本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 平沢進 「現象の花の秘密」 全曲感想(2012年) | TOP | ポップコーンメーカーで自宅ポップコーン作り♪ >>

2013.01.02 Wednesday

Perfume 個人的オススメ曲 感想

JUGEMテーマ:音楽


こんにちは、管理人のミミです。
今回は、私の中で人気急上昇のアーティストを紹介します!!その名は....

「Perfume」!!!!!
Spending all my time (初回限定盤)(DVD付)

「えっ!?今頃パフューム!?まぁ、ちょっと流行ってたけど、今は下火だよね(汗)。」みたいな人が、多いと思います。私もその一人だったけど、色々あって変わった!!という訳で、以下好きになるまでの流れ!!


〜Perfume好きになるまでの流れ(コンパクト版)〜

・2008年:「GAME」が発売、一大ブームになった時レンタルしてちょっと聴いたが、もともとダンステクノ的なのが嫌いなので「ふ〜ん」って感じで終了。
・2009年:ジューシーフルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」をカバーしていることを知り、その曲だけ少し気に入る。
・2012年:忘れたころに「JPN」をレンタルしてみて、予想以上に良く驚く。同期のPerfume大ファンの娘にCD全部借りる。徐々に曲にハマる。Perfume大ファンの同期2人にシンガポール公演ライブヴューイング(映画館で観るやつ)に誘われ、行く気微妙だったが、行ってそのダンスと曲の融合性に衝撃を受ける!!

みたいな感じです。やっぱライブビューイングとは言え、生であのパフォーマンスとライブに臨む姿勢を見たからってのが大きいね。あんなの見せられたら誰でもあの3人に凄い愛着沸くし、応援したい!ってなっちゃうって!!そしたら、「所詮は流行りもののアイドルでしょ(飽きれる)」みたいな偏見も消えて、曲の良さも素直に受け止められるようになりますて。てかね、「ダンスとかどうでもいいだろww」と思ってたんだけど、まぁ〜3人のダンスのシンクロ率とキレがキレキレでヤバいんですよ。曲とダンスで一つの作品が完成なんですよ!!もうね、好きな曲は是非とも映像で観て頂きたい!!

とかとか、これ以上書いても収集つかないんで、私の好きな曲をなんとなく古い順でどんどん紹介していきます!!
(順次追加していきます!!)

 

 

ジェニーはご機嫌斜め(Fan Service〜Prima Box〜収録)
上にも書いた通り、ジューシーフルーツのカバー。Perfumeはデビューからある程度は「80年代テクノポップ」って感じの路線だったみたいです。なので、かなりポップでキュートでノリノリなアレンジに仕上がってます!!そして、全編生うたでございます。かなり初期の曲なので声が小学生みたいですが、聴きやすさ、とっつき易さはMAXだと思います。正直、このアップテンポさ加減とテクノポップ加減は痺れます。この曲をカバーしているアーティストも多いですが、自分はPerfumeのが一番好きです。ニューウェイヴ好きは一回聴いてみても損は無いと思う。

おいしいレシピ(Fan Service〜Prima Box〜収録)
ブリブリのニューウェイブテクノでございます。1番だけ8ビートでちょいミディアムテンポですが、2番以降は2ビートに急に加速します。てか、音だとかメロディだとかリズムの取り方だとかが思いっきりテクノポップ過ぎて、もう俺はメロメロです。そのくせ、「恋」を「料理」に例えちゃう歌詞とか途中の掛け声とかが、めっちゃめちゃアイドル!!てか、恋のうたなのに「悩んでるより、とりあえずアタック!!いってまえーー!!」的な感じが小中学生アイドルって感じで微笑ましい(笑)。いやはや、Perfumeの中でぶっちぎりニューウェイヴです!大好き!!なんとなく、もう少し短くても良いんじゃないか!?って思わせるところも、また魅力の一つですな!
 

この辺りから、最近のテクノ路線に変更!!

