本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< P-MODEL「BITMAP 1979-1992(DVD版)」全曲感想(1992年) | TOP | ハタ鉱泉株式会社「ひやしあめ」飲んで感想。 >>

2015.01.30 Friday

「テレビこどものうた」全曲感想(1996年)

JUGEMテーマ:音楽

この度「テレビこどものうた」と言うCDを購入したので、全50曲つらつらと感想を書いていこうと思います!!ご購入の参考になれば幸いです♪


#1.アイアイ
「アイアイはお猿さんか否か」と言う疑問を持つ人にとっては価値のある歌だと思う。ただ、お猿さんであることが分かったからと言って、それが何に活かせるのか気になる。人それぞれだとは思うけれど、それなら私は、もっと身近な動物をテーマにした歌詞の方が嬉しい。別に植物でも良いし、なんなら暮らしの豆知識とかでも良いと思う。そして気になるのが2番。「アイアイ アイアイ おさるさんだね〜♪」お猿さんと言うか、アイアイって生き物が居ることすらさっき知ったのに、有無を言わさず同調させるのは少し強引かもしれない。なにせ判断材料が少な過ぎるからね。

#2.いぬのおまわりさん
こねこちゃんが泣いてしまうのは分かるけれど、いぬのおまわりさんも泣いてしまうのはどうだろうか。仮にもおまわりさんなのだから、もうちょっと頑張って欲しい。子供とおまわりさんが2人で泣いている図は、それこそ事件じゃないだろうか。2番では、泣きやんだのか、いぬのおまわりさんがカラスとスズメに、こねこちゃんのお家を尋ねます。しかし分からないとのこと。それでまた泣いちゃう。んー、どうして鳥類に訊いてしまうのだろうか、せめて地上で生活している種族に訊けば良いのに。「鳥だと空から地上をよく見てるから、知ってる可能性が高いと思いまして(汗)。」とか言いだすと思うけど、そもそもネコは鳥の宿敵なのだから知り合いとかご近所さんの気がしない。その辺詰めが甘い。加えて言うなら、カラスと雀には後ろに職業が付いていない。(例:カラスのお医者さん・スズメの花屋さん等)。つまり、おそらく両者とも働いていないのだ。訊く相手を間違えている。しかし、そもそもの時点で、この異なる動物達の言語は一緒なのかどうかも怪しい。また、こねこちゃんが、知っているにも関わらず、個人情報をむやみに出したくないから隠していると言うケースも考えられる。おまわりさんと言っても100%信用できる時代では無いのだ。そうこう考えていますが、僕が一番可能性が高いんじゃないのかと思うのは「こねこちゃん野良猫説」です。野良猫なので、お家も名前も、端から存在しないのです。これなら全てに合点がいきますよね。万事解決です。

#3.パンダうさぎコアラ
テンションが上がっていく順に並び替えた方がいいと思う。この場合「うさぎコアラパンダ」だ。そうでないと、パンダが来た後にウサギが来ても、イマイチテンションが上がらない。と言う状況に陥る可能性が非常に高い。うさぎは置いといたとしても、コアラとパンダなんて滅多に会えるものじゃないので、折角の機会を万全の態勢で迎え入れたい。それともう一つ、仮に竹林でパンダに出会った場合の話。可愛いからと言って「おいでおいで」して自分の方にパンダが寄って来ても、実際は非常に怖いし危ないと思う。見た目が可愛いから誤解しがちだが、実際のパンダは熊みたいなものだとよく聴く。なのでやはりそう言った状況の時は、「おいでおいで」などでは無く、死んだフリがベストな対応なのだろうか?うーん、気になる。そう言ったところは歌詞で一切触れないなんて、これは不親切だな。


4曲目以降は【続きから】になります!!
頑張って書いたので、是非ご覧ください!!


#4.パパはこまったちゃん
パパも仕事で疲れているのに、文句言い過ぎでは無いだろうか?パパは途中でいつも寝てしまうのだ、それほどに疲れているのだ。正直、きちんとした態勢で布団やベッドで寝ないと十分な睡眠効果は得られないと思う。その結果、翌日も通常より疲れが溜まり易く、また今夜もお話の途中で寝てしまうのだろう。そんな悪循環の歌だと私は思いました。赤ずきんちゃんがオオカミ食べちゃうなんてオカシイ!!と訴えているが、オオカミ料理なんてどっか北欧の国とかでは普通にありそうだ。我慢しよう。何?パパがママに甘えているのがみっともないって?そんな光景が日常で行われている家庭がどれだけ幸せか考えてみようじゃないか。家庭崩壊・一家離散が増えている御時世ですよ、子供が生まれても尚ずっと嫁を愛し続けているお父さんなんて、とてもとても素敵な人じゃないか。そんなことしか不満が無いなんて、十分幸せな家庭じゃないか。よし!「パパは素敵、ママも素敵」って題名にしよう。もしくは「ぼくはまだ本質を理解していない」でもいいな。

