本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ザ・プーチンズ「ぐるぐる」全曲感想!!(2016年) | TOP | No.3 『リテールマーケティング検定(販売士検定) 3級』合格後の感想と参考書紹介!! >>

2016.09.11 Sunday

No.2 『ITパスポート試験』合格後の感想と参考書紹介!!

友達無し彼女無しの20代後半男性こと私が、暇な時間に現実を直視しない為に資格取得の勉強をするカテゴリです。

今回挑んだ資格はコチラ!!
情報処理推進機構「ITパスポート試験」!!!!
iPhoneImage.png

バッチリ1発合格でございます♪
ITパスポート。大学の頃、情報系の友達が多かったので単語自体は耳にしていたのですが、なんのことを言っているのかは知りませんでした。ザックリ言ってしまえば【情報処理の入門資格】でございます。内容は知らない癖に「簡単だ!!」「勉強しないでも取れる!!」「取っても意味ないレベル!!」なんて言われていたことは鮮明に覚えてまして。そんなに簡単なら適当に受けて資格ゲットしちゃおうじゃん♪と余裕こいて挑戦してみた訳ですが...。まぁ詳しくは後述しますが、たいしてパソコン詳しく無い人、別に情報処理とかやってない人はノー勉だと普通にキツいです。勉強すれば受かるけど、噂ほど簡単じゃなかったよ〜。てか、舐め過ぎてた(笑)。逆に言うと情報系の学科の人は基礎があるのでスルスル取れると思います。単位に換算してる大学もあると聴くので気軽に受けてみるのも良いでしょう。


【資格名】ITパスポート検定試験
【試験日】H28年の夏
【出題範囲】ストラテジ系(経営全般)・マネジメント系(IT管理)・テクノロジ系(IT技術)

【試験形式】CBT方式(パソコンで選択問題)
【難易度】勉強すれば割と簡単
【勉強時間】社会人のガチな3週間
【勉強前知識】CPUとコンピューターとパソコンって一緒でしょ?



【オススメポイント】
・何気に国家資格
・全国のパソコン教室で随時試験可能
・パソコンで受ける試験なので終了と同時に結果発表


【私の勉強法】
1.まず申し込んでしまう。(1ヶ月後くらいがちょうど良いかも)
2.ザックリした参考書を2周読んで全体像をつかむ。
3.詳しい参考書を1周読む。
4.詳しい参考書を自分なりに噛み砕いて、ワードにまとめながらもう1周読む。
5.模擬問題集をパソコンで解く。間違えた部分をワードに加える。
6.まとめたワードを印刷して暇な時間に読む[30ページ]。


【使った参考書】
・改訂新版 ITパスポート最速合格術 ~1000点満点を獲得した勉強法の秘密
改訂新版 ITパスポート最速合格術 ~1000点満点を獲得した勉強法の秘密
「予備知識ゼロから24時間で合格レベルへ」と言うコピーが頼もしい参考書。「経営・IT管理・IT技術」の3分野を、なんと"たこ焼き屋さん"に置き換えて説明してくれます(笑)。どういうことだよ!!って感じでしょうが文字通りです。また、"最速合格術"と冠しているだけあって、試験範囲の説明だけでなく、効率的な暗記法やら試験までのスケジュール管理なんてことも載ってます。あとですね、なんと言うか"理解"より"合格"を重視しているので、良くも悪くもザックリしています。普通の参考書と違って各項目の流れや繋がりなんかが分かり易く作られているのは良いんですが、個々の内容はあんまり詳しく説明されていないと言った具合ですね。はい。でもまずはこの本で試験内容の全体像を把握するのがオススメですねー。あと、表紙の女の子が可愛いんですが中には一切登場しないので注意です。中はキャラクターゼロです(笑)。


・ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成28-29年度版 (よくわかるマスター)
ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成28-29年度版 (よくわかるマスター)
詳しく載ってる参考書。網羅範囲が広いです、出題範囲は全てカバーしてるんじゃないかな?そして尚且つ分かり易い。良いことづくめに思えますがその分、読むのには時間が掛かります。でも、これ試験以外でも読み返して使えるから良いな。あと何よりですね、過去問を解けるCD-ROMが附属しているのが強みです。本物と似た作りになっているのでこれで練習していればCBT試験にも戸惑いません。出題範囲絞ったり、答えの表示だったり、なんだかんだ調整が利く作りになっているのも良いですね。あと、結果もすぐ出ますし。この参考書は激しくオススメ。