エレクトロ・ワールド(Complete Best収録)
幻想的なハープのような音色で優しく始まったと思いきや、終末を思わせる悲しい歌詞とメロディ、う〜ん泣ける。と思っていたら、シンセベースをブイブイ言わせて、4つ打ちでぐんぐん進んで行くメロディにチェンジ!!「あっあ、あああ、」という掛け声が合間に入って来ます、CDを聴いてると落胆混じりの掛け声みたいな感じかなと思ってたんですが、ライブでは空手のような振付をしてました!しかも、超盛り上がる(笑)。そうなんです、この曲の不思議な所は「電脳世界の終末」みたいな歌詞とメロディなのにやたら、盛り上がるし大声で歌いたくなるところなんですよ。変だ。ちなみに曲構成もなんか変です。Perfumeの中で1,2を争う名曲。どこに魅力があるのか分かりませんが、「厚みあるテクノ×終末的な世界感×若い女ボーカル」が何故か混ざってる点が良いのかも?超好き。

Perfume(Complete Best収録)
80年代のテクノポップが順当に進化したようなアップテンポキュートポップテクノで元気いっぱいなアイドル自己紹介ソング!!初めて聴いた時は「他人同士だからね いろんな世界 磁力持ったの S極とN極のようにね 今 引き合うの」って歌詞に衝撃を受けた。自己紹介ソングに「他人」ってワード入れちゃうところと、言わばアイドル的な売り方をしようとしてただろうに「磁力」とか、かなり突飛な例えを持ってきちゃうところに衝撃を受けた。それだというのに、このテンションがどんどん上がる人懐っこいキャッチーなメロディ!「ぱっぱっぱっぱっぱっぱっぱふゅ〜む!!」という、みんなが声出しし易いサビ!!なんという組み合わせだ!これは一筋縄では行きませんな!!って感じです。どっかで聴いたことあるなって人は、たぶん「シルシルミシル」

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル(Complete Best収録)
初期楽曲のベスト盤に入った唯一の新曲。売れないアイドルがベスト盤出すってことは=これで終わり。って意味だと思うし、実際それに近いものがあったと思う。そんな感じを考えながら聴くと歌詞もメロディも偉く泣ける。まぁ、実際そうだったのかは知らないけど。しかし、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」ってタイトルで、このちょい悲しめのテクノはヤバイ。本来、私は歌詞とかどうでも良い派なんですが、これはヤバイ。「君たちをスターにしてあげられなくてゴメン。でも、君たちは本当にパーフェクトなスターだったよ。本当にごめん。」って思い出してるみたいで泣ける。曲的にはミディアムテンポ、声もたいして加工してないし、曲もこねくり回してないからかなり聴きやすい感じ。てか、テクノってよりはテクノ歌謡っぽい。とにかくこの曲は歌詞が泣ける。
 

チョコレイト・ディスコ(GAME収録)
何だか曲のグレードが飛躍的に上がった気がします。もう一段上のテクノになってきましたなって感じ。何より、キャッチーでカッコいい四つ打ちメロディと、可愛い歌詞&可愛い歌声、もはや説明不要だろ。チョコレイト・ディスコ!チョコレイト・ディスコ!!チョコレイトディスコ!!

ポリリズム(GAME収録)
なんかこれも説明要らない程の名曲だと思う。この透き通ったシンセ音と、ブイブイのシンセベース&四つ打ち。そして、随所に入って来るポリリズム。う〜ん、繰り返してる感、ループ感満載で最高ですな!!てか、アイドルの曲にあんなバリバリ変なリズムの間奏入れちゃうところが素晴らしい。しかも、シングル曲だし。ちなみにもう皆さんご存じだと思いますが「ポリリズム」とは、なんか違う拍子を一緒に鳴らしてるリズムのことです。たぶん。なんか、気持ち悪い変な感じだなって思ったら、それです。気持ちいいですけど。

Baby crusing Love(GAME収録)
そんなにテクノテクノしてないし、普通のピアノも入ってるし、歌も普通に歌ってるので、かなり聴きやすい曲になっております。普通にキャッチーな曲です。てか、いかにもシングルっぽい分かりやすさが良いね〜

マカロニ(GAME収録)
ふわふわだるだるした曲。ふわふわだるだるしたピアノとドラムでだるだる進むゆるふわソング。なんか間抜けなカウベルみたいな音がより一層ふわふわ感を増させてます。てか、こういうだるふわなお付き合いがしたい。「これぐらいのかんじで いつまでもいたいよね〜」なんて冬に言われたら、もうヤバい。ん?てか、曲名にするほどマカロニな部分が無い気がする。

