本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 「ぐんまちゃんビッグガム」食べて、ふくらまして、感想。"動画あり" | TOP | トリビュート・トゥ・ヒカシュー「20世紀の終りに」全曲感想(2000年) >>

2015.04.29 Wednesday

ヒカシュー「ヒカシュースーパー」感想(1981年)

JUGEMテーマ:音楽


うわさのヒカシュー総集編!!
1978年から1981年にいたるヒカシューの軌跡!!
未発表曲、アルバム未収録曲、未発表ライブバージョンを含むベスト選曲!!
(歌詞カードより)

と言うことで、今回ご紹介するのはヒカシューで
『ヒカシュー・スーパー』!!!!!!!!

 

ヒカシュー・スーパー(紙ジャケット仕様)

 

内容は、上記の通りで1st「ヒカシュー」と2nd「夏」3rd「うわさの人類」からの選曲+αで構成された初期ベスト盤になります!!全13曲入りですがオリジナルアルバムに収録されていない曲が5曲も入っています。この時点でファンなら絶対に買いですね。また、シングルカップリング曲等も名曲揃いなので、これは買いです。そして更にライブ音源の「プヨプヨ」と「パイク」は、それはそれは格好良いアレンジになっているので、聴かない訳にはいきません。聴かないと損するレベルです。つまり買わないという選択肢などもはや存在しないと言うことです。はい。

で・す・が!!それは既にオリジナルアルバム3枚を揃えている人の話!!!!
私は、このアルバムをヒカシュー聴いたこと無い人の「初めての一枚」にはオススメしません!!何故なら、ヒカシューはアルバム毎に聴いて欲しいからです!!!!アルバムを一つの作品として隅々まで堪能して欲しいからです!!てか、1stから3rdなんて全部名曲なんで!!その中でベストな選曲なんて存在しません!!!!チョロチョロ味見しちゃってさ、1回しか無いオリジナルアルバムとの出会いの、そこで巻き起こる感動と驚きの嵐が半減しちゃったら勿体ないじゃん!!って話。黙ってオリジナルアルバムから揃えてください。絶対に、その方が良い。どうせ、全部買うことになるんですから♪


でわ、収録曲の確認

#1.20世紀の終わりに
#2.何故かバーニング
#3.オアシスの夢
#4.白いハイウェイ[アルバム未収録シングル曲]
#5.二枚舌の男
#6.謎の呪文
#7.出来事
#8.ガラスのダンス
#9.18才のドンキホーテ[未発表曲]
#10.モデル
#11.ドロドロ[カップリング曲]
#12.プヨプヨ[ライブ音源]
#13.パイク[ライブ音源]



ん〜、ベストな選曲なんて無い!!と言い切った訳ですが、やはり「幼虫の危機」「アルタネイティブサン」「不思議のマーチ」「モーニングウォーター」「マスク」「スイカの行進」「うわさの人類」「予期せぬ結合」辺りが入って無いのにベストとは言えないと思いますね。これ、ファンの方なら共感して貰えると思うんですけど、如何でしょう?「プヨプヨ」と「パイク」の原曲も入って無いし。改めて言う様ですが、まずはオリジナルアルバムから揃えるべき!!Yeah!!


と言うことで、アルバム収録曲は皆様持っている体で、それ以外の曲の感想を書いていきます!!ご購入の参考になれば幸いです♪

#4.白いハイウェイ(作詞:巻上、作曲:巻上・海琳)
アルバムに未収録のシングル曲です。ヒカシューのスタイリッシュさとキャッチーさとユーモラスさが3拍子揃ったアップテンポな名曲。西部劇でも始まりそうなシンセフレーズが、この曲のキモ。ギターもなんだか西部劇風。そこに淡々と叩かれるスピード感溢れるドラムとクールな巻上ボーカル。曲名の通り、白いスポーツカーで高速でも走りに行きたくなるAメロです。そこから同じ様にスタイリッシュなBメロへ、盛り上がるし格好良い。しかし後半「それが〜最後の〜陽気なひげっき ハッハ!!」最後の掛け声が絶妙にダサい。そこからサビに。「パノラマ♪パノラマ♪パノラマ〜♪♪パノラマ♪パノラマ♪パノラマ〜♪♪」もはやスタイリッシュさの欠片も無い間抜け具合。これが同じ曲なのか。超好き過ぎる(笑)。CDに同封されている解説によるとカーステレオのCM用に1時間で作った曲だそうです。凄いな(笑)。この曲は、真剣に間抜けなPVも是非見て欲しいです。いや〜、大好きな曲。

#9.18才のドンキホーテ(作詞:巻上、作曲:山下)
ラジオドラマ「三銃士」のテーマ曲として作られた未発表曲。サックスがメインで演奏されるアップテンポで明るい名曲。繰り返されるサックスのフレーズは、8ビートのドラムと相まってスピード感抜群。そして、それに載せて歌われる巻上さんの伸び伸びボーカル。ああ素晴らしいそんなサビから始まります。Aメロはサックスが鳴りをひそめベースがメインに。盛り上げてって最後は巻上さんの雄たけび「キャー!!」で次のメロへ、Bメロはスピード感はそのままに演奏が抑え目ムーディーに(笑)。いやはや慌ただしい曲だこと(笑)。間奏は、まさにサックス無双です。フロアタムのリズムパターンと合わさってまぁ〜心地良い。この曲は、どれがメロでどれがサビだか良く分かりませんな!!はい。とってもバンドバンドしている所が私は好きです♪

