本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< POLYSICS 『KARATE HOUSE』 全曲感想(2007年) | TOP | P-MODEL 3rd「ポプリ」 全曲感想(1981年) >>

2011.08.31 Wednesday

グループ魂 「GROOPER」 全曲感想(1999年)

JUGEMテーマ:日記・一般

 
グループ魂インディーズ1stアルバム
99年発売!「GROOPER」!!!!

GROOPER

我らが魂の初音源作品です!曲なんて全然無かったのに、まさかの35曲収録です!!
そう。つまり30曲以上がコントと劇。何だそれって?いやいやむしろ初期のころは、こっちが普通だったのです。だって笑点出てたんだよ、パンクコントロックバンドだよ。最近ファンになった人には考えらんないよね〜。それでも、昔の魂はそれはそれはパンクでロックで格好良かったんだよ!素肌に革ジャンひっかけてね♪スリッパも無地だったし、ロゴだって矢印のだけだったんだよ!まさか、フェスに出たり紅白出たりだなんて誰も予想できなかった、そんな時代のCDをご紹介!!

当時のメンバー紹介
Vo.破壊(阿部サダヲ)、Gt.Vo.暴動(宮藤官九郎)、Harp.Vo.バイト君(村杉蝉之介)
MC.港カヲル(皆川猿時)
Gt.狂犬(斎藤学)、Ba.小園(小園竜一)、Tp.近藤タクミ、Dr.必殺(岩原幸夫)


バイト君は当時33歳です。カヲルさんは、まだ今のようなキャラではなくグループ魂専属MCである港カヲルという「役」を演じていました。痩せてたしね。トランペットもいましたよ!この人はコントに出だがり過ぎてクビになったらしい。ドラムの必殺はメンバーチェンジ前のビークルのドラムと同一人物らしい。狂犬の辞めた理由は枝豆の栽培が忙しかったからだっけ?とにかく、みんな今とは全然違うのだ!!


このアルバムは「GROOPER」という魂の「ライブ:コント:劇=1:1:1」くらいのイベント(?)を元にしたCDです。収録はされていませんが、このイベントでは既に「東京魂CITY」も新曲として演奏されていました。まぁいいや、じゃあ一トラックずつ感想を書いていきたいと思います!多いから全部一行づつね♪