#5.あめふりくまのこ
いや、雨が降って出来た小川に魚は居ないでしょ。それくらい、熊だからって常識的に考えれば分かるでしょ。ねえ。馬鹿じゃないんだからさぁ。それとね、やっぱり熊だからって、雨の日に川に近付くって行為は認められないよね。氾濫したら危ないでしょ。下流の雨がそれほどでも無いからって油断しちゃダメなんだって。それで死んじゃったら、どうするの。親の熊だってとっても悲しむよ。そこら辺はしっかりと教育しといて欲しいよね。あとね、「くまのこ」って言い辛いの。「こぐま」の方が言い易いし分かり易い。

#6.とんでったバナナ
まず、バナナに自我があることを知らなかったので非常に驚きました。今までそのような事を考えたことすら無かったので、まさに目から鱗です。子供たちと鳥はバナナを食べようとするのに、ワニだけはバナナと一緒に踊り出すと言う辺りとても興味深かったです。自我を持つバナナとワニのダンス。想像するだけで楽しげですよね♪しかし、運命のいたずらか、踊っていたバナナ君は調子に乗り過ぎて飛んでってしまいます。着地点がまさかの船長さんの口の中。そして食べられてしまいます。うーん、可哀想。しかし、バナナとして生まれた彼は、海に落ち誰にも食べられず腐ってその生涯を終えるのと、果物としての本分を果たし船長さんの血と肉となり人生を終えるのと、どちらが幸せだったのでしょうか。これは考えさせられますね。

#10.ふしぎなポケット
誰でも思います。「ポケットを叩くとビスケットが増える」と歌っていますが、これは単に割れてしまっただけではないか?と。しかし、その可能性は低いでしょう。一般的に"1つ"のビスケットを半分に割ったとしても、それを"2つ"とは表現しないと思います。また、実際問題として、叩くたびにビスケットが一カケラづつ上手く割れていくなんてことは起こりにくいのでは無いでしょうか。この歌では、ビスケットを最終的には"とう"まで増やしています。4等分辺りまでは出来るかもしれませんが、それ以上は砕け散ってしまうと思います。なので、上記の考えの可能性は低いと思います。さて、ここからはポケットを叩くとビスケットが増えるものとして考えていきます。この歌は何度も同じ内容を歌っていますが、ハッキリ言って無駄です。次の式で良いのです。「X=1+n」。なので、「ポケットのなかには、ビスケットがひとつ〜♪」も、「ビスケットのか〜ずは、えぬたすいちだ〜♪」これでいいのです。これで完結。非常にスマートです。さて、別の問題です。ビスケットが"とう"も入ったポケットは気持ち悪くないでしょうか。だいたいポケットととしか言って無いですけど、ズボンのポケットでしょうか?ジャケットのポケットでしょうか?どこなんでしょう?ジャケットの内側の胸ポケットだったら、なんだか温もりが伝わってて気持ち悪いですよね。お尻のポケットのなんてもっと食べたくないですし、それに座る時に困っちゃいます。座った衝撃が"叩く"にカウントされてしまったりしたら、それこそコトです。だいたいポケットにビスケット入れてる人なんて気持ち悪いですし、お裾分けも要らないです。個別のビニールに入っててもお断りです。自分で食べるにしても、ビスケットってバターたっぷり使っているので、太らないか気になります。それに歯にくっつくし、喉が渇くので、叩いたら牛乳が湧き出てくるポケットも一緒に無いとキツイです。でも、そんなポケットは持ってません。つまり牛乳は別で買わないとってことです。面倒臭い。さて、ここまで色んな問題について考えてきましたが、とても気になる歌詞をご紹介して締めようかと思います。それは最後の一文。【そんなふしぎなポケットが欲しい〜♪ そんな不思議なポケットが欲しい〜♪】。まさかの願望。"ふしぎなポケット"まさかの願望。それ歌い出しに言えよ。

#11.南の島のハメハメハ大王
若干。若干ではありますが、「下ネタっぽいな」と思ってしまいますね(笑顔)。純朴な子供の心をいつから私たちは忘れてしまったのでしょうか。そういうことに気づかせて貰える素敵な歌だと思いました。

#12.ごひきのこぶたとチャールストン
「ゴボウとブタのチャーハン」に見間違えてしまいますので、中華が食べたくなるので要注意です。こぶたと言えば3匹が定説。それが5匹ともなると"多い"と思ってしまいますね。だいたい中華料理屋でセットメニューを頼むと、思ったより"多い"です。「うわー、セットなのに2つとも1人前づつのレベルで来ちゃったよー(汗。」みたいな感じになります。あの気前の良さは何なんでしょうね。もうね、中華って油物が多いから、そうなって来ると食べる前から健康面が心配になって来ちゃいます。「うわー、こんなに食べ切れる訳無いよー(汗、てか、絶対太る(汗。」とかねー。でも、そんなこと思いながらも、結果全部食べちゃうんですよねー、なんだかんだで。ほんと中華って美味しいよねー。

