本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【収集】パン屋のキャラクターパン(アンパンマン、トトロ、ドラえもんetc...)を購入して随時写真に残す!!【画像】 | TOP | 無印良品の「自分でつくるスイートポテト」を作って、食べて、感想!! >>

2015.10.02 Friday

レコライド「mp3の断末魔」全曲感想!!(2012年)

好きで好きで仕方ない訳じゃないけれど、気付けば結構聴いている!!

今回、ご紹介するのは
で「mp3」!!!!

 

MP3の断末魔


失礼ながら"レコライド"と言うバンドを知らない人の方が多いと思うので、まずはそこから説明!!

レコライドとは、2009年に結成された、たった(Vo)、はしゆう(Gu)、佐々木喫茶(Prg&Vo)によるシンセパンク/ニューウェイヴバンドです!!

このバンドがまぁー、個性的で謎の魅力満載なんです!!

【私が思うレコライドの魅力3大ポイント!!】(このアルバムしか聴いたこと無いけど!!)
1.個性的なシンセ音
このバンドは、かなりシンセ及びシーケンスの電子音が目立っているのですが、その音色がとにかく気持ち良い!!なんて言うか80年代に当時の最先端だった電子音みたいな感じで凄く痺れます!!今聴くと古くてダサい音色なんですけど、もうそれがとにかく気持ち良い!!ギターとの混ざり合いも心地良く、あー、なんて格好良いんでしょう!!ヤバい!!

2.シンプルでチープなドラム
ドラムは打ち込みで、チープなリズムボックスの様な音色です。しかも、大抵のリズムが「ドンドンドンドン」か「ドンタンドンタン」ばかり。これが、普通だったらショボく感じるところなんですが、物凄くスピード感を感じさせるのが不思議で仕方無い。とにかく先述のシンセ音と相まってスピード感が凄い。そして何気に力強い。こんなん聴かされたら、身体が勝手に動いてしまいます。変拍子とか、へんちくりんなリズムを入れることも殆ど無いのに、魅力がヤバいし、ニューウェイヴ感が溢れ出てます。恐るべし。

3.個性的過ぎる女性ボーカル
レコライド最大の魅力とも言えるのが"たった"さんのボーカルです。ネチっこい声質で細かく言い切る様に歌われる高音女性ボーカル。これが唯一無二であり、かつ最高にニューウェイヴなのです!!誰に似ている訳でも無いのに、こんなにニューウェイヴを感じさせるのが流石の一言。耳にこびりつく。

いやはや、良さが少しは伝わったでしょうか?


今回紹介する「mp3の断末魔」は、そんな魅力が沢山詰まったレコライドの2ndアルバムになります!!さて、このアルバムを初めて聴いた人は、まずこう思うことでしょう。

「全部一緒じゃん!!」

その通りです。まず、最初に聴くと、全部一緒に聴こえます。同じ様なシンセの音色に、同じ様なリズムのドラム、そして同じ様なボーカルなので、全部一緒に聴こえます。正直言うと、ある程度回数聴いてても、全部一緒に聴こえます。しかしです!!それでも、聴いていたくなるのが、このアルバムの凄いところ!!このバンドの凄いところ!!同じ様な曲なのに!!ふとした時に聴きたくなる!!気付いたら聴いている!!気付けば結構聴いている!!そんなアルバムです♪そうですね、大半の曲がアップテンポで、時間もコンパクト。かつ、間が空かずに連続して収録されているので、通して聴き易いのも特徴的です!!

でわ、シンセパンクニューウェイヴ炸裂の12曲+ボーナストラック2曲の感想を書いて行きます。宜しければ、お読みください。


 
#1.TV教育
渋い音色のシンセフレーズと初期P-MODELよろしいリズムボックスの効果音から始まるアップテンポ8ビートテクノロック曲!!英詩を割と真面目な雰囲気でテンション高く歌われます。渋いギターに合わせて区切りながら歌うボーカルがシンプルなAメロから、謎焦らせ高揚感のサビへ突如繋がり、ギターソロ炸裂の間奏→静かなシンセソロへ。そして再びサビで終了。曲の構成が割と一直線でせわしなく、2分しか無い所に名一杯要素を詰め込んでいる。イントロのシンセフレーズがとってもテクノで気持ち良い。スピード感抜群。

#2.ロックロックゾンビ
繰り返される切ないシンセフレーズに、ドンタンドンタンだけのアップテンポなドラム。そして、力強く歌われるボーカル。何でこれで「星空の下を走りまくる」様な青春っぽい曲になるのかが不思議。とってもポップなのに、気を抜くと泣いてしまいそうな曲です。タイトルとのギャップ有り過ぎ。

#3.星屑のmp3
この一曲だけ次元が違う様な名曲。とにかくレコライドの良さとニューウェイヴの良さが詰まりまくっている。焦らせシンセベースから曲が始まるんですが、この時点でテンションがヤバい。その後すぐにバスドラの4つ打ちと、この曲の肝であるシンセのフレーズが入るのですが、もうテクノ過ぎてヤバい。スピード感もヤバい。"たった"さんの「let"s dance!」の掛け声からドラムが「ドンタンドンタン」になるんですが、それだけなのにスピード感が爆上がりでテンションも爆上がる。もう頭を揺らすことを止められません。歌が始まりAメロ「毎日エブリデイ!!毎晩エブリナイト!!何処かでサムウェア!!」なんつーニューウェイヴ過ぎる歌詞なんでしょう!もはやメロメロです!!要所要所のキメも本当に最高。で、テンション上がったまま一気に入るサビ。シンセとギターの絡み合うメロディが最高にテンション上がるんですが、別にボーカルのテンションは上がって無い感じがまた違和感あってヤバいニューウェイヴ。マジで良過ぎて死ねる。この聴き手に投げっぱなしの歌い方が本当に良過ぎる。演者側は上がり過ぎないで、聴き手ばかりテンションが上がってしまう感じもなんてテクノなんでしょう。本当に良い。全てが終始最高。この曲だけの為に、このアルバムを買っても良いと言い切れる。

