純ちゃん「玉姫様」と「21世紀さんsingsハルメンズ」に収録された幻の曲のデモトラック。最近だとテンテンコさんもカバー致しました(「弾くテンテンコsingsハルメンズ」収録)。そんな大好きな名曲のデモ音源、初めて聴いた時にかなりビックリしました。私、戸川純ちゃんのバージョンが変過ぎて特に大好きなのですが、アレは純ちゃん用にわざとそう言うアレンジしたのかと思ってたんですね!そして、このデモ音源聴いてみたら"ほぼ同じ"でした(笑)。マジかよ(笑)。しかもチープなトラックに載せて歌われるサエキさんのボーカル「となりのいんどじん....(ボソボソ)。ナニシテルノー!!!!(弱弱しい裏声)」とか(笑)。ニューウェイヴ過ぎるだろ(笑)。マジで(笑)。純ちゃんのふり幅に慣れてるから、これがショボくてショボくて、ホント素晴らしい!!!!これぞまさにニューウェイヴ!!!!最後の「ニホンノーナツハームスーケードースズシー!!!!(弱弱しい裏声)」とかヘロヘロ過ぎて(笑)。全然盛り上がってこないし、全然これで終われる感無いし、なんなんだこれ。良過ぎる。このデモトラック聴くためだけに、このアルバム買っても良いんじゃないかと思うくらいに良い。凄い。流石としか言えない。マジでなんだこれ(笑)。うわー、凄い大好きな音源だわ。超オススメ。

#17.森の人々(1981Higaeルーム・デモ)
#15.の録音に向けて録られた更に古いデモ。2本のギターとベース・ボーカルのみでゆったり優しく優しく演奏されます。シンプルでとっても癒し系。眠くなる位のふんわり感。音質はそんなに悪く無いのですが、古い音源だからかブチブチ音が切れるのが残念。資料的な聴き方になりますね。でも良いよ。

#18.P.T.A.(1979パリ―美容専門学校デモ)
デビュー前の未発表音源。たまにブレますが音質はとても良いです。チープなリズムボックスに載せて演奏されるややスピーディーな曲。激し過ぎないギターとシンセのメロディは"不登校"をテーマにした曲なので少しセンチです。でもサエキさんのボーカルはヘロヘロ。演奏もヘロヘロ。不思議な違和感。こういうの聴くとやっぱハルメンズって社会派な感じがするよね〜。でも確かに、ちょっと現実感が強過ぎて「ハルメンズの近代体操」には合わなかったかも!

#19.プレイゾーン(1982-8ライブ@原宿クロコダイル)
『21世紀さんsingsハルメンズ』に収録された曲ですね。ホントにあのアルバムは未発表曲がたっぷり詰まってたんですね。なんか「ハルメンズっぽく無くない?」と発売時は思っていましたが(笑)。原曲の方はテクノ色が少なくロックバンドバンドしてます。そして歌詞がチョロチョロ違く、かつ構成も違います。そして何より短い。2番までしか無いので2分50秒で終わっちゃいます!!まぁ、ここまで"違う違う"と言っといてなんですが、それでも大枠は一緒です(笑)。なんのこっちゃですが楽しいので聴き比べしてみてください。

#20.シングル・ハンド・ボーイ(1982-8ライブ@原宿クロコダイル)
「ハルメンズの20世紀」収録曲のライブ音源です。アップテンポで8ビートなロックアレンジになっているので原曲と全然違います。カッコいい(笑)。"ミステリアス"と"ノスタルジー"で満たされていたオリジナル音源と対照的な"疾走感"と"爽快感"。青春バンドかな?(笑)。語り部分も叫ぶようにハキハキと歌われます。元気いいなー(笑)。力強いロックバンドだわ、良アレンジ。

#21.ふにゃふにゃサイボーグ(デュエットwith鈴木慶一 1982-12ライブ@ハルメンズの伝説)
「ハルメンズの20世紀」収録曲の解散ライブ音源です。ムーンライダーズの慶一さんとデュエット。アコースティックな演奏で超癒される。むしろ泣ける。この歌詞なのにめっちゃ泣ける。いや大好きな曲だけど(笑)。アコギに合わせて歌われるサエキさんと慶一さんのボーカルがめっちゃ良いな〜。ふにゃふにゃサイボーグの感動アレンジレベルで言ったらMAXじゃないの?コレ。てか、個人的に慶一さんの歌声って無性に泣ける。

