本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< NeoBallad「01」全曲感想!!(2013年) | TOP | 【スピードワゴン】ハンバーク師匠のリズムボックスを作ってみた【サンプリング】 >>

2015.10.16 Friday

NO PLAN「NO PLAN」全曲感想!!(2003年)

JUGEMテーマ:音楽
 

こんばんは、内村プロデュースです!!

今回、オススメする作品はこちら!!
NO PLANデビューアルバム「NO PLAN」!!!!!

 

NO PLAN


さて、皆さんはNO PLANをご存知でしょうか?彼らは私が人生で一番好きなテレビ番組「内村プロデュース」内の一企画として突如結成することになった音楽ユニットになります!メンバーは、内Pレギュラーの内村輝良ふかわりょう三村マサカズ(さまぁ〜ず)。そして、レギュラーゲストの大竹一樹(さまぁ〜ず)。更に、ゴルゴ松本(TIM)レッド吉田(TIM)と言う無敵の布陣。かつ、いつものメンバー笑。この6人のおじさん達がスーツ姿にサングラスでキメ、芸人魂を熱く歌いあげる。そんな姿が、時に面白く、時に格好良く、そして時には泣けてしまうと言う前代未聞唯一無二の音楽ユニットなのです!!

こちらのデビューアルバムは全21トラック収録ですが、曲は9曲のみで、他は全てコントになります。曲もコントも両方ですが、ウッチャンをリーダーに三村の力技、大竹の変化球、ゴルゴの閃き、レッドの五文字ネタ、ふかわの弄られキャラと、あの内P独特の笑いを、そのままパッケージした様な内容で、本当にあの当時に一瞬でタイムスリップしてしまう様な作りになっています笑。他では真似出来ない、あの空気間がまんま詰まっています笑。もうそれだけで十分過ぎるほどの内容です笑。

と言いつつも、それと同時に曲のクオリティも異常に高いんです!芸人さんが歌っているので、コミックソングのイメージが付きがちですが、意外と熱い曲や泣ける曲も多かったりするんです!なんて言うんでしょう、特別、音楽の知識も無いし歌も上手く無いおじさん達が、どうにかして面白い良いものを作ろうと奮闘するその様が、いつの間にか格好良い雰囲気として音に現れちゃってるんです。狙って無いのに。むしろ下手なのに。下手なのに頑張ってる姿が格好良いんです。それも凄く魅力的な点ですね!何度聴いても飽きません。むしろ、私の様な学生の時から聴いている身としては、社会人になり、歳が近づいて行くに連れて、なんだか仕事に対する姿勢とかまで読み取れたりして、深みも増して聴こえてくるんですよね〜。もう本当に長い間聴いてるんです笑。そんな名盤です♪


それでは全21トラックの全曲感想に参ります!!よろしければお読みください!!
 


 
#1.We are NO PLAN
記念すべき1曲目を飾るのは、NO PLANメンバーの自己紹介も兼ねたリレー型ラップソング!!クレイジーケンバンドこと横山剣が作曲を担当しており、スローテンポでお洒落な仕上がりになっております。曲の構成は「1人目のボーカルが2人目の紹介をラップで歌う」→「次の人が1発ギャグ(一言ネタ)」→「全員でサビ」→「2人目のボーカルが3人目の紹介をラップで歌う」→...の繰り返しで、順番はレッド→ふかわ→三村→ゴルゴ→大竹→内村になっております。ちなみに最後のウッチャンはNO PLAN全体のことを歌い、一言ネタは剣さんの「イイネ!」で締めます!この曲の聴き処は、それぞれのメンバーを紹介する歌詞ですね!良いところも悪いところも含めて歌われるんですが、もう全てが愛情に溢れていて一行も無駄がありません。なんかもう本当に素晴らし過ぎて泣けて来るレベルですので、是非、注意して聴いてみて欲しいです。あとですね、一人づつ歌うラップが、こんなにテンポ遅いのにみんなリズムに乗れてないところも注目です笑。本当にみんな歌い方にも個性が出てて面白いんですよ笑。特に三村、ゴルゴ、大竹は、らしさ爆発で最高です笑。勿論、一言ネタも安定の面白さです笑。ふかわの「ティン!」も収録されてますよ笑。トップバッターのレッドだけ無いのが残念ですが、それは#3.があるのでトントンと言うことでしょうね。ウッチャンパートで歌われる「芸能界の荒波で じゃれ合い馴れ合い化かし合い 必死に笑いを追求してる そんな姿が愛おしい」と言う歌詞が内Pの魅力の総括だと思ってます!大好きな曲!!