【勉強してみての感想】
・ストラテジ系(経営全般):経営戦略とか法務関係です。あんまり情報処理関係ないので専攻している方達は一番嫌いな分野かもしれませんね。と言うか、こう言う内容も出るんだってことに驚きでした。まぁ、そんな感じの理由でとっつき易いと思います。個人的には同時に勉強していた小売業販売士の範囲と被ってたのでラッキーでした(笑)。「ROA・ROE・ROI」やら「CEO・COO・CIO・CFO・CCO」やら英語の似ている略称が紛らわしくて腹立ちますが、カタカナにして意味を覚えてどうにかしましょう。でも、それでも似てんの多いんだよな〜(笑)。

・マネジメント系(IT管理):システム開発やらプロジェクト・サービスのマネジメントやらです。仕事の流れに関しての内容なので、そっち方面で働いている人はお茶の子さいさいだと思います。働いてない私としては「へぇ〜、そうなんだ〜」って最初は関心してましたが、システム開発の順番がどうだとか、このプロセスの責任者は誰だとか、まぁ〜ややこしい。読めば理解できるんだけど、抜き出して言われるとこんがらがる。働いてる人は余裕でしょうけど、しっかり内容をイメージして勉強しないとすぐ間違うね。

・テクノロジ系(IT技術):基礎理論・コンピュータの構成要素・技術要素など。コンピュータ自体と、その周りの環境についてです。専攻している人と最も差がつく分野。やっている人には常識でしょうが、CPU・プロセッサ・メモリ・サーバ・プロトコルなど、よく聴くけどサッパリ分かんない単語の連続です(笑)。なんとなく使ってたコンピュータの仕組みをザックリ理解しなければいけないので一番為になったと言えばなったかな〜。まぁ、文字で理解したところで今この文章を打っているパソコンの仕組みをイメージしながら使えてるのかと言われれば全然リンクしないですけど(笑)。私の様な状態の人でも少し勉強すれば内容とか仕組みの大枠を理解するのは、そんなに苦労しないと思います。が、問題は"英語の略称"と、その"種類"ですね。多いし、似てるし、意味分かんないしでガックシ来ちゃいます(笑)。逆に計算問題はプログラミングみたいな複雑なものは出て来ないので、簡単な数学が出来て、エクセルをまぁまぁ使える人なら予備知識無くても問題なしです。


【試験を受けてみての感想】
・合計で6割取れれば合格なので、しっかり勉強すれば情報処理とかやったこと無い人でも受かります。余裕では無いですが(笑)。
・私が受けたパソコン教室では受験者15人くらいで大学生7人、20代後半5人、30代以降4人くらいでした。
・試験終了して直ぐに結果が表示されるので、受かればウキウキ帰れます。
・「持ってても意味ない資格」とか言うやつは、当然持ってるんだろうな?持ってんなら言ってもいいよ。でも持って無いやつは取ってから言えよ!!合格の喜びに水を差すなー!!


総評:「8割は取れたな!!」と思ってコレだったので、油断せず行こう(・⊆・)。

 
iPhoneImage.png



【取得した資格一覧】
1級土木施工管理技士(学科)・(実地)/2級土木施工管理技士(学科)(実地)/下水道技術検定2種/小型車両系建設機械(整地等3t未満)運転/建設業経理事務士3級/運行管理者(基礎講習)/認定電気工事従事者/第2種電気工事士(筆記)(技能:複線図)(技能:配線作業)/2級ボイラー技士(試験)(実務講習)/潜水士/第二級陸上特殊無線技士/第1種衛生管理者/基本情報技術者/ITパスポート/Excel VBA スタンダード/Excel VBA ベーシック/MOS Power Point/ファイナンシャルプランナー2級/ファイナンシャルプランナー3級/カラーコーディネーター2級/カラーコーディネーター3級/手話技能検定5級/リテールマーケティング検定3級/メンタルヘルスマネジメント検定3種/パンシェルジュ検定3級/


2019.08.25 Sunday

スポンサーサイト


21:06 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top