#4.last moments of mp3
一転してシンセとピアノの大人しく綺麗なインスト曲。凄い清らかな演奏なのに、一定の間隔で微かな断末魔が聴こえまくります。メッセージ性があるのか、めちゃくちゃなたけなのか、とにかく落ち着きません笑。

#5.KUZU-DANCE
変拍子のニューウェイヴテクノソング。硬派なシンセ音のイントロから始まり、お馴染み「ドンタンドンタン」のアップテンポドラムなんですが、拍は8-10-2みたいな感じでボケっと聴いてると前につんのめります。こんなリズムなのに全体的にシンプルなのが、面白いところ笑。2分20秒。

#6.センチメンタルシンガー
お馴染みのリズムと音色ですが、他の曲と比べて割とキャッチー。厚くて硬派なシンセ音の演奏が印象的。そして、サビの歌い方が、区切りが無くて微妙に長いのが聴いてて違和感で良い笑。

#7.ビューティマリのダンスレッスン
アルバムの裏番長曲です。この曲は他の曲にも増してイントロからスピード感抜群です。他は、割と同じ様な演奏なんですがサビで繰り返される「ビューティーマリのダンスレッス〜ン〜♪」が脳にこびりついて取れなくなります笑。これ良曲。ワクワク感を全面的に出していて尚且つ声を効果音として使っている印象的なイントロや、ギターとベースが絡み合う様に弾かれる間奏、ボコーダーとの掛け合いになる3番サビなど、聴きどころも多いです。良い。

#8.mp3の断末魔
当然の如く始まるミディアムテンポの昭和テクノアイドル歌謡曲(笑)。この曲だけドラムもシンセの音色も別物です。そして、ボーカルも普通に歌ってる。なんなの(笑)。1分50秒で終わってしまうので、2番の途中で終わる様な消化不良感。突っ込みどころしか無い(笑)。タイトル曲なのに(笑)。

#9.TOKIO
ひとつのフレーズをシンセとギターでノリノリに繰り返し演奏する曲です。途中で区切りさけびの様なボーカルが入りますが、他は同じフレーズをバージョン違いで繰り返してるのみ。そう書くと詰まらなそうですが、このフレーズが中々都会的でテクノでスピード感があるので、んーニューウェイヴ。2分20秒。

#10.ニューウェイヴアイドル
とってもシンプルでキャッチーな8ビートニューウェイヴ歌もの曲。メロとサビは女性ボーカルで、Cメロだけ男性ボーカル。シンセと同じくらいギターも目立ってるし、男女ボーカルだし、シンプルだし、リズムボックスもチープだし、シンセベースもチープだし、全体的に凄いニューウェイヴだしで、なんか雑な言い方ぢけどプラスチックスっぽい。この曲の聴きどころは、ニューウェイヴ過ぎるギターソロ。

#11.ナイトメアショック
シンセベースに、バスドラ四つ打ち、ツララの様なシンセ音と丸っこいシンセ音でお送りするミディアムテンポの曲。若干落ち着いていて、しんみりテンション。若干だけど。他の曲と雰囲気が違うので「こう言うのも出来るんですよ」と言われてる様です。良い。

#12.グッバイZIGZAGハート
と思いきや、またもスピード感と、あの音色で送るアップテンポな曲です。ちょっと間抜けなイントロで印象間違いがちですが、メロはシンセベースとギターがメインのシンプルなものですし、サビも綺麗なシンセ音で神聖な感じです。だから、割と綺麗な曲です。でも、間奏がやっぱり間抜けかも。その繰り返しが面白いです(笑)。何気にシンセの音色もメロディも色んなテクノを彷彿とさせていて聴いてて楽しい。しかし、曲名とのギャップが激しいな(笑)。

#13.ビューティマリのダンスレッスン(Panda Boy REMIX)
まさかの#7のリミックス曲。「ビューティーマリのダンスレッスーン♪」を軸にお洒落で格好良いテクノリミックスになってます(笑)。なんかバーとか美容室でかかってても大丈夫なくらいお洒落に(笑)。音色からリズムから、原曲との差があり過ぎて気持ち追いつきませんわ(笑)。

#14.エレクトロくそPOP王
ボーナストラックとして収録されている"たった"さんのソロ曲。と言うことで、音色が現代的なテクノになっていまして、アルバムの他の曲とは雰囲気が全然違います。AメロはDaft Punk「Technologic」のオマージュに聴こえますけど、どうなんでしょう。サビは、とっても明るくて爽やかお洒落。テクノあんまり詳しく無いので分から無いですが、このサビとか間奏のシンセソロとか、色々と小ネタ元ネタがあるのかもしれないですね!


総評:やっぱ、な〜んか好き♪
 

 

2017.05.16 Tuesday

スポンサーサイト


20:54 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top