本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ホワイトデーなんで彼女にクロカンブッシュ作る!! | TOP | 第15話「卒業 OR DIE!!!!」(終) >>

2011.03.19 Saturday

POLYSICS 『Oh! No! It's Heavy Polysick!!!』感想(2011年)

JUGEMテーマ:日記・一般


新生POLYSICS初のフルアルバム!!
『Oh! No! It's Heavy Polysick!!!』


Oh!No!It’s Heavy Polysick!!!(初回生産限定盤)(DVD付)

初回盤はDVD付きでございます。まぁ、こないだのワンマン『マッハAXギュンギュンギュン』で数曲聴いてますからね、あ〜あの時の曲はCDだとこんなんか、って感じで数周聴きました。

やっぱり聴く前に不安だったのは、前作で感じた打ち込み電子音・シンセサウンドの違和感についてだよね。カヨが抜けた後、一枚目のリリースだった前作はかなり模索感がたっぷりだったわけで。

ただ、CDで微妙だと思った前作の曲もライブで聴いたら結構良かったりして、CDとライブじゃポリの曲って全然表情が変わるのねと再認識した今日この頃。でも、ニューウェイブ好きの私としては、やっぱりCDでもガツンとくる状態にしていて欲しいかったりもする。

話がまとまらないね。キモイね。ジャケットはポリにゆかりのある人がポリの格好してます。メンバー含む人数は裏表紙まで入れると14×6で84人です。多いね。ちなみに歌詞カードの方は選ばれた人、1人のアップ、1ページに1人。そして最後のページには「メンバーはココでした」的な答え発表。言われなくても一瞬で分かるわ(笑)。でも、それはファンだからだろうか?なんかメンバーだけ縁取りされてんのかと思うくらいパッと分かる(笑)。


でわでわ、全13曲 雑感想開始

#1.Heavy POLYSICK
新生POLYSICSの出囃子ソング、待望のCD化。とってもテクノで超テンションあがります。1分チョイと短いくせに「焦らされるメロディ」から「溜めて溜めて」「爆発」って流れで、もう全身痺れるわ。意外と音重ねまくっててね〜、もう一音たりとも逃さないで聴いていただきたい、こりゃ名曲だ、大好き!!でも、今までライブで爆音で流されてたのを聴いていたので、こうやって聴くとちょっとこじんまり感あるかな、多分すぐ慣れるでしょうけどね。とにかく名曲。

#2.Bleeping Hedgehog
上がりきらないサビが繰り返されるアップテンポな曲です。聴きやすくて好き。サビ前のハヤシの区切り叫びも良い。最後にフミが歌うところがあるけど、すっごい可愛く歌ってるから本当はカヨが歌うべき部分だったんだろうなって嫌でも思っちゃう。電子音もやり過ぎてないし、新しいポリの形がより鮮明に見えた。

#3.Let's ダバダバ
PVにもなってる今アルバムの押し曲。四つ打ちのドラムに、わかりやすいサビ、そしてヤノの掛け声。とにかくノリノリなナンバー。ギターもシンセもすっごいバランスいいし、ギターのプチソロみたいなのも、かなり気に入ってる。間奏のギター&ベースのシンクロ後の、打ち込みドラム&ヤノドラムの融合が、何とも気持ちいい。イヤホンで聴くと特に気持ちい。物凄い嫌いな曲だったけどライブで聴いて、めっちゃ好きになった。このアルバムの中で一番好き。

#4.Don't Cry
打楽器のようなシンセメロディから始まるこの曲。メロはフミがコショコショ歌って、サビでハヤシが弾けまくる!!間奏のギターはポリリズム(?)なのかな、すっごい気持ちよい。好き。

#5.Jumping Up and Clash
ハヤシボーカルの歌もの。メインになるギターフレーズはいいけど、けっこう普通の曲ってイメージ。

#6.Go to a Strange City
フミボーカルのちょっと間抜けな曲、AXの感想に書いた「サイボーグ彼女っぽい曲」って書いたのはこれのことね。ハヤシがシンセ弾くから、ベース・シンセ・打ち込み・ドラムっていう変則構成。掛け声はハヤシとヤノがやってんだけど、意外にもヤノの声の方が聴こえる。カウベルのせいか、なんとも間抜けな感じが超好き。あと、歌の歌い方が昔っぽいね。終わり方は、続きがありそうな感じのフェードアウト。 