シークレットシークレット(GAME収録)
音が鳴ったと思ったらフェードアウトして、鳴ったと思ったらフェードアウトして、みたいなので雪が降ったり止んだり的なのを表現してから、曲が始まります。正直このイントロは苦手。でもって曲が始まったらシンセベースブイブイで、小気味良く四つ打ち鳴らしてトントン進んでいきます。そんなにシークレット感無いです、むしろ目立ってます。いや、曲は厚いがボーカルは大人しめか!?サビの入りと「ななめ〜から」ってとこがすげぇ好き。

Twinkle Snow Powdery Snow(GAME収録)
バンバン四つ打ちのテクノ歌謡です。なんか、これも粉雪っぽくは無いですな(笑)。この曲の何が良いかって言うのはAメロ!!Aメロで繰り返し使われてる「ララッラッララー」の無機質リズム感が脳にこびり付きます。これは歌もの!!
 

love the world(トライアングル収録)
超大好きな曲。何が良いかって、なんか余白を残してる感じが凄く好き。やろうと思えば馬鹿みたいに音の渦に出来るのに、そうしないテクノ加減がちょうどいいの。メインのフレーズが単音でピッピコショボイ感じで奏でてるのとか、ドラムが四つ打ち一辺倒じゃないとことか、ボーカルが普通に歌ってるんじゃなくて単語を区切って歌ってる感じとか全てがちょうどいいの。本当に俺の望んでいた理想みたいな感じ。なんかボーカルがテンションあがって無い感じとかもう痺れる。やっぱりテクノポップはこうでなきゃ!って感じ。

edge(トライアングル収録)
Perfumeの中で一番好きな曲。四つ打ちの尖りに尖ったガッツリダンステクノです。メロディはだいたい繰り返しばっかりで6分強。これは、マジで一回聴いてみて欲しい。もはや、Perfumeの3人をアイドルではなく楽器として扱いだした感じがもう痺れに痺れまくってる。「だんだん好きになる 気になる 好きになる」この強烈なメロディが脳にこびり付いてこびり付いて取れないのです!!めっっちゃテンション上がる!!派手なダンステクノなのにボーカルは終始無機質。サビは暗い。ヤバイ。もはや、洗脳かと思うくらい繰り返される、このメロディ。もう超超超超ヤバイ。脳汁溢れ出まくりです。個人的には、インスト部分が足されたアルバム収録バージョンより、シンプルなシングルlove the worldバージョンの方が好き。しかし、この曲はヤバイ。確実にアイドルが歌う曲では無い。完璧!!

ワンルーム・ディスコ(トライアングル収録)
イントロから尖ったシンセ音がカッコ良過ぎる四つ打ち曲。チョコレイトディスコが「ラブキュート」なら、ワンルームディスコは「不安スマート」って感じ。わかりにくい!しかしまぁ、1人暮らし始めたばっかりの不安・心配とちょっとのワクワクが歌詞と加工されて細くなったボーカルでバッチリ表現されてますな!!素晴らしい。しっかし、この曲は思いっきり最近のテクノな音がしますな。普通にカッコいい。最後のドラムのフィルインが、なんだかとっても好き。

NIGHT FLIGHT(トライアングル収録)
タイトル通り、夜の飛行機、キャビンアテンダントってイメージでスピード感ありまくり四つ打ち曲です。暗闇の中を進むがごとく、掛け合いのサビも交えてグングングングン進んで行きます。てかね、音の作り方やら、メロディやらどこを切っても80年代のテクノ!!てか、もうまんまYMOじゃん!!めっちゃ鳴り響かしてるベースのスラップとか、「テクノポリーーーーースッ!!」って叫びたくなっちゃうじゃん!!てか、実際叫んで同期のPerfumeファン2人に似てるよね!って話したけどイマイチ理解を得られなかった。故に自己完結しました、この曲はきっとYMOのオマージュだ。うん、非常にカッコよく昇華されていてヤバイです。この絶妙にダサいメインフレーズとかに痺れっちゃいますな〜。テクノ世代のおっさんは一度聴いてみてもよろしいのではないのでしょうか?
 

