本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 有頂天 『カラフルメリィが降った街』 感想!!(1990年) | TOP | 平沢進『千年女優 オリジナルサウンドトラック』 感想(2002年) >>

2011.02.14 Monday

平沢進 『パプリカ オリジナルサウンドトラック』 感想(2006年)

JUGEMテーマ:日記・一般


申し訳ございませんが映画「パプリカ」を観てない方は、お帰りください。



という訳で、今敏監督の映画「パプリカ」のオリジナルサウンドトラック買いました〜。

師匠には悪いけど中古です。だってお金無いんだもん(;ω;)。

一曲づつの感想書く前に言っちゃうけど!!
迷ってるんなら買った方がいいぞ!!
俺も最初は、「白虎野」と「映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界」両方持ってるし、サントラ買うなら別のニューウェイヴのCD買った方がいいだろ。って思ってたんだけど(もちろんパプリカは好きだよ)。でもね、買って聴いてその良さに驚いた!!どんな風に驚いたかを、これから書くから、暇なら読んで欲しい。てか、読まなくても良さは変わらないから早く買うべきだと思う。



 改めまして、まずはジャケットから。寝ている平沢の上に蝶が多数舞っているデザインになっています。そんなデザインの紙スリーブの中に普通のケースがあって入ってます。ちなみに後ろは魑魅魍魎のパレード。歌詞カードは一枚だけで広げると寝てる師匠。ちなみに歌詞はパレード(日本語・英語)と白虎野の娘(日本語)が載っています。ディスクもシンプルで黒地に文字のみ。サウンドトラックなのに、ここまで主人公とか主要キャラクターが居ないのも珍しいんじゃないかな(笑)。

さて、曲の紹介。

#1.パレード
個人的には最後の曲ってイメージだからちょっと違和感。でも内容は「白虎野」と一緒です。映画の中でこの曲が流れた時の恐ろしさって言ったらなかったね。ちなみにこの曲の最初の部分と最後の部分は違う曲が流れてるって言ことは平沢ファンの中では常識か?他のファンに会ったことないから分からんけど、知らなかったら調べてみると面白い。

#2.媒介野
OP曲です。この曲の為に買ったようなもんだし、この曲で師匠のファンになった人も多いんじゃないだろうか?「白虎野の娘」のアレンジだけど、歌部分がシンセになっててあと電子音も足してあるね。OPでは1分50秒程度だったけど、ガッツリ4分57秒入ってるんで存分に浸れます。てか、あのOPってパプリカの茶目っ気とか色々入ってていいよね〜。何より映像が綺麗。

#3.回廊の死角
DVD持ってないんでどのシーンか分かんないです、ごめんね。暗くて怖いところで段々早くなる心臓の音。どのシーンだろう?

#4.サーカスへようこそ
いかにもサーカスの音、曲。でも、胡散臭い(笑)。

#5.暗がりの木
プルルル ガチャ 「ハロー?あぁ、神様。いや、そこそこですよ。まぁ、しいて言うなら満更でもないという。ハイ?ハイ?ちょ、戦車の音がうるさくて聴こえな ハイ?天罰?向こうは30年こっちは20年ですよ、もう。まだ?続くの?A・ROR?」の曲です。還弦主義のintro,outroにも使われた、この曲は俺もう超好き。劇中では、所長(?)のシーンで使われてる、優雅な弦の曲。これは聴くべき。

#6.逃げる者
逃げてます。闘いながら逃げてるような、そんな曲。いかにも映画サウンドって感じで大迫力&手に汗握る。

#7.Lounge
色っぽいBARみたいな曲。もう正直言うと、上であんな偉そうなこと書いてる割に映画見たの結構前だからあんまり覚えてないんだわ。DVDは買いたくても値下がりしないしさ。てか、師匠が作ってるとは思えないくらい普通にムーディでロマンティックなBGMだわ。

#8.その影
これは、たぶんパプリカがつかまって破かれるシーン(という表現が正しいのか?)の曲だろう。てか、「妄想代理人」とかとも記憶が混ざって余計こんがらがっちゃう。

#9.滴いっぱいの記憶
これはハッキリとは覚えてないけど、感動したような覚えは有る。てか、聴いてる今もまた感動しちゃう。嫌なことから解放されるような曲。「白虎野の娘 おやすみver」とでも言おうか。いや、むしろ「白虎野の娘 母親のお腹の中、安心して大丈夫だよver」という位、『浄』な曲。すっごくすっごく好きな曲。大切にしたい曲。

#10.追う者
今度は「白虎野の娘 はやく!はやく!はやく!はやく!ver」って感じのアレンジ。メロディ部分が殆んどないね、リズム隊が焦らせる感じで。あと師匠の加工された声も。

#11.予期
これで不安にさせた後の、カエルからの「パレード」。あれはビビるよね。

#12.パレ―ド(instrumental)
師匠の曲って、ボーカル無いと無いで、また違った顔を見せてくれるんだよね。これの場合は変な声とか、コーラスとか、弦とか。こんな風になってたんだ~ってね。

#13.白虎野の娘
エンディングテーマ。アルバム『白虎野』に収録されている「白虎野」って曲のアレンジです。もう、この曲メロメロだよね〜。本当に本当に本当に名曲。個人的には原曲よりこっちの方が断然好き。ちなみに使ってるボーカロイドは「LOLA」らしい。

エクストラトラック
CDエクストラで、「白虎野の娘」のPVが入っています。内容は言いませんが笑えます(笑)。てか、平沢の思う壺な反応をしてしまいました。はぁ〜カッコイイ。


ちなみに『白虎野の娘』とサントラに入ってない『走る者』は公式HPで無料DL出来るのだ!!太っ腹過ぎる(泣)。まだ取ってない人、ファンになったばっかりの人は今すぐゲットや!!
公式HPの無料DLページ

 

あとね。パプリカ観て、ファンになってまず初めに何買えばいいか迷った人には、アルバム『白虎野』をお勧めします。『白虎野』には、「パレード」も「白虎野の娘」の原曲も入ってるから気に入ると思います。

 

 

『千年女優』も観たよ。って人には、アルバム『賢者のプロペラ』もオススメ。EDテーマの「ロタティオン」が入ってるし、「円積法」「ニグレド(黒化)」とかも聴けば、あっ!この曲は!ってなると思うから。迷ってるなら参考にどうぞ。

 


2017.11.12 Sunday

スポンサーサイト


05:58 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top