#11.ドロドロ(作詞:巻上、作曲:井上)
シングル「20世紀の終わりに」のカップリング曲です。タイトル通りドロドロしたスローテンポの不気味センチメンタル曲。いかにも初期のヒカシューらしい、チープなリズムマシンにチープなシンセベース。そして、不安を煽る様なシンセ音にチロチロギター。巻上さんの歌い方もまた演劇的で、もう曲全体的に凄くおどろおどろしいです。もうこの感じ大好き過ぎる。1st辺りの不思議に不気味な感じ本当に大好き。間奏のサックスがまた絶妙に不安を煽って来て痺れちゃう。あ〜、もう唯一無二。超好き。

#12.プヨプヨ(80年渋谷公会堂ライブ音源)
ここからが本番と言っても過言ではないです!!鬼格好良い!!!!!しかも音質が激良いです!!!!ヤバい!!!!いきなり頭の入り方が他のライブ盤と違うのです!!なんともキュートで気持ちの悪い曲が始まるよ――!!!!って感じのイントロが加えられているのです!!ここのシンセとタムとギターの織りなす感じとか、もうヨダレものですwwwそして、いつもの演奏に入って行くんですよー。キレーに入って行くのー。スムーズにー。おぅ、気持ち悪くて最高だぜ。サックスの音色も最高。とにかくシンセのバミョバミョ感が最高。何より、このアレンジは、メロがリズムボックスでサビが生ドラムと両方使ってる所が痺れるんですよー。てか、マジで音質が良過ぎる。左からシンセベース、右からシンセ音、あー幸せすぎる。全部の音が凄く綺麗です。神。

#13.パイク(80年渋谷公会堂ライブ音源)
これ1曲だけの為に買っても良いんじゃないかと思う程に格好良いです!!とにかくアップテンポ!!オリジナルに追加されているイントロからもうトップギアで格好良過ぎる!!繰り返しのフレーズを弾いてるギターとベースの上から降り注ぐ神聖なシンセと縦横無尽に走り回るドラムのタム回しの折りなすハーモニーがヤバ過ぎて、テンション爆上がりです!!!!「ヒカシューLIVE」のベースソロから始まるアレンジも大好きですけど、爆発力で言ったらコチラの方が数段上ですね!!!!なにより音質が良い!!!!で、一番特徴的なんですが、この曲、1番と2番は歌いません!!!!!!えー!?!?!?って感じで初めて聴いた時超ビックリしました!!この曲、1番と2番はボーカルのメロディをギターが弾いているんです!!巻上さんの歌が聴きたい!!と思う一方で、このギターの演奏がメッチャクチャ格好良い!!!!ヤベェ!!!!そして、ギターが沢山入っているし、なんか楽器も沢山演奏されているので、他のライブ音源と比べても、めちゃくちゃ音が厚いし安定しているので、もう聴き応え抜群!!3番から巻上さんのボーカルも入ります!!いやー、もう完璧すぎる!!!!数ある「パイク」のアレンジ音源の中でも一番好きです♪絶対に聴くべき!!解説に【ベンチャーズとの共演ライブ】って書いてありますから一緒に演奏したのかもしれませんね。それに加藤和彦さんと近田春夫さんも演奏に参加しているって書いてます!豪華だな〜。こんなに音が厚くて素晴らしい演奏なのも納得ですね!!とにかく聴くべき。
※追記※
無知過ぎたので少し調べたのですが。この音源はベンチャーズの演奏のゲストにヒカシュー・加藤さん・近田さんと言う状況なんですね!ベンチャーズの作品に収録されているライブ音源では、冒頭にゲストとして彼らを呼んで紹介する下りが入っているみたいです!!(この音源では、その部分はカット)そして、この格好良いアレンジはベンチャーズが「カメレオン」と言うアルバムでカバーした「パイク」が下敷きになっている様です!!なるほど、だから最初の方は歌わないでギターがメロディ弾いてたのか!!てか、カバーしてたことすら知らなかった!!こんなに絶賛していたのに、ホントに何にも知らない私(笑)。しかしまぁ、何度聴いても素晴らしく格好良い演奏だこと♪惚れぼれ。



総評:まずはオリジナルアルバム!!でも、これも絶対に聴いて欲しい!!!!
 

【ヒカシュー感想ページリンク】
あっちの目こっちの目/入念/鯉とガスパチョ/ニコセロンpart3/1978/かわってる/うらごえ/チャクラ開き/ヒカシュー・スーパー/秘蔵PV集/トリビュート20世紀の終りに/
 

 


2017.07.25 Tuesday

スポンサーサイト


20:24 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top