本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< POLYSICS 「FOR YOUNG ELECTRIC POP」全曲感想(2002年) | TOP | 有頂天「ピース」全曲感想(1986年) >>

2014.09.13 Saturday

さよなら、また今度ね 『夕方ヘアースタイル』全曲感想(2014年)

JUGEMテーマ:音楽

「さよなら、また今度ね」は、曲が変わっているから良い。そうでは無かった。。。

通算3枚目の作品『夕方ヘアースタイル』!!!!

 

夕方ヘアースタイル


このバンドに関しては、全て褒めます。と言うか、今作もまたその様なことを言い続けられる作品で安心した!そして確信した!やっぱこのバンドは日本音楽業界の未来だわ!!

何がそんなに良いのか?と言うと、全てになってしまうんですが、なかでも「曲が変わっていて面白い」と言うのが、このバンドの良さの最たる点、、、なんですが、、、なんだと思っていたのですが、、、まさかまさかのこのアルバム、、、曲が変わっていないです!!今までに比べて結構な王道っぷり!!なのに!なのに!!どこまでも彼らの良さが溢れ出ていてヤバい!!音楽的にもバンド的にもしっかりしている!!荒削りで変わってるから面白いのかと思ってましたが!そうじゃ無くても、激良い!!衝撃!!ホントに、ホントに、これじゃ無敵じゃないですか!!ヤバいっしょヤバいっしょです。

なんか、ジャケット通り、実家の畳の部屋で作ったような荒削り何それデビュー大暴れアルバム「菅原達也菊地椋介佐伯香織渋谷悠」と、変な曲はそのままに、無駄に高いクオリティと爽やか感抜群のセカンドアルバム「P.S.メモリーカード」。そして、王道なのにらしさ爆発の今作「夕方ヘアースタイル」。なんか!なんか!なんか!!カードが揃って来た感がヤバい。最近ホントに、このバンドの曲ばっかり、エンドレスリピートしてます。マジ魅力的。

でわ、全曲褒めます。

#1.クラシックダンサー
うにょうにょしたシンセとドラムソロから始まるミディアムテンポのギターロックソング!!凄い王道ど真ん中なのに、「さよなら、また今度ね」らしさが溢れ出ている。先にも書いたけどこれがかなり意外だった。しかし、「君は『なんちゃって』しながらモジモジした後すぐポカリ飲むーー!!」なんて歌詞もぶち込まれているし、これは、どう聴いても「さよなら、また今度ね」。凄いぜ。凄い意外だぜ。サビがまた良い。シンプルでキャッチー。なんか聴いてるとポカポカした気持ちになる。なる。って言うか、させられちゃう。みたいな。

#2.ミルクアイス
アルバムの中でも群を抜いて好きな、4ビートテンションガチ上がり突っ走りツインボーカル曲。始めて大々的にフィーチャーされた佐伯さんのボーカルが、超可愛い&菅原さんの声との相性が良過ぎて、バンドの可能性が一気に広がった感がヤバい。どんだけ期待させるバンドなんだ。曲の方は渋谷さんのひっぱたく様な無理矢理なフィルインで強引に始まり(←好き)、そして、4ビートに合わせてギターのリフが炸裂する。このフレーズがまた、なんなの!ってくらいに格好良く間抜けで、可愛い格好良い!!マジでこのフレーズが好き過ぎてヤバい。格好良く弾いてるのに、最後のチロチロチの間抜け具合がめっちゃ好き。そして、歌詞がまた良い。2人の登場人物の視点で、それぞれ同じこと歌うんだけど、ちょっとづつ違うんだわ。面白い。でも、それ以前に毎度のことながら、歌詞自体が、やっぱり良過ぎる。「あたしそこの角で曲がるから、ついてこないでってさっき言ったでしょ。あれほどフォンダンショコラがいいって、あたし言ったはずなのに。こんな寒い日にアイス食べられるわけないじゃん」。これね、【仲良しな2人の些細過ぎる喧嘩。でもどおせ直ぐ仲直りするであろう。】って言う場面が容易に想像出来るのな。ヤバい。良過ぎる。「あんたの生まれた時代、この時間、この土地、この場所で」って歌詞もヤバい。超良い。何気にバラバラじゃ無くて絞る様に二つづつなんだよねー。あと、単純に語感が良い。「ミルクアイスに思い出はないぜ、しょんぼりすんなよ離れ離れさ、本能寺の変からの話さ、戻れない昔話さ、大晦日、息白く」こんな歌詞誰が書けると言うのであろう?一字一句完璧じゃないか!ヤバい!!何がヤバいって、この情景を選んで、尚且つ想像出来る様にしてるところで、しかも物語性もあるのに、物語になんか出てこないような普通の日常の幸せを選んでるところがヤバい!!もうね、気持ち溢れ過ぎてまとまらない!!

