本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 第3回〜右足で早く踏む〜 | TOP | つしまみれ 会場限定シングル「献血ソング」 感想(2010年) >>

2014.02.16 Sunday

第4回〜左足でテンポを一定にする〜


ドラム未経験者をある程度叩けるようにする付け焼刃の練習法(私なりに考えた説明)

※注意※
遊びでドラムやってみたい人とか、急いである程度叩けるようにならなきゃいけない状況にある人に向けて書いてます。私は特別上手いとか詳しい訳ではありませんので、かなり内容は間違ってるとこもあると思います。真面目にドラムを学びたい人、上手くなりたい人、キチンとやりたい人は、参考にしないでください。と言うか、参考にならない。


第4回〜左足でテンポを一定にする〜

今回は、「左足をピョンピョンさせて、テンポを一定に保とう。」というお話。前に書いた、「考え方」と「右手で早く叩く」と「右足で早く踏む」とこれさえ覚えれば基本的な事は、これでおしまいです。遊び程度なら、ここまで出来るようになれば、十分楽しめます。あっという間でしょ。早速本題へ。

私の個人的な考えとして、ドラムがバンドの中で最低限求められることって【テンポキープ】だと思うんですよ。難しいフィルインとか複雑なリズムとか、そんなの後で出来るようになれば良い話だと思うんですよ。でも、テンポをキープすることは出来なくちゃダメだと思います。逆に言えば、テンポさえ一定に保てれば、あとは最悪なんも出来なくても良いと思いますし、周りが上手かったらそれで成り立ちます。なので、そこをしっかりやりましょう。

第1回の「考え方」の時にもチョロっと書いたのですが、私は左足をピョンピョンすることによってテンポを一定にしています。次に右手を補助的に考えて、スネアとバスドラはそれに乗っけるようなイメージです。左足は何があっても一定でピョンピョンし続けさせると、右手が複雑なリズムになったり、難しいフィルインを入れたり、何にもしない静寂の時間があったりしても、テンポがブレません。あと、ミスったり、ズレたりする時があったとしても、左足だけは一定でピョンピョンしていれば、全体としてはテンポは変わりません。すべての基準を左足にするのです。メトロノームに合わせて練習する時や、曲を流して一緒に練習する時なども、全て左足でテンポを合わせて、そこに合わせるような形でやってます。

上手い人は、左足のこれをやらなくてもテンポキープが出来るんですが、私は下手なので出来ません。あと、これに頼るようになると左足を使うハイハットのオープンクローズの繊細なコントロールが出来ませんし、それやる時にテンポがズレやすくなります。けど、急いでるんだしまぁ別に良いよね♪


左足をピョンピョンさせるのはハイハットの上で行うのが基本的です。
iPhoneImage.png



ペダルを踏むと閉じて、離すと開きます。上と下の二枚の開いている状態の幅は好みで良いんですが、私は指1本分くらいが丁度良いです。
iPhoneImage.png


基本的にライドシンバルやフロアタムを叩いている時はハイハットのペダル上でピョンピョンさせます。ハイハット閉じて叩く時は、つま先をペダルに付けて、かかとでトントンします。ハイハットを開いて叩く時は、ペダルじゃ無いとこでピョンピョンします。

と言う訳で、実際にやってみました。ライド→フロアタム→ハイハット(クローズ)→ハイハット(オープン)→ライドの順です。






こちらは足元をアップにしたもの。




そんな感じでやってます。

普通、同じ曲の中ではテンポは変わりません。なので左足のピョンピョンは一定です。AメロBメロがゆっくりしていて、サビで一気に加速して盛り上がるような曲も多いですが、実際はテンポは変わってません。早くなっているような気がするだけです。と言いつつ、音楽詳しく無いのでテンポの定義もよく分かってませんが。とにかくたいていの曲では、一曲の中で左足ピョンピョンの速さは変わりません。この動画を観て、言いたいこと感じとって下さい。




なんとなく分かったでしょうか。

で、さっきも書いたとおり、左足のピョンピョンを一定にすることで、他の手足が動いていない時もテンポを一定に保つことも出来ますし、左足ピョンピョンだけ崩さなければ、あとは適当になんかボケっと叩いててもなんとかなります。適当に叩いてみましたんで、言いたいことは汲み取ってください。





みたいな。既にちょっとズレてるけども、まぁ良いよね。最初に下手糞だってちゃんと伝えたし知らないよそんなの。

そんな感じで、左足を一定にキープするとやり易いよ!って話でした。

これでもう基本的な事は終わり!!あっという間でしょ!!出来そうでしょ!!いやまぁ突き詰めていくとキリが無い話だけどさー。でも、やっぱ下手糞でもドラムってやってて楽しいんだよね。あとバンドもね、凄い楽しいの。最近出来て無いけど。私、引っ込み思案だったんだけどドラムやり始めて、バンドとかサークルとかもやらせて貰って凄い楽しくて、もう音楽大好きになったから、そういうのが伝わればなぁ〜って。なんかやったこと無い人にとっては、全く想像付かないじゃん楽器とかバンドとかって。やってみたいな〜と思っても、未経験者大歓迎!!って雰囲気じゃないし。むしろ怖い感じするし。未知の領域と言うか。下手糞は引っ込んでろみたいな感じあるじゃん。でも、そんなの気にしないでやってみて欲しいなぁ〜。って。楽しいよって。迷ってるならやってみて欲しいな〜と思って、なんかやり始めるきっかけになればな〜と思って書きました。いや、だって実際楽しいんだもん、下手糞でも。それを伝えたくてこれを書いた訳!!私如きが教えるなんておこがましいと思ったけどもね。みたいな、良い雰囲気で今回は終わります。これは良い雰囲気ですね♪最終回っぽいですけど、もうちょっと続けます。誰も読んでないでしょうけど!!Yeah!!

2019.09.15 Sunday

スポンサーサイト


18:06 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top