本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 平沢進のお兄さんが始めたニューウェイヴカフェバー「Gazio」に行って来たのでリアルな感想。 | TOP | 航空電子LIVE DVD 「BABY STEALTH 3」 感想(2009年) >>

2013.07.31 Wednesday

「アーバンギャルド」「ライブ」「男性」「1人」「客層」とかで調べている方へリアル感想
恋と革命のアーバンギャルドツアー〜前衛都市、五年目の真実〜

JUGEMテーマ:音楽


アーバンギャルド好きだから、ライブ行ってみたいけど「ファン層とかどうなのかな?」「女の子ばっかりで男が行っても浮かないかな?」「しかも俺の周りアーバン好きな奴いないから行くなら1人だし...」とか、思ってるあなた!男性25歳中肉中背ニューウェイヴ大好きな私が実際行ってきましたので、リアルな感想と雑なレポを書きますので読んで参考にしてみてください。先に言っときますけど

総評:その心配はそんなに障害にならないから!そんな心配遥かに凌駕するくらい本当にメチャクチャ格好良かったから!アーバンギャルドのライブ観れるうちに観といた方が良い!!本当に、これは言い切れる!!行って後悔したら謝っても良い!!でも、謝ることはおそらく無い!!もうこれより下の文読まないで今すぐチケット予約するべき!!もう読まないで良いよ!!!!


と言う訳で、恋と革命とアーバンギャルドツアー〜前衛都市、五年目の真実〜水戸LIGHT HOUSEに行ってきました。ライブの感想だけ読んで下さる方は、【続きから】でお願いします!!

【チケット購入、不安】
ライブ1週間前に、なんか「水戸はチケット余ってる」と言う情報を得たので行ける距離だし軽いノリでネットで1枚チケット購入することに。1週間前なのでチケットは当日ライブハウスで受け取るとのこと。「ふむ、こんなに直前なのに本当に取れた。人気無いのかな?」とか思いながらも取れたことを喜ぶ私。チケット確定してから数時間後、ふと「アーバンギャルドのライブに行く人って私みたいなニューウェイブ好きな人ばっかかな?」「男女比は半々かな?」と、気になったので一応ネットで検索することに。すると、どうも【女性が大半】【熱狂的なファンが多い】というように出ました。「マジかい。俺、男一人で行ったら絶対浮くじゃん。CDもだいたいレンタルのにわかファンだし(-ω-;)」ってことで即チケットをキャンセルする作業に。しかし、クレジット決済のなでキャンセル不可。もう、当たって砕けろの精神で行くこと決定。


【会場到着】
仕事を午後休取りまして、水戸駅に着いたのが17時。チケット引き換えが17時30分から。ライブは18時30分開場、19時開演。「まだ、そんなに人居ないだろう」と思いながらも駅からライブハウスにテクテク(意外と距離ある)。そして丁度17時30分過ぎに水戸ライトハウスに到着!も、ビビって素通り。横目で確認する限り女性が15人前後(セーラー服を着てる人も多い)。男性が2人。これは行きづらい。しかも、女性ファンは中高生が多いようだ。(セーラー服が多いからそう見えただけかも)。これは25歳の私、行きづらい。が、頑張って引き返し、ライブハウスに入りチケットゲット!!


【物販】
チケットをゲットするや否や逃げるようにその場から離れようとする私。しかし、入り口の物販が既にやっているようなので心臓バクバクで確認。スポーツタオル(1500円以下)と「ガイガーカウンターカルチャー」(CD)が売ってたら買おうと思っていたのだった!しかし、スポーツタオルはファイバータオルという何か良い素材で出来ているもので2500円だったので断念。CDもベストしか無いと言う事で断念。「なんか他に良いのあるかな?」と観てると、なんと!【コンドーム】発見!!「バンドのオフィシャルグッズでコンドームとは、やりおるな(笑)」と衝撃&ニヤけたが使う相手がいないので断念。一目散に近くのモスバーガーへLet's Go!!


