本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< No.14はくばの豚カレー【長野】
& No.15上場亭カレー【佐賀】御当地レトルトカレー感想
| TOP | POLYSICS MEMORIAL LIVE OR DIE!!!
〜祝!!!1000本!!!「おめでTOISU!」と言ってくれ!!!〜 感想・レポ >>

2012.03.02 Friday

POLYSICS 「15th P」 全曲感想(2012年)

JUGEMテーマ:日記・一般


POLYSICSの結成15周年記念盤 『15th P』の感想を書きます。

 

15th P(完全生産限定盤)(DVD付)


まず初めに言っておきますが、自分はPOLYSICSの大ファンです!!
しかし、信者ではない!!!!
なので、良くないと思ったとこは、良くないときっちり言わせて貰います。結論から言うと....


このアルバムは、記念盤としては微妙じゃないか?


正直、ちょっとガッカリしてます。これから書いていくことの中には、文句にも批判にも似たものがチョイチョイ入ってきますが、全てPOLYSICSが大好きであり、多大なる期待を寄せているからこそ、出て来た考え・思いだと言う事を分かって頂いてから読んで欲しいです。



まず、はじめに。これはだいぶ個人的な考えが含まれるんですが
「結成15周年で、また祝うの?」って思います。もっと長いスパンで活動して欲しいいんで10年区切りくらいで良くない?まして、2007年に結成10周年やって、2010年にメジャーデビュー10周年やって、2012年に結成15周年やって、って、こんなんじゃありがたみねぇよ!!でも、まぁカヨ卒業とかもあったから、あんまり強くは言えないけど。それでも、なんかな〜。


次、ジャケットについて。
全身黒タイツで頭に「P」と「15」って形の被り物した人が二人。ん〜、微妙。もっと記念盤なら記念盤相応の感じにしてくれればいいのに。ブックレットも歴代つなぎ着たメンバーの人文字みたいなのが見開きである以外は特に何もなし。寂しくない?やるなら盛大に飾って欲しい。

あと、先に書くけど「Rocket」から「Let'sダバダバ」までのPV(+カジャカジャグー)が入ったDVDね。
これは、案外悪くないです。副音声は二種類A:ハヤシ+フミ、B:ヤノで入ってます。ハヤシとフミの方は面白いんですが、ヤノ1人の方は最後まで聴けませんでした。なんか心が痛くなっちゃって(汗)。あとね、気になってた「カジャカジャグー」なんですが、新PVとかでも何でも無く、普通に今までのでした「National P」に入れてたけどDVD化してなかったから入れました!だって、ちょい期待外れ。



最後に、楽曲達です。

#1.Buggie Technica 2012
三人体制になってからのブギーテクニカです。曲前半にうねるような電子音のメロディが加えられていて、初っ端から結構明るめな雰囲気になっています。ボコーダーでの自己紹介は、メインがハヤシで、ハヤシを紹介するとこだけフミが担当。今までのセリフと比べるとちょっとあっさり感じるかも。「キャーーーー」はハヤシとフミが一緒に担当。曲後半は、あんまり雰囲気変わって無いかな〜。あえて言うなら、ドラムのタム回しが「1st P」に似てる感じに変わったとか。あと、最後はスパッと終わらないで、ジャンジャンジャンーーーンってやります。進化って言うよりは、別verって感じ♪

#2.ありがTOISU!
過去に発売された61の楽曲をセルフマッシュアップした曲。簡単に言えば、61の曲から一部分ずつ切り抜いて新しいメロディをちょっと足して再構築して演奏しちゃったよ!!っていう夢のような曲。ポリの楽曲って、シーケンスのフレーズしかり、ギターのフレーズしかり、それイコール曲のイメージになっちゃうくらい強烈なのが多いから、この曲はすげぇ面白い。ポリの曲を聴いてれば聴いてるほど面白い。数秒くらいしか流れ無いのも多いくせに、それが同時に鳴るもんだから「あっ、今のあの曲だ!!」って思った頃には既に、違う曲のフレーズが沢山流れ去っていく!!楽しい。しかも地味曲やら、そのフレーズ使う?みたいなのも多いから、楽しい。歌詞は「無理矢理つなげただけ」感が否めないけど、もうシーケンスと演奏は最高に次ぐ最強なのだ!!ちなみに歌は3人で歌ってます。個人的には「Let'sダバダバ」+「I My Me Mine」→「New Wave Jaket」→「Digital Coffee」→「Time Shock」の流れが好き。でもでも、途中の「POLYSICS OR DIE」と「Pretty Good」「WEAK POINT」をメインにしたインスト部分の流れも大変好き過ぎる。「Hot Stuff」→「Beat Flash」→「Plus chicker」→「Beat Flash」→「T riangle」な流れは、もはや反則である!!こんなにテンション上がっちゃうんだぜ。これこそまさに、記念盤にふさわしい曲。

#3.Mix Juice
「低速怪しいテクノラップ」→「高速テクノメタル」という流れを繰り返す曲。ラップ部分に面白みが無いし、高速メタル部分もいかにもって感じ。電子音の使い方も、思いっきり打ち込みって感じで微妙かな。ゲストボーカルはチャットモンチーのえっちゃんと、10-FEETのTAKUMAさん。それぞれラップの2番と3番を担当。どちらも、特徴のある、らしさが出ている歌い方で良いとは思うんですが、正直テクノとは合わないかなぁ(汗)。とは言うものの、仮にこの曲をハヤシが歌ってたとしても微妙だと思う。
※追記※
繰り返し聴いてたら、えっちゃんのメロディカルで可愛いらしい歌い方のラップが、妙に気に入ってしまった!