#2.楽屋王
レッド吉田が本番であんまり喋んないのに楽屋では饒舌なのをネタにした隠し撮り(風?)音源。とにかくペラペラとレッドが調子良く喋ってるだけなのに割と面白い笑。NO PLANメンバーだけで無く、有吉も参加してるが、毒舌で復活する前の猫男爵時代なので弄られキャラで懐かしい笑。

#3.内P"COCO JAPAN"Remix
レッド吉田ファンには堪らない、レッドの一言ネタをサンプリングしまくってリミックスしたアップテンポな名曲です笑。代表作である「パンパンここジャパーン」の繰り返しをメインに据えて、途中途中で名ギャグ&名五文字ネタを挟んで来る内容はホント痺れます笑。「父ちゃん母ちゃん父ちゃん母ちゃん父ちゃん母ちゃんロドリゲス!!」とか、「寝てない寝てない寝てなーいから!!」とか、これがまた音楽によく合うんですよ笑。こんなに相性良いの?って驚くと思います笑。もうですね、前半で一番盛り上がる「パンパンここジャパン!!カンカンアメリカン!!パンパンここジャパン!!トントンワシントン!!カンカン!!トントン!!いくいなあきこ!!!!」の流れとか本気で秀逸過ぎますからね笑。後半は、NO PLANメンバー総動員のサンプリングネタの嵐です!ふかわの両親が登場した『童心王決定戦』など、ファンなら「あっ、これはあの回だ!」って脳裏に浮かぶこと請け合いの内容です笑。そして「俺は人間ですか!?」や「恋愛に方程式は無いから(キメ顔)」など、何気に出川も沢山サンプリングされてます笑。あの楽し過ぎた番組の光景が一瞬で蘇る名曲です。

#4.その時、本当は・・・。1
「実は、この時こんなこと考えてました。」と言う脳内ひとり語りコント。その1は『ふかわ編』で番組のオープニングトーク中が舞台となっている。

#5.訳の分からないスポーツ実況
音声コント。三村と内村扮するキャスターと解説がスポーツの実況をしているが内容が無茶苦茶なので何の種目をやってるのか分からないと言うネタ。

#6.内P軍団のテーマ
『バビル2世』OP曲の替え歌です!「テーレビー朝日にーほどちーかいー 世田谷目黒に住んでいるー おーわらい好き中年 内Pぐーんだーん みんなの笑いを誘うため 3つのしもべに命令だ♪」メロは全員で歌います。そして、サビでウッチャンが一人づつ呼びかけ、それぞれが一言ネタor一発ギャグを言う構成になっています。1番は三村、大竹、ふかわ。2番はゴルゴ、レッド、出川。この流れも、それぞれの得意ジャンルをウッチャンが振って、それにメンバーが応える形なので、愛情たっぷりで好きです笑。最後までこの流れで行くのかと思いきや、3番のみスタッフ激励と称して山本さん、飯山さん、金沢さんを気遣います笑。この感じもまた内Pらしくて非常に好きですね笑。