【開場】
モスバーガーを満喫し終え、会場の時間になったのでライブハウスに戻ると、わぁビックリ!!溢れんばかりの女性の数!!100人以上は居たかな?やっぱり年齢は若めだけど大学生も社会人っぽい方も結構いました!!あれ?てか、男性もさっきの想定以上には居るぞ!!15%くらいは居るぞ!!よし、何とかなるな!!と思ったんですが、やはり国道沿いで大量の女性&セーラー服に囲まれると言うのはなかなか恥ずかしかったー。

そして、開場し番号を呼ばれます。1週間前に買ったので番号はかなり後ろでした。入場してみると、会場の中は女性で埋め尽くされてます。ささっと空いてる後ろの場所を陣取る。呼ばれるのが遅くて良かった!あんまり早く入っても場所とかどうしようって絶対なってた。結果的に天馬さんの真正面の位置でベスポジでした。

演奏始まるまでの待ち時間が1人の場合もっとも嫌だと思うんですが、流れていた【女の子戦争(もっとテクノなインストMix)】とか【セーラー服を脱がないで(デジタルハードコアMix)】みたいなのとか異常にカッコ良かったのであっという間に時間が過ぎてしました。あれ会場限定でもいいから販売して欲しいわ。

てことで、女性が大半でドギマギしたのはライブハウスに入って場所決めるまでです!後は何一つ問題無かったです!!見てる限り、女性でも1人の方は多そうでしたし、別に1人でも奇異の目とかでも見られる訳でも無いので大丈夫です!!だいたい、自分と同じバンド好きな人を変な目で見ないよね普通。


お待たせしました。いよいよ本番!!ライブの感想は続きからになります!!


 


恋と革命とアーバンギャルドツアー〜五年目の真実〜 水戸ライトハウス 2013/7/30

まずはセトリ!ファンの方のツイートから引用させて頂きます

1.初恋地獄篇
2.都会のアリス
3.女の子戦争
4.ベビーブーム
5.東京生まれ
6.スカート革命
7.あした地震がおこったら
8.コミック雑誌なんかILLかい
9.病めるアイドル
10.水玉病
11.都市夫は死ぬことにした
12.コンクリートガール
13.生まれてみたい
14.修正主義
15.さよならサブカルチャー
16.ガイガーカウンターの夜
【アンコール】
17.ももいろクロニクル
18.セーラー服を脱がないで


という訳で初めてのアーバンギャルドのライブの感想になります!!以下箇条書き

・とにかく一番思ったことは、シンセもドラムも生演奏が多くて全然テクノポップバンドじゃ無かった!マジでロックバンドに電子音だった!俺の大好きな形だった!!てか、ニューウェイヴパンクバンドだった!!

・女性ボーカルである浜崎さんは歌声がCDと同様もしくはそれ以上の歌声を見せつけてくれました。要所要所の官能的な動きにエロスを感じさせ、戸川純ちゃんを彷彿とさせるSっぽい表情。ヤバい。そうかと思えばMCで喋ると普通の可愛い女性!!なんだこのギャップ!!これは皆やられるのだろうよ。俺はやられた(笑)。そして男性ボーカルの天馬さん。曲中はコミカルに動く動く!!煽る煽る!!MCは下ネタ炸裂で会場大盛り上がり!!こんな1人でも十分にバンドを引っ張って行けるフロントマンが2人もいるという贅沢さったら無いと思った。

・フロントマン2人の振り付けがイチイチポップでキャッチーなので、目が離せない。目を離すと勿体ないとすら思ってしまった。

・MCが思ったより多かったが、見事に全部面白くてずーっと笑ってしまった。
「手首ザックJAPAN!!アーバンギャルドです!!」「助さん角さん性的な意味でやっておしまい!!」「大洗では'※んこう'が有名らしいです!う?ち?ま?」「水戸には'かいらくえん'という場所があるらしいけど、何その卑猥な場所!?」等々下ネタ前回でしたが超面白かった。

・エヴァンゲリオンを官能小説のようにした謎の詩の朗読。意味分かんな過ぎて、腹抱えて笑った。

・コール&レスポンスが天馬「セックスはお好きですかー!?」 客「大好きで――す!!」。客層が女性大半なのにこんなことさせて。超笑った。

・メンバーが登場するなり「キャーーー」と言う黄色い声援で、アイドルのような扱いを受けていてビックリしましたが、観終わった後は、「これはハマる人が多いのも分かるわ」と納得(笑)。あと意外だったのは、なんか皆、体揺らしたり頭振ったりせずに旗を振ってました、1人だけガンガン頭振っちゃったけど(笑)。物販で売ってるみたいなので、次は買おうかな。

・あと、女性が多いので大半の男性はおそらく一番後ろでもメチャクチャ視界良好です!激しく暴れまわったり、ぶつかったりってノリは無かったですね。手を振ったり、ジャンプする程度かな?なので終始快適だったかな。