#1.女は・・・
お決まりのカヲルさんの一言です。17秒って(笑)
#2.グループ魂のテーマ
私が魂で一番好きな曲です。自己紹介ソング、超パンク!!バイト君のハーモニカも大活躍!!歌が「死んでね〜」ネタになってたり、サビが演劇の流れを受け継いでいるところだったり、曲の終りが「ライ!!」だったり、おばけのQ太郎の歌詞パクってたり、もう魂のテーマと言う他に曲名が無いじゃないかというくらいの魂らしい曲。「OOで叫びまくるぜ、ホラ、グループ魂」の部分はライブでは、曜日や場所に変わる。最後がトランペットソロなのがまた、今とは違って面白い。元ネタはバトルロッカーズ「セルナンバー8」
#3.イントロダクション
3人コント。「敗れるに壊すと書いて〜」のネタです。「オイ!!」って突っ込みとか、ホントこの雰囲気好き。
#4.世紀末ハズカム
3人コント。「○○は、○○じゃね〜〜」ネタ。この感じ最高
#5.SEXY松竹梅
3人コント。
#6.オレに聞くんじゃねぇ
3人コント。
#7.淀川先生に捧ぐ
3人コント。てか、ここら辺全部1分未満なんだから、トラック分けなくていいじゃん(笑)。
#8.DEAD OR ALIVE
3人コント「死んでねぇーー!!!」ネタ。魂と言えばこれって感じ。
#9.コール&レスポンス
ライブでもCDでもお馴染みのコール&レスポンスの初ネタです。実にシンプル。
#10.お客様センターの男、1
バイト君扮するお客様センターの男が、クレーマーからの返品要求を華麗にかわすコントです。今回の客は皆川君。声が全然違う!
#11.AC/魂
これまた超大好きな初期の名曲。パンクです。今度は個人個人の自己紹介、一番は破壊、間奏はバイト君、二番は暴動のが、それぞれになっています。歌詞が関白宣言にパクってたり!とにかくパンクでかっこいい。
#12.女は...2
カヲルさんの一言。これは上手い。
#13.おのれのホットドッグプレスとかビッグトゥモロー並みのクソ恋愛観と日本の経済事情の間には天と地ほどの開きがあるんじゃあ!
3人コント。ボケはカヲルさん。「うたえるか〜〜!!」ネタ。
#14.カヲルとティータイム(ゴリラを憐れむ歌)
カヲルさんのラジオ番組風コント。リスナーからの手紙をカヲルさんが読み、魂が突っ込みを入れて曲に移る。なかなかカッコいい曲ではある。歌い終わったらまたコントに戻る。「しにものぐるい」を聴いたときに、すぐにこれを思い出した!
#15.ガブリさん
破壊扮するガブリさんが街の人にインタビューするニュース番組の一コーナー。コント。ガブリさんの、こいつ何言ってんの感が、メチャクチャ面白い。「ぱつんぱつん」にて再登場するが、あれはあんまりだったな。このコントは聴いて損ない!IT'S A ホント!!あっっっ、問題発生。。。
#16.なぜ僕の事まで干す?
カヲルさんの一発芸。だけど、CDじゃ伝わらない(笑)。8秒(笑)。
#17.33
「お前が心配だー!!33歳!!」ネタ。普通に面白い
#18.戦慄のプレパラート
3人コントの後に曲。曲としてのクオリティは低い。
#19.何やっとんすか!!
バイト君が、歌いたいとプロデューサーに抗議の電話してます。途中から曲。バイト君の良さが出てて非常に面白い。「ともかず」を初めて聴いた時、7年かかったなと思ったのだ。
#20.女は...
カヲルさんネタ。下ネタ。
#21.スマッシング魂
長い3人コント。普通に面白い(笑)。やっぱり3人コントは良いいな〜。
#22.時間よ止まれ!ウォッチビーム
カヲルさん一発芸。伝わらない。
#23.お客様センターの男 2
今度は暴動がクレーマー役
#24.ダッチョウキンタマゴーツゴツ
カヲル一発ネタ。
#25.お客様センターの男 3
最後は最強の敵、猫背椿扮する勘違いした女
#26.ガレージ98
3人コントから、コント曲。ガレージパンク夫婦コント曲。ハヤ○マ○ミネタなんか、よく歌えたな〜。てか、よく許可出たな。
#27.STOP!ヒロポン!
カヲル一発
#28.トゥ マッチ ラーメン
3人コントから曲。後に「環七ラーメンウォーズ2002」として新たに2番を付け加えて作り直される。普通に名曲!!
#29.鶴のようなヘビ!
カヲル一発
#30.気違い集落
荒川良々が主役の、なんか昔話のような劇コント。良々の持ち味がめちゃめちゃ良く出てる!そしてCDの利点を生かしていて面白い。ドラマCDのような感じ。着地点が意味分からな過ぎww。7分。みなまでいうな!!
#31.カヲルREMIX
音楽にのせて、カヲルさんの一発芸が聴こえてきます。聴こえてきますけど、いかんせん声だけ。よく分からん(笑)。
#32.メッセージセンター
留守番電話の音声案内が淡々と変な事を言う。そんなコント。演じるは猫背椿。
#33.宇宙から来たロッキンスター
20分もあるロングミュージカルオペラコント。タイトル「GROOPER」は、この劇の主人公ではなく、ライバルの名前。主人公は破壊演じる「ブルマー」、彼は宇宙から来た、世紀末を救う救世主なのだ!しかし、何故か松戸に来てしまう。そして、長崎屋の店長に合うなどした後、ライバル「グルーパー」と救世主の名をかけた対決をするのだ!!この劇コントは面白い。さすがみなさん役者さん。劇中歌は、だいたい替え歌、許可取ってんのかな?とにかく破壊の演技が面白い。そうねそうね。
元ネタ:Queen「Bohemian Rhapsody」,David Bowie「Ziggy Stardust」,Eric Clapton「Layla」,T.Rex「20th Century boy」,布施明「君は薔薇より美しい」,etc...
#34.スマッシュ魂 2
3人コント。少し長めです。これで最後です。面白かった〜。
#35.実験人形ダミーオスカー(ボーナストラック)
魂と関係ないです。木魚・テルミンベースの3ピースバンド。松尾スズキが歌ってます。普通。


総評:コントが面白いのは勿論ですが、バイト君が大切にされてる感じがね。やっぱり昔っからの魂ファンとしては嬉しいよね〜。

 

 

 


2017.09.30 Saturday

スポンサーサイト


21:37 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top