#22.ゴールデン・エイジ(1982-12ライブ@ハルメンズの伝説)
「ハルメンズの20世紀」収録曲の解散ライブ音源。野宮真貴さんがソロで歌っています!!演奏的には、オリジナル音源より疾走感が少ない代わりに、ずっしり地に足着いた内容になっております。これはこれで良い。あとシンセが目立つポップなアレンジですね〜。要所要所で演奏のメロディも違う気がするな〜。これは野宮さんに合わせてキーを変えたとか、そんなのかな?詳しいことは音楽知識が無いので全然分かりません!!いや〜でも、やっぱ野宮さんの歌声って良いよね〜。もう1枚くらい「ピンクの心 」の路線でソロ出して欲しかったわ〜。そんな気分になる良音源です。

#23.昆虫群(1982-12ライブ@ハルメンズの伝説)
「ハルメンズの近代体操」収録曲の解散ライブ音源。オリジナルメンバーでの演奏ですって。なんか凄いスピード感と熱量のある演奏です!!特にドラムとシンセが圧倒的にパワフルで前のめりで、相手を食い殺すが如し勢いを感じます。凄い(笑)。かなり良い演奏です!!歌詞カードの解説に書いてある"鬼気迫る演奏"の言葉そのもののテイクです!!これは聴くべき。

#24.趣味の時代(1982-12ライブ@ハルメンズの伝説)
「ハルメンズの20世紀」収録曲の解散ライブ音源。みんな大好き戸川純ちゃんとのツインボーカルです!!この突っ走り音源の中で縦横無尽に暴れまくる純ちゃんの歌声は、もう他の追随を許しません(笑)。Bメロ終わりで炸裂する得意のビブラートも要チェックです!!と言うか聴き逃せないくらい目立ってます(笑)。いや〜、めっちゃ好きな曲を純ちゃんが歌ってる音源なんて幸せじゃないですか(笑)。なんでこの曲はカバーしてくれなかったんだろう。して欲しかったな〜。純ちゃんのボーカルにばかり目が行きがちですが、バンドの演奏もオリジナル音源とは結構違い、表現豊かなプレイをしておりますので、そこも聴きどころです!!良いぜ!!

#25.Q-P-ダンス(1982-12ライブ@ハルメンズの伝説)
「ハルメンズの20世紀」収録曲の解散ライブ音源。ライブ出演者全員揃っての本編ラスト曲だたそうです。この曲ってそんな立ち位置だったんだ(笑)。1番はリズムボックスに合わせてギターとピアノが演奏する形です。スカスカなのに激しくて変だ(笑)。2番からはドラムも入ります。めっちゃグルーブ感あってかっけぇ。オリジナル音源のチープ感と全然違うじゃん!!完全同期バンドです。間奏ではギターソロも炸裂!!なんか凄い立体的で厚みがあるのに、それと同時にこの上なくスカスカなこの演奏の不思議さって言ったらないな!!いやはや凄い。そして全員参加と言っている割に聴こえるコーラスが純ちゃんばかりなのもまたね(笑)。てか、めっちゃ格好良いわ〜。こう言うの聴くと「ハルメンズはライブ作品も残して欲しかったな〜。」と思ってしまいますよね〜、特に後追い世代の私なんかはそう思います。しかしまぁ、こうやって秘蔵音源を提供して貰えるだけありがたいのかもしれないな〜。


総評:もう廃盤じゃないんだから、まずは『近代体操』と『20世紀』買おう!!その2枚が私にとってのベスト盤です!!

 
ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー
ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー


【ハルメンズ関連感想ページリンク】
ハルメンズの近代体操+8/ハルメンズの20世紀+8/ハルメンズデラックス+11ヒストリー/21世紀さんsingsハルメンズ/初音ミクsingsハルメンズ/隕石でフレンドリクエスト/ハルメンズXの予言/弾くテンテンコsingsハルメンズ(テンテンコ)/ピンクの心+2(野宮真貴)/

 
※追記※
Twitterでご本人達にコメント頂きました!!凄く嬉しい(^_^)v
 
【サエキけんぞうさん公式アカウント】
iPhoneImage.png

【ハルメンズX公式アカウント】
iPhoneImage.png

2017.12.17 Sunday

スポンサーサイト


19:38 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top