・衣装は浜崎さんが「白いヒョウ柄タイツみたいなの」→「赤に白の水玉の服」→「セーラー服」と変わって行きました。全部可愛かったし、全部アイコンになるなぁとも思った。天馬さんは「白いヒョウ柄タイツみたいなの」→「灰色スーツ」→「ワイシャツスーツ」でした。こっちもこっちでキャラが立ってたな〜。存在がキャラ立ちしてるって、やっぱり凄いな。

・「ベビーブーム」では、印篭からコンドーム出して投げてました!欲しかったな〜。

・「あした地震が起こったら」では、天馬さん退場し、浜崎さんが詩を朗読してから始まりました。これ、なんかピアノの音と浜崎さんの声がマッチしてて感動的だったな〜。

・「コミック雑誌なんかILLかい」は逆に天馬さんが居て浜崎さんは居なかったです。もうね、初音ミク仕様のリカちゃんをぶんぶんぶん回してました(笑)。ロックでした(笑)。

・「病めるアイドル」では、アイドルさながら合いの手が入ってたね。「よーこちゃん!!」って言ってたのかな?

・ドラムについて、ライブでCDの音どうやって再現するんだろう?とかなり思ってたんだけど、これが凄い意外だった。生ドラムと電子ドラムを混ぜたというか2in1みたいな特殊なセットになってて曲毎、もしくは曲中に使い分けてんだわ。まぁ〜ビックリした。全部打ちこみ任せじゃない生のノリが入ると一気にニューウェイブっぽくなるから本当に心地良かった。ドラムの新しい方法を見た!って感じで感動した。CDよりだいぶ存在感があるので、どの曲もだいぶロックで気持ち良かったー!!格好良かったー!!

・途中ドラムソロあり、旗の付いたスティックでガンガン演奏しててカッコ良かった!!その後シンセソロ!!ショルダータイプで前に出て、ロックなバンド演奏に合わせておそらくクラフトワークの「The Robots」のフレーズを弾いてた様な気がする!!

・アーバンギャルドではライブ中にケータイで写真撮って「セックスなう」とつぶやくのがお決まりだそうです(笑)。天馬さんがツイートしてる時に、浜崎さんが「この時間いつも暇なんだよなー」と文句言ってるのが可愛かった。

・浜崎さんの「お前らまだまだ行けるんだろーー!!」「水戸に来て欲しかったんじゃないのかーー!!」と言う強めの煽りが終始可愛かった。おそらく歌じゃない地声も可愛い。

・あとMCでは、全国ツアー中で2週間くらいメンバー家に帰って無かったみたいなんですが浜崎さんは耐えきれずに水戸来る前に一旦家に帰ったそうです。「こんなおっさんどもと長期間一緒に居れるか」と吐き捨ててました(笑)。家に帰ったらネコが寄って来てくれたらしいです、そこから天馬さんのニャンチュウモノマネが繰り広げられるのですが(無駄に上手い)、「こんな汚い猫なら要らない」と浜崎さんに言われてました(笑)。それと、「東京からフランスまで12時間なのに、北海道から茨城が19時間ってどういうことだよ!!」って文句言ってたのも面白かったです。

・それと!ベストアルバムに握手券ついてたんで冗談みたいなノリでやるのかな?とか、思って持って行き、ライブ後も会場に残り握手会に参加したんですが、なんか思ったより凄いきちんと握手会でした(笑)。メンバー5人が一列に並んでいる所を握手して行くんですが1人当たり実質5秒くらいしか時間無いのね、だから2言づつくらいしか話せなかったです(笑)。スタッフの人に肩を掴まれて横に移動させられるとかね何か変な気分だったわ(笑)。何も考えて無かったので「凄く良かったです!」とか「格好良かったです!」とかありきたりな事しか言えなかったけど、メンバー皆様かなりの低姿勢でしっかり握手して応えてくれて。なんかもう、「応援しよう!」って思いました。

と、言う事で改めまして


総評:エネルギーの塊をぶつけられてきました。アーバンギャルドのライブを観ているとどんどん元気が出てきます。一発で虜になりました。語弊がある言い方かもしれませんが、このバンドのファンには病んでる子も少なく無いと思います。でも、それは傷の慰め合いをする為じゃなく、動き出す為の活力の源をこのバンドから受け取れるからなんだろうな〜とか思いました。上手くまとまって無いけどニュアンス伝われば良いよね?要するに、また行きたい。
 

【アーバンギャルド感想ページリンク】
少女都市計画/少女KAITAI/不良少女のアーバンギャルド/前衛都市、五年目の真実。(ライブ)/
 

02:49 | 音楽全般 | comments(0) | - | - | - |
2017.07.25 Tuesday

スポンサーサイト


02:49 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top