#7.出現!存在感の無い怪獣
音声コント。大竹扮するニュースキャスターが、渋谷の街に怪獣が出現したことを中継で伝えるんですが、なんか存在感が無い。と言うネタ。

#8.今、思うコト。1
穏やかなクラシックの演奏をバックに、今思うことを発表する語りネタ。その1は内村。結構どうでも良いあるあるネタ笑。

#9.前略、露天風呂の上より〜芸人魂の詩〜
NO PLAN一の推し曲であり名曲。一世風靡セピアをモチーフにしているであろうお祭り騒ぎとクールが混ざった様なアップテンポな楽曲に、芸人の生き様を歌った歌詞が見事にマッチして、妙に格好良くて、妙に泣ける内容になっております。そして、それを歌うのが何を隠そう、当時平均年齢35歳である中堅芸人だと言うのが更に魅力を加速させている訳です!曲は「前略!露天風呂の上より!!」のキメから入り「せいや!せいや!」の掛け声が繰り返されるイントロに繋がります。そしてウッチャンの台詞「それでは参りましょう!芸人魂丸出しソング〜〜ッ!!」が叫ばれて歌へ。歌は全員で真面目に力強く歌われるんですが、それがどうにもショボくて「今日も脂身食ってます〜わざとお腹を出してます〜♪」と言う歌詞と相まって凄い惹かれます。ウッチャンが「まずは露天風呂、だるまさんが転んだ〜っ!!」と再び叫んで、2番へ。これも「巻いたタオルがもどかしい〜何のてらいも無く服を脱ぐ〜♪」と、その内容を真面目に歌ってます。露天風呂だるまさんが転んだシリーズの光景がすぐ思い出されます笑。特番の恒例で、だいたいご褒美の混浴が女性アシスタントから違う人に入れ替わってるんですよね笑。さて、そんな思い出しをしてる暇も無くサビです。「追い詰められて花が咲く あとは勇気とタイミング ネタが被ったどうしよう どうにかなるさ!編集で〜〜♪」と言う、一見すると笑っちゃう歌詞なんですが、これがもうめちゃめちゃ感動してしまうから不思議なんですよね〜。なんか、やっぱ戦場で戦ってるんだなって言う熱いお笑いの気持ちがよく伝わってきます。そして、3番「芸人魂クイズ」4番「対決シリーズ」と繋がり2度目のサビです!「ケガをしたけどしてないぜ 火傷したけどしてないぜ 鼻血出たけど出てないぜ だってオンエアなんな〜いも〜〜ん♪」と言うこの部分を聴くと、私は毎度泣いてしまします笑。これ全然伝わらないかもしれませんが、なんか、ほんと素敵な曲なんですよ、この曲は笑。大好きです!!

#10.今、思うコト。2
語りネタ。その2は大竹編。正統派なウッチャンのネタを聴いた後に、変化球の大竹なので、落差に笑っちゃう可能性大笑。

#11.内村自宅実況中継〜小さいテレビは存在するか?!〜
内村宅のテレビが、やたら小さいと言う話の真偽を確認する実況中継。参加者は、三村、大竹、有田の3人。ネタ音源なのか本当なのか分かんないが、ラジオ風の内容で、うるさく騒ぐ有田が面白い笑。3人が凄い楽しそうにリポートしててウッチャンが苦笑いしてるのが、ほんわか笑。

#12.Comedian's Life〜one week〜
ロシア民謡「一週間」の替え歌&テンション高めアレンジです!ふかわ→レッド→ゴルゴ→大竹→三村→内村→全員と言う順で一人づつ歌って行きます。これまた各々の個性がよく現れてて面白い。個人的にゴルゴとふかわが気に入ってます笑。あと、大竹の変化球っぷりも良いです笑。面白い笑。