#13.むしばのこどものたんじょうび
どれだけ客観視した曲名なんだ。若干ひきます。どの立場の人が付けたんだろう。本人だったら「むしばのぼくのたんじょうび」になっているだろうし、親だったら実の息子を「こども」なんて突き放した表現しないと思います。名前や愛称でも無いあたりがまた怖い。きっと、見たことある程度の知り合い未満の人が付けたのでしょう。わぉ。しかも、人の特徴を外見的にも分かり辛い"虫歯"で表現する辺りが不気味です。こんなの言われた側も困りますね。A「ほら、あの虫歯の子。今日誕生日なんだってよ」B「えっ!?どの子!?全然分かんないんだけど!!(気持ち悪いなコイツ汗。)」こうなること請け合い。百歩譲って"骨折"とかならまだしも"虫歯"って。どういうことだよ。でも、誕生日は知ってるみたいな。ひゃー。さて、話は変わって、歌詞で気になる点を発表します。こちらの子供さん、誕生日には「甘いお茶」を飲むそうです。こちらは予想するに「午後の紅茶-ストレートティー-」で間違いないと思われます。そして「ブドウやバナナ、アイスクリーム」を食べられることに喜んでいます。んー、ひっかかる。それって普通の日でも食べられるよね?生活に余裕が無いように思える。これは、なんとも複雑な家庭事情が隠れていそうです。こうなってくると、先ほどの曲名を付けた人は、"子供が生まれる前に別れた旦那"や、それに近い親類の可能性が考えられてきますね。それならば、名前は知らないけれど、誕生日は知っている等の条件もありえてきます。なるほど。ちなみに歌詞には"ママ"しか登場しません。さて、話を戻します。この誕生日の子供、虫歯によって前歯が無くなっているそうです。よくもまあそんな状況で呑気に誕生日のお祝いなんて出来たものだな。しかし、何故親は、そんなことになるまで気づかなかったのだろうか。子供に興味が無かったのだろうか。否、このお母さん、子供に誕生日ケーキを作っていますし、歯磨きをキチンとするように躾もしています。と言うことはつまり、お母さんが子供に興味関心が無い訳では無く、仕事が忙しい等の理由により細部まで見てあげれていないのでは無いか。そういう推論の方がしっくりきます。いつもは忙しくって構って貰えないお母さんが、誕生日の今日だけは、たっぷり自分の相手をしてくれる。そんな思いが背景にあるならば、前歯が無くなる程の痛みを堪えてでも、お誕生会を決行したくなる気持ちも分かりますね。

#14.おおきなくりのきのしたで
なぜ、「おおきなくりのき」に拘るのかが分からない。視野が狭い。

#15.わらいごえっていいな
おとうさんが"ワッハッハ" おにいさんが"イッヒッヒ" おかあさんが"ウッフッフ" おねえさんが"エッヘッヘ" おとうとが"オッホッホ"なるほど。見て貰えば一目瞭然だが、お父さんが集団の足並みをズラしている。この場合おとうさんは"アッハッハ"と笑うべきだ。みんな"ア行"なのに、お父さんだけ"ワ行"なんて許されない。改善するべきだ。そして、もう2点気になる所がある。お兄さんの笑い方が下品である点と、弟がカマ臭い点だ。2人とも要注意。さて、ダメな点を立て続けに発表した為、あまり良い印象が無くなってしまったかもしれませんが、果たしてそうも言いきれません。この家族、今時珍しい4人兄弟です。お父さん・お母さん、少子化対策に貢献しています。素晴らしい。そして何より、家族みんなが笑顔でいる点。これは見逃せませんよ。この不況の中、大家族で家計も楽では無いでしょう。なのにみんなが笑顔だなんて、本当に素敵なことじゃないですか。お見事です。ありがとう。

