本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 念願の電子ドラム Roland『TD-4K2S』買っちゃったー!!!!感想・レビュー
〜怒涛のサンプラー接続編〜
| TOP | BUMP OF CHICKEN 『Smile』 感想(2011年) >>

2011.05.14 Saturday

aiko『恋のスーパーボール/ホーム』感想(2011年)

JUGEMテーマ:日記・一般


aikoの久しぶりのNEWシングル
『恋のスーパーボール/ホーム』の感想を書きたいと思います〜。

 


いや〜、ベストアルバムである「まとめ1・2」を挟んだから、純粋なシングルは久々な感じがするね。ちょっと調べてみたけど一つ前のシングル「向いあわせ」は2010年の4月21日発売だってさ、実に一年以上たってるじゃん!!そりゃ久しぶりだと思うわな!!

さて、今回のシングルは、いつもの「カラートレイ初回盤」と「通常盤」だけではなく、「関西限定仕様盤」もあるってんだから驚きだ。ちなみにそっちは『ホーム/恋のスーパーボール』なんだってね。欲しかったけど関西に友達いないから買えませんでした。プレミア価格になってなかったら、いつか中古で買おうっと。

そんなこんなで、まずはジャケット&8Pブックレットの感想から!!
ん〜、今回のカラートレイは白が多めの水色です。ジャケットのノースリーブaikoと相まって、夏を先取り!!って感じかな。あと、カルピスのCMも相まって。てか、aikoボブにしたんだね〜。個人的にはもうちょっと長い方が好きだったからちょっと残念。ブックレット後半は通常盤ジャケの赤い服を着た写真です、カットは違うけどね。なんか写真見てて思ったけどaiko落ち着いて来たね、だからどうってことは特にないけど。


でわでわ曲の方に入りたいと思います。

#1.恋のスーパーボール
弦楽器とアコギとハイハットの裏打ちで持って行く、ミディアムテンポの軽い曲でございます。今までのaikoの曲に無い、なんとも面白い曲だと思ったわ。ポップでキラキラしたノリの癖にガッツリ弦楽器入れてるとことか、予想に反する全然盛り上がらない気の抜けたサビとかが、どうにも頭に残っちゃって気付いたら何度も聴いちゃってるんだよね。個人的には結構好きだけど、たぶん売れない(笑)。1番2番のサビの最後のメロディは上がるもんだろうと思ってたら、全然上がらなくて気持ち悪良い。好き。


#2.ホーム
てっきり「三国駅」みたいな静かな曲だと思ったら違かった。こちらもまた弦楽器が目立ってるバンドって感じ、#1は4つ打ちっぽかったけど、こっちは8ビートかな。サビ前のピアノのと、間奏のエレキギター(?)と弦楽器の混じり合いがゾクゾクきて良かったけど、他は結構普通かな。嫌いじゃないけど、シングルレベルでも無いような気がする。


#3.いつもあたしは
スローテンポな曲。ピアノとボーカルだけで始まって、2番からバンドが入る。あんまり好きじゃない。



総評:恋のスーパーボールは好きだけど、ちょっとパッとしないシングルになっちゃったかな。
 

 

【aiko感想ページリンク】
astral box/桜の時/桜の木の下/暁のラブレター/恋のスーパーボール/まとめ/ポップとロック/

 

 


2017.06.23 Friday

スポンサーサイト


19:44 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top