ナチュラルに恋して(JPN収録)
メロディは、電子音等をブツブツ切って再構築したような感じです。一曲通してドラムとその再構築音くらいしか鳴って無いので、なんだかスッカスカな感じですが、それが逆にシンプルで非常に気持ちいい。加工されたボーカルも、たいしてテンション上がってないし、もうなんだかほんと、普通って良いよね!って感じでスキップしながら聴いちゃいたい感じ。3分と短いところも良い!ただただ歌わせてるだけじゃなくて、加工してなんかアンドロイドっぽい感じにしてるとこも好き。てか、可愛い。

VOICE(JPN収録)
なんかね、80年代のYMOチャイナ色と90年代J-POPを混ぜたような曲。割とボーカルが普通に歌ってるからボケっと聴いてると普通のミディアムテンポの歌ものって感じ。でも、チョイチョイ脳に引っ掛かる中国的な音色&メロディ。どっかで聴いたことがある気がするというむず痒い感じが取れない!誰か元ネタとか知っている方は教えて頂きたいです。

ねぇ(JPN収録)
この曲の可愛い度合いはヤバい。曲が始まると同時にサビ!「ねぇ ねぇ ねぇ ねぇ 今日はどこに行こうかな〜」とか、こんな歌詞考えんなよ!!もうさ、アーティストとして観てたから、こんなん歌われたら、超可愛くて困る(笑)。そして曲のクオリティもすこぶる良いです。ミディアムテンポでポップなテクノ〜。やはり注目すべきはボーカルを切って音程つけて並べ変えた手法をふんだんに使ってるとこですかね。申し訳ないが、我らが師匠こと平沢進をすぐに連想しちゃいました!「回収船」とかね!!と言っても分かんないと思いますので、この話はこの辺りで終了です。てか、普通にめちゃ可愛いんですけど!

レーザービーム(JPN収録)
「ポップコーン」を連想させるようなピコピコフレーズがメインになって、曲が進んでいく攻守完璧ソング。そう、この曲もどこか懐かしさ溢れるんだよね〜。そして、あんまりテンションあがらないボーカルにキャッチーなメロディ。随所にテクノポップのピコピコ小ネタ。最高。間奏の間の取り方は、シングルでやるもんじゃないだろ(汗)と思わず心配になるほど私の心をときめかしまくりです。「ねぇ」で使われていたボーカル細切りメロディつけ再構築は、この曲でもされてます。ちなみにアルバムバージョンは間奏でのブレイクが無くなって、音声再構築が長くメロディアスになってます。自分はシングルの方が好み!!

GLITTER(JPN収録)
Perfumeに興味持つきっかけになった曲。というか、初めて聴いた時は衝撃を受けた。えげつないテクノなヘンテコフレーズがずーっとループされてるのに、なんかそれ無視して行われるピアノの綺麗なフレーズと、心にしみるボーカル。何だこれ?何でこんな変な状況の曲をアイドルが歌ってんだ?とか、思う隙もなく実感するんです。おーーー!!実際どういう訳かわかんねぇけど、この変態テクノフレーズが、結果的に感動的なボーカルの素晴らしさをめっちゃくちゃ上げてるーーー!!!!ちょっと!この変態テクノフレーズと心に突き刺さるメロディが合わさると涙腺崩壊って、どういうことーーー!!!!超ヤバイ。Perfumeって半端ねェな。で、今です。この曲はPerfumeの中でも群を抜いて構成力がヤバ過ぎる。てか、マジで、この曲は好き。

心のスポーツ(JPN収録)
低く重厚なピアノの音とボーカルのみで始まるので、大人しめの静かな曲なのかと思いきや、いつの間にかめっちゃキュートなアイドルソングになってる!!てか、この曲のアイドルっぷりはPerfumeの中でも1,2を争うと私の中で大反響です。「ほっぺたにキス!キミが好き!ドッキドキドキが止まらないの!!」なんて歌詞なんですもの。この曲ライブビューイングで観ちゃったんだもの。そんなもん可愛いって思うに決まってんじゃん。これさ〜無意識に口ずさんじゃう時多いんだけど、24歳男性(年寄り老けてる)私が歌っちゃったら、もう不味いでしょ〜。もう事件ですわ。しかし、可愛い!しっかし、可愛い!!なんだよ、テクノでもなんでもねぇよ。普通に可愛い。普通に超可愛いから、困っちゃうな!!「ぐるぐるぐるトントン!!」じゃねぇよ(笑)。この曲の時は会場の全員が笑顔だったな〜。また行きたい。
 

 

 


2017.09.18 Monday

スポンサーサイト


23:28 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top