本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 平沢進『SWITCHED-ON LOTUS』 感想!!(2004年) | TOP | No.2『マジックスパイス・スープカレー』【北海道】御当地レトルトカレー感想 >>

2011.05.22 Sunday

ヒカシューのアレンジアルバム『かわってる』 感想(1996年)

JUGEMテーマ:日記・一般


今回は、ヒカシューのアレンジアルバム
『かわってる』の感想を書きたいと思います〜♪

かわってる


かわってる人達の、かわってる曲達が、かわってます。
もう、本当に色々変わってるんで、早速書きたいと思います!!
言わなくても分かってると思いますが、名盤です。そして廃盤なので私は中古で5000円出して買いました。それでも満足!!


#1.20世紀の終りに 『ヒカシュー 』収録
この曲が聴きたくて、このCDを買ったようなもんです。それくらいの良アレンジ。基本的にドラムがフューチャーされたバージョンになっていまして、3つくらい同時にドラムが鳴っています。間奏とかも主にドラムが目立ってます。そして、とにかく巻上さんのボイスパフォーマンスが上がっています。これは聴く価値あり。メロトロンとかギターとかの安っぽい音は敢えて変えて無い感じです。この曲の肝である「イヤヨ」「ハイハイハイ」とかも、原曲通りです。あと、原曲と違ってイントロとアウトロが追加されています。イントロはサンプラーとドラムと巻上さんでいかにもヒカシューな感じ!アウトロは木の笛と多重ドラムとサンプラー超連打で日本のカオスな感じ。超大好きアレンジ。


#2.人間の顔  『人間の顔 』収録
この曲も最高!!原曲が結構「ロック」だったのに対して、こちらは「歌舞伎」と言った感じ(笑)。どういうこと?って思うかもしれないけど、まさにそうなんだから仕方ない!琴とか笛とか和楽器がジャンジャン鳴ってるし「イヨーーーーーーーーッ ポンッ」とかも普通にやってる(笑)。あと、要所要所でいちいち止まるのがまた面白い。巻上さんのボーカルも吹っ切れててGOOD!!


#3.うたえないうた  『丁重なおもてなし 』収録
原曲の暗くて単調な感じに比べて、明るいですし、テンポ早いです。雰囲気的には「チークダンス」に近いアレンジかな?「仮面舞踏会」って感じかも?とにかくそんな感じでピアノがメインです。個人的には原曲より聴きやすいから好き。


#4.天国を覗きたい  『人間の顔 』収録
「ヨーロッパとかロシアのクリスマス」って感じのアレンジ。歌ってないところと、間奏以外はドラムが無く、殆んどおもちゃの木琴とアコーディオン風の音のみです。原曲よりも大人しめで、巻上さんの歌い方も含めて、原曲より童謡っぽい感じになりっています。


#5.丁重なおもてなし  『丁重なおもてなし 』収録
あんまりかわってない。


#6.パイク  『夏』収録
テンポは原曲より、ちょい速いくらい。イントロがあって、あのライブで良くやるカッコいいアレです。全体的には原曲とあんまり変わってないです。けど、ベースラインに沿ってずーっと泡の音がブクブク鳴ってます。あと、間奏は海底で行われている不気味な演奏って感じです。最後に巻上さん3人分くらいのボイスソロがあります。パイクは、ライブバージョンがカッコ良過ぎるから、それと比べたら微妙かも。


#7.もったいない話 『はなうたはじめ~Humming Soon 』収録
超好きなアレンジ。なんか原曲に比べて物凄い緩急が付いてるんだわ。気が緩んだと思ったら、いきなり焦らされたりね〜。ピアノがメインになってます。てか、ホントにこのアレンジ好き!!下手したら一番好き。


#8.びろびろ  『はなうたはじめ~Humming Soon 』収録
超変な原曲に輪を掛けて変です!!最強に好きなアレンジ。メインが数種類のシンセで、ドラムは多分打ち込みと生を混ぜていそう。もうこれだけで変なのにボーカルは、ノーマル+低い声+変なエフェクト声が同時に歌ってて、もう最高!!「痺れいよーろろろー」の後の音が間抜けで可愛い。サビは、急に普通の声が重なりまくりで大合唱!間奏では口琴ソロが炸裂してます、かっけぇ。ちなみに「ぴゃぴゃぴゃぴゃっぴゃっっぴゃ」の部分はシンセになってます。面白いアレンジです。


#9.キメラ  『丁重なおもてなし 』収録
ん〜、あんまり良く変化が分かんないけど、アコギとかギターとか鳴ってるし、バンドっぽい感じが強くなったかな?


#10.日本の笑顔  『日本の笑顔 』収録
「テーマと14のバリエーション」という副題の意味がいまだに分からない。とりあえず原曲より4分も長い。そして演奏はバンドではなく、オーケストラであり、もはや演劇のよう。かなり歌も遅いというか、ホントに演劇のような歌い方。てか、10分間のオペラを鑑賞しているような感じ。


以上。



総評:ヒカシューって、ホントに面白いから好き!!

 

 

【ヒカシュー感想ページリンク】
あっちの目こっちの目/入念/鯉とガスパチョ/ニコセロンpart3/1978/かわってる/うらごえ/チャクラ開き/ヒカシュー・スーパー/秘蔵PV集/トリビュート20世紀の終りに/

 


2017.09.30 Saturday

スポンサーサイト


11:57 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top