#7.Cough Cough
ギターとシンセが目立つインスト曲。打ち込みシンセがやたら早いせいで、本来のテンポよりかなり早く聴こえる。曲としては普通かな。「インスト」+「咳き込み」って、どうしても『アモールバッファー』を連想しちゃう。

#8.Smile to me
ハヤシボーカルの歌もの、途中はボコーダー。シンセが手弾きっぽくていいけど、曲としては普通。

#9.サブリミナル CHA-CHA-CHA-CHA
このアルバムの中で一番気持ち悪い良曲。ちょいちょい7拍子、ボーカルが個性爆裂のハヤシとボソボソ歌うヤノ、途中で通販みたいな寸劇が入る、以上の3点が気持ち悪い原因。かーなり好きだけど、寸劇がちょっと飽きるかな。あと、ギターのメロディが、どっかで聴いたことある。てか、良くある流れなのかな?とにかくお気に入りであることは間違いない。

#10.3 Point Time
気持ち悪いドラムは良いけど、どうも薄い存在感な曲。独特な歌い方とか、ボコーダーとか、シンセベースとかが洋楽っぽい。サビはそうでもないけど。

#11.Digital Dancing Zombie
ボコーダー曲。ギターのフレーズがどうも「Modern」に似てる気がしてならない。曲の構成とかが昔のポリっぽいね。別に好きでもない。

#12.Much Love Oh! No!
AXの感想に「サイコサイコさん+Uno Dos」って書いたのは、この曲。まさにそんな感じの曲。そしてヤノの懇親の『Oh!No!』が聴けるのも、この曲。割と好き。このアルバムの裏番長的曲。

#13.Have a Good Night
無駄に早口なハヤシから始まるこの曲、スピード感があって突っ走り良い。フミも可愛く歌う。そしてサビでゆっくりになる、終わったらまた加速!!非常に良い流れだと思う。好き。


総評:どうも過去の曲と被ってるメロディが多いとは思うけど、3人体制になって初のフルアルバムだったら合格点だと思う。「eeeP!!!」よりかは、だいぶ固まってきた感じ。



初回特典DVDについて
特典DVDなのに10曲も入ってるって時点で毎度ながら驚くよね。音質・画質ともに普通のライブDVDレベルです。過去シングル3曲、過去アルバム4曲、新生3曲という構成なので、3人体制になってからのライブを観たことない方にも、コアなファンにも満足のいく内容になってます。
見どころと致しましては、新曲のライブ映像よりかは、過去曲のアレンジ内容を観て欲しいです。ライブに2回行った自分でも、改めて聴いてみると新鮮だったりします。でも、もっともっと気持ち悪くアレンジして欲しい気持ちも強いですが。
あと、なんと言っても「First Aid」のドラムね!!ありゃ格好良過ぎだろ!!すっげぇ楽しそう!!

2020.11.5 リキッドルーム
#1.シーラカンス イズ アンドロイド
#2.Mach 肝心
#3.Tei!Tei!Tei!
#4.How are you?
#5.人生の灰
#6.Rock Wave Don't Stop
#7.First Aid
#8.カジャカジャグー
#9.URGE ON!!
#10.Shout Aloud! 

 

 

【POLYSICS感想ページリンク】
1st P/FOR YOUNG ELECTRIC POP/KARATE HOUSE/eee-P!!!/Oh!NO!It's Heavy Polysick!!!/15th P/ACTION!!!/BESTOISU!!!!/シングルカップリング/DVDVPVDVLIVE!!/BUDOKAN OR DIE!!!!/What's This???付属Blu-ray〜ウルトラファイト OR DIE 2日で100曲カブリ無し〜/楽曲元ネタ考察/カバー元比較/ありがTOISU!!元ネタ考察/RIJF2010(ライブ)/マッハAXギュンギュンギュン!!!(ライブ)/おめでTOISUと言ってくれ(ライブ)/

 


2017.09.30 Saturday

スポンサーサイト


16:29 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top