本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 第1回〜基本の考え方〜 | TOP | 第3回〜右足で早く踏む〜 >>

2014.02.11 Tuesday

第2回〜右手で早く叩く〜


たぶんドラム未経験者でも3日もあればある程度叩けるようになるであろう練習法(我流)


※注意※
余興でドラム叩くとかのレベルの話なので、本気でやる人は相手にしないでください(汗。


第2回〜右手で早く叩こう〜


とりあえず、【左足ピョンピョン】【右手で早く叩く】のと【右足のキックを早くする】コツだけ覚えれば、趣味とか結婚式の余興、身内ノリレベルのドラムはイケると個人的には思ってます。バンドの他のメンバーが上手かったらなんとかなります。これだけでも、なんかドラム叩いてるっぽいです楽しいです。なので、おこがましいですけど、私のやり方をお伝えします。


今回は、【右手で早く叩く】ってことなんだけど、その前にスティック持って無いよね?どんなの買えばいいのか迷っちゃうよね?「最初っから軽いのを選ぶと、あとあと重いのに対応できなくなるから、初心者は重いのを選ぼう。」なんて意見もあるけど、後でも糞も無いので軽いので良いと思います。てか、重いのって疲れるし、豆出来るしで私は嫌い。私は本当に軽いの使ってます、具体的に言うと「Perl HAND MADE 7H」です。よくもまぁそんなに軽いの使ってるねって感じですが、まぁ別に良いよね。軽いからかすぐ折れるけど、まぁ別に良いよね。てか、実際は好みだからどれでも良いんだけどね。


と言う訳で、本題の【右手で早く叩く】についてなんだけど、8ビートだと右手ってハイハットとかライドとかフロアタムとかをたくさん叩かなきゃいけないのね。で、遅いテンポのだったらいいんだけど早いテンポのだとちょっと早く叩くやり方覚えなきゃ追いつかないのね。あと、疲れちゃう。だから、それを覚えましょう。


とりあえず、この動画を観て頂きたいです。最初は【普通に無理矢理早く叩いてる時】で、二番目が【アップダウン奏法(?)】って言う手首を使って早く叩くやり方。で、三つ目が私オススメの【なんかアップダウン奏法をちょっと変えて叩きやすくしたやり方】です。







観た?今回は三つ目のヤツについて説明します。二つ目のアップダウン奏法(?)でも良いんだけど、いかんせん私は下手糞&体力が無いので疲れてしまうんです。アップダウン。三つ目の奴は1時間ぐらいやってても全然疲れないからオススメ。てか、よく分かんなかったと思うけど、そんなに難しくは無いから、ご安心を。


まず、スティックの持ち方なのですが、正しい持ち方は知りません。ただ私のやり方だと、親指を上に向けて、親指の腹と人差し指の第二関節周りで持ちます(写真の青いところ)。
iPhoneImage.png



ギュッ!!
iPhoneImage.png



別角度からだと、こう。
iPhoneImage.png



で、動画のように力は入れずに、トントントントン叩く訳です。






こういう感じなんですが、これ見てもまだよく分からないと思うんですよ。なのでもっと分解すると、基本的には指2本だけでグリグリやってるイメージなんです。





指で持っている所を支点にして回すように、行ったり来たりさせるようなイメージ。

iPhoneImage.png


これならちょっと分かると思います。


で、それを、シンバルにあてる時に1発目を手前、2発目を奥にあてるんです。これは指の動きはそのままで肘から先を回すような感じで。手首は動かさないのか?って感じですが、このやり方は、あんま意識してしません。てか、親指を上にしてると手首そんな動かせないです。1発目を打ったら前に押しつけるようにしてそのまま2発目を打ちます(親指を手前から奥、人差し指を奥から手前の気持ち)。で、2発目の後はスティックを1発目の後の時よりかは、少し大きく手前に戻しながら後ろに下がって(親指を奥から手前、人差し指を手前から奥の気持ち)、そして前に向かって次の1発目に行きます。それの繰り返し。もう一回、前の動画で確認してください。


で、基本的にはそれで良いんですが、速さの上限値を上げる意味と、スティックを安定させる為に、中指・薬指・小指でトリガーみたいな予備動作をします(前の写真のミドリ部)。どういうことかは、動画を見て。






別角度からになります。




人差し指側からのスティック押す力が、点から線に変わりました、そんなイメージです。


練習する時は、本物のドラムセットじゃ無くても良いですが、跳ねかえって来る物に向かってやると良いと思います。よく言う週刊少年漫画とか。あとこの練習をするときも左足を一定のリズムでピョンピョンさせて、それに合わせるように練習すると良いです。みたいな。


これで合ってんのかな?って思いながらも延々やってると、勝手に良い感じになりますので御心配無く。たぶんコツ掴んだら数分で出来ます。


まぁ、そんな感じで右手は早く叩きます。正しいやり方かは別として。

2019.09.15 Sunday

スポンサーサイト


20:16 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top