#26.おべんとうばこのうた
入っている内容。「おにぎり」「にんじん」「さくらんぼ」「しいたけ」「ごぼう」「れんこん」「ふき」。オイ!!何だよコレ!?なんでもっと揚げ物とか冷凍食品とか入ってないの!!これじゃテンション上がらないでしょ!!!!メインのオカズが無いでしょ!!!!こんなお弁当じゃ、何処にも行けないでしょ!!!!ルンルン気分も台無しでしょ!!!!とか、そんな反応を私がすると思いましたか?甘いですね。腐っても二十代中盤。私も、野菜の美味しさが分かる年齢になっているのです。なので上記の内容でも全然構いません。むしろ無暗に揚げ物がテンコ盛り等の内容よりかは、こちらの方が嬉しく思えるくらいです。舐めるな。強いて言わせて頂けるならば、「さくらんぼ」は中途半端なので要らないですね。周りとの調和を乱しております。そんなお飾りに裂くスペースなど、この弁当箱には無いのです。そこで変わりに「さつまいも」を入れてみるのはどうでしょう。語呂も良いですし、これは名案ですね。即採用間違い無し。あと、「とりにく」が欲しいですね。それと「ひじき」。以上。

#30.こぶたぬきつねこ
このタイトルを見て、私も皆さんと同様に、あることを思い出しました。「アメリカンクラブサンドってムカつく」そう、これが頭によぎりますよね。【パン・具・パン・具・パン】って並びだから、一部だけ取ると残った部分が中途半端になっちゃって、もうどうしよう。凄い困っちゃう。もうそれ考えだしちゃって食べれないよ。【パン・具・パン・パン・具・パン】って並びなら問題ないのに。むしろそれが自然なのに。誰が考えたんだよ。名乗り出ろよ。そう言う気分になっちゃいますよねー。切り離したいと言うことです。さて、次に気になる点ですが、「ぶた」だけ「こぶた」。「ぶた」で良いんじゃないでしょうか。こちらの曲のキーになっている"しりとり"の要素にも全く影響がありません。気になります。そして、二番の歌詞は鳴き声に変わる訳ですが「ブーブー」「ポンポコポン」「コンコン」「ニャーオ」。はい、たぬきだけ「ポンポコポン」。これ、仮に私がたぬきだったとしたら悲しい気持ちになります。仲間はずれは辞めましょう。たぬきにだって鳴く権利はある筈です。「じゃあ、あなたはタヌキの鳴き声ってどんなのか分かるんですか?」って作り手の方は言われると思いますよ。まぁ、そう考えますよね普通。私もタヌキの鳴き声なんて知りません。しかし、逆なのです。(今回のケースの様に)子供の教育の一端を担う童謡等に於いて、タヌキの鳴き声を軽視し省略してしまっているからこそ、現在、タヌキの鳴き声が広く知られていないのです。今こそ改革の時なのです。立ち上がれニッポン。

#31.サッちゃん
自分の事を名前で呼ぶ女は嫌いです。そんなのに碌なヤツはいません。しかし、バナナが大好きと言う点は可愛らしいですね。あんまりバナナ大好き!!って女の子居ないですよね。ギャップがあって良いんじゃないでしょうか。下ネタで無いことを祈ります。さて、「サッちゃんが遠くに行ってしまうから忘れられて寂しい」と思っているそこの君。忘れられるのは、遠くに行ってしまうからでは無くて、君が地味だからに他ならない。君に魅力が無いからに他ならない。都合のいい解釈をする癖は直した方がよい。どうせ、遠くに行ってしまわなくても、君とサッちゃんは中学生辺りで違うグループになり、自然と存在を忘れられること請け合いだ。調子乗んな。

#32.げんこつやまのたぬきさん
このような性生活をおおっぴらにするものじゃないと思う。名前と住所まで晒して、国民の大半に知れ渡ってしまって恥ずかしくないのだろうか。私だったら生きていけない。だいたい順番的にもおかしくないか。授乳プレイから始まって、一旦仮眠した後、抱っこして貰って、おんぶして貰って、帰るとか。なんとなく逆じゃないか?と言うかそもそも、抱っこはギリあるかもしれないけれど、おんぶって、相当マニアックだぞ。もう何考えてるか分からないです。しかし、それもその筈であろう。気づいている人も多いと思うのですが、この方、仕事もしないで、このような不埒な行動だけして一日を終えている。しかも、翌日も、その翌日も繰り返しているようだ。つまり、働いていないのに連日風俗通いな訳だ。もう、どう考えても大富豪の可能性が高い。なるほど、道理で私の様な一般的かつ常識的な考えを持つ者には理解が出来ない訳だ。納得。






総評:すいません。限界です。
私には、これ以上童謡にイチャモンを付けるのは無理です。
だって、
だって、
俺は、
童謡が、
好きだからーーーーー!!!!!!

Yeah!!ヽ(^o^)丿
このお茶の濁し方どうよ?
2017.12.11 Monday

スポンサーサイト


12:29 | - | - | - | - | - |

コメント

くだらなすぎ(褒め言葉)てニヤニヤしてしまういい記事だと思います
2015/02/25 2:04 AM by なかな
なかなさん!
初めまして!コメントありがとうございます!
そう言って頂けると、この上なく嬉しいです♪
2015/02/25 8:26 AM by みみ

コメントする









▲top