本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< aiko 「astral box」 全曲感想(1997年) | TOP | aiko シングル「桜の時」 感想!!(2000年) >>

2014.01.05 Sunday

バチバチソニック 「バチバチソニック」 全曲感想(2011年)

JUGEMテーマ:音楽


最近のマイブームアルバムです。

バチバチソニック!!!!
iPhoneImage.png

バンド名でもあり、アルバム名でもあるみたいです。てか、それしか書いてないです。

「ちょっと待って!バチバチソニックって誰よ?」って人に説明してあげたいんですが、アルバムにもメンバー名しか表記してないので個人的にもよく分かってません(笑)。PEVO1号がギターと主な作詞作曲のバンドと言った印象しかないです。歌詞カードによると、ベースは伊藤英紀さん、ドラムは005Harryさんとのこと。そして、ボーカルがseogramさんと言う女性とのことですが、この方の歌声が無機質感と言うか、素人感と言うか、とても独特なのです。とてもプラスチック色なのです。癖になる。勿論PEVO1号が作曲しているので、電子音もたっぷり入っていてニューウェイヴ色全開です。バンド+打ち込み電子音+無機質女性ボーカル=安定のニューウェイヴです。てか、この歌の歌詞もPEVO語たっぷり入ってるんだけど、PEVOとの関係性は、どういう位置付けなのだろう?「ちょっと待って!PEVOって何よ?」って人への説明は、しません。


このバンドの曲って、個人的には「うわー!こりゃ凄い曲だぁあああああ!!!!」では無くて、「ん?そうそうそう、俺が聴きたいと思っていたのは、こういう曲!!そう、こういう曲を聴きたかったの俺!!」って感じ。まぁ、あんま伝わって無いんだろうけど、80年代ニューウェイヴ好きな人が好きな曲なんですよ。痒いところに手が届く的な。分かってんじゃーん!!的な。でも、だからといって直接的な元ネタとかがある訳では無いし、似てる曲も思いつかない。つまり、好きな曲が増えたぜ!!って話。


でわ、全7曲の感想を書いていきます。

#1.Ey-Say
アップテンポな単語を言う系の曲です。好き。サーフなギターソロから曲がスタートします。そして、ギターが居なくなり、ボーカルが無機質に単語を歌います。それに沿う形でシンセのメロディ。演奏自体は非常にシンプル。間奏はシンセソロですが手弾き感満載のニューウェイヴ仕様。超良い。サーフテクノ。全然違うかもしれないけど(笑)。

#2.C-bo
「ボクハドコカラキタノカナー、オー↑シー↓エーテースポットー」と言う糞無機質ポップなサビから始まる4つ打ちノリノリダンサブルナンバー。この脳にこびり付くサビの後は、ギターとシンセで渋いフレーズをジャーンジャーンテレテーテーと弾き、4つ打ちに合わせたシンセイントロに繋がります。これ打ち込みなのでしょうが、電子音詰め込む感じでは無くて、あくまで手弾きっぽいです。そこが良い、痺れる。歌部のメインメロディは前半はベース、後半はタムを交えたドラムフレーズになります。うーん、この無機質ダンス感。ヤバイ。アルバムで一番好き。

#3.CR-cyc
「ピポピポポピポピポポピポピ」と言う電子音が鳴ったと思いきや四つ打ちに合わせて演奏される楽しげなギターフレーズ。とても、楽しげで明るい。歌が始まると、先の電子音が繰り返される中、息を鼻から同時に出しているかのような不安定なボーカルである。魅力的。打ち込みっぽい電子音が加わった後に、少し変に不安になるシンセソロが2小節分入ってサビへ。このサビも短いしパンチが無くて凄く変。間奏はギターとギラギラしたシンセ。このアルバムの中では割と騒がしげかな。好きです。

#04.El-ope
なんかクラフトワークを思わせるシンセベースのソロが鳴ったと思ったら、ギターとシンセで別の切なメロディを奏でたと思ったら、急に電子打楽器が渦巻く中アップテンポな曲に。しかし、実際鳴らしている音は少なく切な系。かと思いきやサビは激しい、123、12345、1234、1234と言うような、つんのめりサビ。ロックです。ロックです?ニューウェイヴです。割とこの曲はボーカルも力強い!!

#5.Rov
「ローテー(?)、、、ビュー、、、コントロール、、、アース、、、」の繰り返しで始まるミディアムテンポの曲。ドラムはドンタンドンタン。シンセも常にリズムを刻んでます。割と大人しめの曲。これも言葉を歌う系の曲ですね。

#06.Run Program
インスト曲。「ポクポクポクポク」と言うクリック音に合わせて演奏される曲はギターもシンセも目立ちまくりかつ、とても変拍子かつ、かなりのアップテンポ。いきなりPEVO風味炸裂のテンションあげあげシンセフレーズが来たかと思いきや、今度はギターのフレーズ。しかしこのフレーズがまた「これおいこれどこで切れんだよ!?」って思うくらい変な長さに変なリズム感で変で気持ち悪良いです(笑)。インストだからか他の曲に比べると、思いっきり演奏している感じ。てか、めっちゃ良い。めっちゃ気持ち悪格好良い!!

#7.Space Disco
グングン突き進み歩くって感じのミディアムテンポの曲です。ドンタンドンタンのドラムとシンセベースに乗せて、ボーカルも力強く歌います。「サァ!!」って言ってから歌うのが凄く良い。間奏部とサビはゆったりギターとゆったりシンセが絡み合って、ちょっと心にグッとくる感じ。これは、個人的にはウォーキング・探検・冒険・ちょっぴり悲しいことがあった時とかに聴きたいです。なんか元気出る系。



総評:あなたの聴きたかったニューウェイヴは、ここにあると思う。
 

≪PEVO関連のCD感想ページ≫

NON-STOP PEVO!/バチバチソニック/

 


2017.06.23 Friday

スポンサーサイト


00:50 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top