#4.ムチとホース
スネアのロールに乗せて、リズミカルに掛け声あげるサビが印象的な曲。なんとまぁ今までに無かった「スペイン!!闘牛!!オーレ!!!!」って感じの曲(笑)。チャカチャカ小刻みなギターと、ノリノリなベース、独特な裏打ちリズムがスピード感をあおるね〜。いいわ〜、サビ前はキメ、キメ、キメって感じの中で「競馬の実況中継」が流れる!!!!好きです。
※追記※
何回聴いてもすげぇ好き!でも、ふと思った。まるっきりの新曲だし、コラボもして無いし、何でこの曲を記念盤に入れたんだろう?

#5.明るい生活
これだよ、何でチュートリアルの徳井を出すんだよ!!徳井は好きだけど、芸人はダメだろ。。。と発売前情報を見て思ってた曲。聴いてみた感想。この曲は酷いな、アルバムの中で一番好きだ(笑)。「高速スネアロール」→「ハヤシしゃべる」→「高速スネアロール」→「ハヤシしゃべる」→「一瞬演奏」→「無理矢理ハヤシしゃべる」→「一瞬演奏」→「無理矢理ハヤシしゃべる」の繰り返し。何だよこれ(笑)。そして、上記のように、「徳井出るなよ(うんざり)。」って思ってたのに、徳井が歌う三番で盛大に吹き出した(笑)。ふざけんなよ、めっちゃ笑った(笑)。この曲は好き。≪呪いの館には行っちゃいけねぇ≫

#6.友達ケチャ
総勢67人にも及ぶ友達のアーティストが参加するって聴いてたから、どんな曲かと思えば、「チャ」って声をサンプリングして重ねて、リズミカルに流してるだけ。民族的な感じで流してるだけ、演奏なし。約1分30秒。ヒカシューがやってたら普通に聴き流すけど、これをポリがやる必要あるか?「でも≪ケチャ≫ってそういうもんでしょ?」って言われたらそれまでなんだけど、ゲスト総勢70名以上参加!!って煽ってて、これはいかがなものだよ。1人1人の声も判別できないレベルって。

#7.MECHA-MANIA BOY
DEVOのすっごいレア楽曲のカバー。ゲストボーカルでDEVOのマークが歌ってくれてます。コーラスみたいなのでハヤシ参加。このドラムのパターンは好きだわ。あと、このオルガンのようなシンセの音、ゾクゾク来るわ!これかなりDEVOっぽいよね♪YOUTUBEで原曲聴いて比べてみると、そんなに原曲の雰囲気を壊してないのが分かるね。正当進化って感じ。てか、マークの歌声ってやっぱ凄くいいよね〜。個人的には、「Uncontrollable Urge」とか「Girl U want」みたいな有名所選んでもらった方が嬉しかったけど、ハヤシの、自分への御褒美って感じが伝わって来るから、この選曲も受け入れちゃうよね。超カッコいい。

#8. 1.2ダー!
フミボーカル。「パパパヤッパッパー」とか歌ってるのと、いかにも打ち込みな電子音と、リズムが変わって「ワン・ツー・ダーーーー」って歌うサビが、とってもカッコ悪くて微妙。でも、何回か聴いてると微妙に慣れそうで、やっぱり慣れない。2番はGOGOのユウが歌ってる。ここだけ聴いてるとかなりGOGOっぽくて、違和感無い感じ。彼女が全部歌った方が良かったかも。なんだろう、この和風童謡のような雰囲気は、やっぱり慣れそうでいて慣れない。ポリの曲だと思うから余計ダメなのかもしれない。
※追記※
繰り返し聴いてて、慣れたのか前より嫌じゃなくなってきた!ロックなフミ、和風なユウ、色っぽい小島麻由美さん、と3人の女性ボーカルの違いに注目して聴くと面白いね♪

#9.783640
ピアノがメインの明るい曲。「ワーオ、ワオワオワーオー!!」なんて歌ってる。なんだろう、遠足のバスで歌うような、とにかく無駄に明るくポップで、みんなの唄って雰囲気。楽しそうな空気は伝わってくるけど、ただそれだけと言う感じで、あんまり面白くは無いかな。後半ガッツリ、ヤノが歌ってますが、意外と良い歌声でそこだけは面白いと言えよう(笑)。三柴理さんがピアノで参加。
※追記※
ポリで、こんなにピアノをピアノらしく弾く曲は無かったから、そこが聴き所。細かく滑らかなピアノは筋肉少女帯の三柴理(エディ)さんが演奏しています。特別、面白い曲じゃないけど、一緒に歌うと楽しい曲です。3番はヤノが歌います!叫び声じゃなく、普通に歌ってるのは珍しい。そして、なかなか良い歌声(笑)。「メロディーないから叫んで」「これっぽちの境界線」って歌詞が地味に好き。



総評:記念盤としては微妙。企画盤としてはアリかも。
※追記※
でも、やっぱりボリューム不足な感が否めないかな?


 

【POLYSICS感想ページリンク】
1st P/FOR YOUNG ELECTRIC POP/KARATE HOUSE/eee-P!!!/Oh!NO!It's Heavy Polysick!!!/15th P/ACTION!!!/BESTOISU!!!!/シングルカップリング/DVDVPVDVLIVE!!/BUDOKAN OR DIE!!!!/What's This???付属Blu-ray〜ウルトラファイト OR DIE 2日で100曲カブリ無し〜/楽曲元ネタ考察/カバー元比較/ありがTOISU!!元ネタ考察/RIJF2010(ライブ)/マッハAXギュンギュンギュン!!!(ライブ)/おめでTOISUと言ってくれ(ライブ)/


2017.07.25 Tuesday

スポンサーサイト


19:04 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top