#3.Q
いきなりなスピード感が凄まじいし、切ない。なんと言う王道なロック。「僕が一生掛けて教えてやる。大事なのは『重要じゃない』ということだ」「朝起きてすぐ泣いて笑ってそれからやっと歯磨きする君へ」やばい。感動。こんな歌詞に惚れない訳が無い。ホントにヤバい。一方で同じ曲の中で歌われてるとは思えないこちら「刀は武士の魂だ!それも素晴らしい!!」なんだコレ笑。なのに凄く感動させられてしまう。なんだこの謎説得力。感動。この感じがこのバンドの良さ。佐伯さんのコーラスが足されるCメロの、入りのタイミングが非常に好き。

#4.配管工と姫と怪獣の歌
権利の都合で収録されないと思っていた初期の名曲「マリオ ピーチ クッパ」。タイトルは変わってるけど、おそらく歌詞は変わってないかな?幻の曲にならないで嬉しい限りです。ゆったりと優しい曲調に乗せて、区切りが無い独特の歌い方が、非常に面白い。そして一見すると、よく分からないけど、噛み締める程に伝わってくる等身大ドラマチックな歌詞。まさに、「さよなら、また今度ね」の初期の名曲ですね。このイントロの優しいピアノのフレーズ、大好きだわ。このバンドの凄い所は、演奏やら技術力が、めちゃくちゃ凄い訳でも無いのに、むしろ簡単そうですらあるのに、キャッチーで脳にこびり付くメロディを作っちゃうところなんだよねー。ホントにそう思う。最後の「ウフフなんて言っちゃってさ」のリピートが、超良い例。もう、ずーっと脳内にエンドレスリピートされます。良過ぎ。「明日の昼まで君と寝たい カーテンで寝たい わけのわからない顔がみたい」なんて秀逸な歌詞なんでしょう。こんなの他のバンドじゃ思い付けないわ。関係無いけど、赤白黄色のコードってことと、自主制作PVを観た限りは、歌われてるマリオは「ファミコン」じゃ無くて「スーファミ」のマリオ。初ワンマンの客入りBGMがスーパーマリオワールドのサントラだった衝撃を聴くたびに思い出す。

#5.夕方とカミナリ
このアルバムで一番好きな曲。歌われる様に「夕日でシャンプー」した様な切ないのに明るくて、ちょっと変わっててほっこりするミディアムテンポの曲。切ないのに明るいキーボードのメロディと、謎のおっさんの声をリズムよく鳴らすイントロからして意味わかんないけど泣けるし、テンション上がる。サビから始まるんですが最後に「うー、うー、うーー、ううーー」と不安定な声を付けるのが特徴ですねー。ここがなんとも放課後っぽくて良い。とてもリズミカルに「さっぱりしたね君の髪型、休み時間の時に気付いたのさうー、うー、うーー、ううーー」なんと言う格好良さだ笑。「真っ赤に染めた夕方放課後、分かりそこねたカミナリの原理」「やったらやりっぱなしの僕だけどさ 君が夕方なら 僕はカミナリを打てるくらいの 才能努力を 情熱を 放ってやる 放ってやる 放ってやる」いやはや、良過ぎる歌詞。

#6.世界の結婚式
ここまでプラス思考(?)な曲も、このバンドでは珍しく感じる。ギターとシンセとドラムでガツンと演奏される結構壮大なスケールの幸せ曲。そんなバンドだったっけ?って感じもする笑。歌う感じは前半2分のみで、後半2分は「こうしたい ああしたいぜ〜♪」の繰り返し。もちろんコレが脳内にこびりつく。だいたい、普通なら「ああしたい こうしたいぜ〜♪」って歌うと思う。そうで無いのが、このバンドらしさ。


いやはや、ホントに大好きだわ。もうね、発売されてからずーっとコレばっか聴いてる。もう、ホントに好き。前のアルバムやら、無料配信された曲とも相性がめちゃくちゃ良いから、シャッフルとかで、もうずーっと聴いてる。もうホントに良い。



総評:もう、ずーっと聴いてる。
 

【さよなら、また今度ね感想ページリンク】
P.S.メモリーカード/夕方ヘアースタイル/

 


2017.12.11 Monday

スポンサーサイト


02:21 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top