#13.その時、本当は・・・2
脳内語り、その2は若手との相撲勝負中の大竹編。

#14.F1緑町グランプリ
もしも普通の町中でF1グランプリを開催したら、、、と言う内容を内村扮するキャスターが実況する音声コント。

#15.ひとりぼっちのジングルベル
"ジングルベル"のアップテンポロックアレンジ!!ふかわが作詞したヤケクソな歌詞は、彼女居ないクリスマス前に聴くと、めっちゃ元気でます笑。オススメ。曲は、当時まだ結婚して居なかった大竹から、鈴の音をバックに「今日もひとり 明日もひとり あさっても しあさっても いつも孤独 俺は孤独 だからクリスマスなんていらな〜い♪」と気だるそうにスローテンポで歌い始まります。そして、そこから猛烈に盛り上がりアップテンポなロックバンド演奏で突っ走り8ビートへ!!全員で歌われる「ジングルベル!ジングルベル!鈴が鳴る!!今日は寂しいクリスマス ヘイ!!」のやけっぱち感が最高です。前半は、クリスマスなんてふざけんな!!と言った内容をロックに歌うんですが終盤一旦静かになり、ウッチャンソロ「とか言って強がっても 本当は羨ましいのさ だから今日は こんな俺も サンタクロースを信じてみようかな ヘイ!!」で、また加速&大盛り上がりで突っ走ります笑。ここから、凄く明るく騒ぎながらジングルベルを歌うので、気分も晴れるってもんです笑。これ、寂しいクリスマス時期に聴くと本当に元気出ます笑。めっちゃ良い歌笑。

#16.今、思うコト。3
ひとり語りネタ。三村編。力技で笑わせて来ます笑。

#17.その時、本当は・・・。3
脳内語りネタ。最後は、今日のレッド中の内村編。

#18.日本全国打ち上げ音頭
呑みに行きたくなるミディアムテンポの音頭曲。仕事で疲れてる時に聴くと、かなり元気になれます。サビの「あ〜あ〜酒の力を借りて どんなミスも吹き飛ばそう!あ〜あ〜ド頭から日本酒 みんな褒め合って良い気分〜♪」って部分が特に大好き。メンバー全員で歌を歌うんですが、合間合間に喋り声が挟まります!これがメンバーそれぞれチョロチョロ言ってるんですが、特にゴルゴのおじさん節が炸裂してて、めっちゃ良い味だしてます笑。あと、2番Bメロの「ちょい焼き明太 ちょい焼き明太 焼肉 焼き鳥 ふかわだけネギご飯(頼んで無いよ!!)」って部分も最高ですね笑。これは、この歳の人達が歌うから余計に共感出来るんでしょうね〜。ホント好きな曲です。隠れた名曲。

#19.内村秋好さん
ふかわが弾く「威風堂々」のピアノをバックに、ウッチャンのお父さんがリスナーへ感謝の手紙を読みます笑。しかも凄くキチンと笑。何だこりゃ笑。

#20.志なかば
アルバム最後を飾るのは、しんみり真面目な明日も頑張ろう系スローバラードソング。ギターとピアノをメインに、じっくり歌われると思わずグッと来てしまう歌詞とメロディです。意外と知られていないが、NO PLANとバラードの相性は物凄く良い。ただ唯一おふざけ無しなので、そこだけちょっと物足りなくも感じてしまうかも。

#bonus track.助っ人野郎のテーマ
「最強の助っ人野郎をプロデュース」シリーズで毎度移動時にウッチャンが歌っている曲がまさかのフルバージョン収録です笑。「俺たちゃ助っ人最強軍!(俺たちゃ助っ人最強軍!)今日も荒川闊歩する〜♪(今日も荒川闊歩する〜♪)」のヤツです笑。おそらくNO PLANじゃ無いので、ボーナストラック扱いなんでしょうが、これは嬉し過ぎますね笑。ちなみに、3番はメインボーカルが大竹へ、4番はゴルゴに移ります。しかも、失敗テイクを収録してると言う笑。最高過ぎ笑。


総評:チェビックス!!

 

2017.08.18 Friday

スポンサーサイト


21:46 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top