本日は有意義でしたか?

平沢進・P-MODEL等のニューウェイヴと私の日常を……

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.07.13 Thursday

ザ・プーチンズの本公演CDR「川島さる太郎の自己破産」(2011年)

JUGEMテーマ:音楽

ザ・プーチンズの本公演CDR「川島さる太郎の自己破産」!!!!!!
iPhoneImage.png


こちらのCDは、2011年6月に行われた"ザ・プーチンズ"の第3回本公演『川島さる太郎の自己破産』のサウンドトラック的CDになります!!

 
川島さる太郎の自己破産 [DVD]
川島さる太郎の自己破産 [DVD]

さてサウンドトラック的CDと言えど、内容は本公演で歌われた楽曲・演奏された楽曲を全て録り直した自主製作盤であり、結構豪華な内容です!!明らかに音源化して欲しいと思ったあの曲から、チョロっとだけ使われたあの曲までホントに全て網羅しております(笑)。なので、公演を観た方ならまず間違いなく満足頂ける内容になっていると思います♪私は入手出来て嬉しくて仕方が無かったので(笑)。

全12曲収録ですが、泣ける曲から、ふざけた曲、真面目な曲に、分類できない曲とほんとバラエティ豊かな内容になっておりまして改めて変幻自在で実力派なユニットだと痛感させられました!!お馴染みの曲の粗削りなオリジナルトラックを聴けるのも、このCDの素晴らしい点の一つです!!

まだこの公演を観ていない方の為にザッとあらすじでも話したいところですが、あのけったいなストーリーと空気感・魅力・シュールさ等々は、実際に観ないと絶対に伝わらないと思うので全て省略させて頂きます。悪しからず(笑)。でもファンなら買って損は無いので、持っていない人はDVDの購入をオススメします♪

そんな訳で、早速全曲感想に移りたいと思います!!チェケラ!!!


続きを読む >>
2017.01.03 Tuesday

ザ・プーチンズ「ナニコレ」全曲感想!!(2015年)


今回ご紹介する作品はコチラ!!
ザ・プーチンズで『ナニコレ』!!!!!!!
ナニコレ

こちらの作品は「ボサノバ×テルミン×テクノ」と言うジャンルを行ったり来たりしている3人組ロシア系怪電波ユニット『ザ・プーチンズ』の2ndアルバムなのですが、もう素晴らし過ぎます!!1stアルバムから進化し過ぎ!!!!どんだけポテンシャル高いんだって話です!!ホント大好きな作品なので、今からダラダラと熱く語っていきますが、最早読まないで即座に購入して欲しいくらいにオススメです!!

さて上記の書き方で誤解して欲しくないのですが彼等の1stアルバム『ぷりぷり』も相当クオリティが高くて私は大好きです!!彼らの何がそんなに魅力的かを一言で表すならば【シュールと音楽の融合加減】が完璧なのです!!その独特の世界観と音楽性に夢中なのです!!で、1stアルバム『ぷりぷり』の雰囲気って言うのは、どちらかと言うと「小劇場で盛り上がるであろう少々マニアックな空気感」で作られていたんですね!!「彼らの世界」を観て楽しむ感じです!!それがなんと今作では!!フェスでやっても盛り上がるんじゃねぇかと言うくらい、なんて言うんでしょう「解放感ある」作りなんです!!なんか明るいんです!!なんか一皮剥けてるんです!!良い意味でメジャー感が出ていると言うか「一緒に楽しもうぜ!!」感が満載なのです!!なのでもう凄い良いんです!!もう買いに行っていいです!!

続いて収録内容に関してです!!今作は全12トラック収録なのですが、全12曲収録ではございません!!1曲目は「前振り」5,8曲目は「劇風コント」12曲目は「ライブのダイジェスト」なので実質8曲収録です。で、この8曲も非常にバランスが良くてですね。序盤3曲は上記に書いた通りの「解放感あるニューウェイヴ」、中盤3曲は「お洒落シュールなボサノバ」、終盤2曲は「ライブ定番ソング」と言う様になっておりまして、なんかもうベスト盤じゃないのか!?と思う勢いです!!素晴らしい!!もう買いに行っていいです!!

もう読まないで買いに行っちゃって欲しいですが、全曲感想を書いていきたいと思います!!

ご購入の参考になれば幸いです!!


 


続きを読む >>
2016.12.30 Friday

核P-MODEL LIVEDVD『パラレルコザック』全曲感想!!(2015年)

今回ご紹介する作品はコチラ!!

核P-MODELのライブDVD『Parallel Kozak』!!!!
iPhoneImage.png
こちらの作品は2013年11月に核P-MODELとしては9年ぶりに発売されたアルバム『Gipnoza』に付随するライブ『Parallel Kozak』の模様が収録されたDVDになります!!発売日は2015年6月ですが、このライブ自体は2014年の1月赤坂BLITZで4日間行われました!!収録内容は最終日である4日目の内容がフル(17曲)で入っています!!今から見るのが楽しみです♪

と言う訳で、なんだかんだ言っておりますが写真を見ての通り、私まだこのDVD観ていません!!それどころか封も開けておりません!!発売日に予約購入したのに、その後1年半放置です!!それは何故かと言いますと≪このDVDは、時間に余裕がある時にじっくり観たい!!≫と言う気持ちが強かったからです!!だって、このライブ最高だったもの!!

そうなのです、私このライブ行っているんです!!何を隠そう初めての平沢ライブかつ時間と金に余裕があった時期なので、初日と2日目の2日間参加かつ、グッズ全て購入かつ、3日目はGazioでライブビューイングと言う、もうどっぷり満喫したライブだったのです!!故に思い入れが強く、観る時期を逃していたのです。さて、だれも望んでいない個人語りはこの辺にしまして、早速パッケージを開けてみましょう!!

【パッケージ開封】
iPhoneImage.png
珍しくディスク以外に『パラレルコザックに関する幾つか』と言う2つ折りの紙が入っています!!
中身は、
・ライブの背景にあるストーリーについて
・ライブパフォーマンスについて
・ライブスタッフについて
など。
中でもやはり気になるのはライブの背景にあるストーリーですよね。P-MODELの音源BOXセット『太陽系亞種音』で始まり、核P-MODEL1stアルバム『ビストロン』を経由して2ndアルバム『Gipnoza』で急展開した【アシュオンを巡るストーリー】と、宇宙人バンドPEVOがアルバム・ライブで語ってきた【地球上でのスポット追跡物語】が、このライブで交差する訳です!!この一連のやりとりが、専門用語多数だし、ややこしいしで、まぁ〜訳分かんないんですけど、何故か凄いワクワクしちゃうんでよね〜。だから困っちゃう。と言うか何気に、初日の幕が開くまでPEVO1号が参加するなんて情報全く無かったので、それはそれはお客さんみんなテンション上がりましたよ!!あの日!!ちなみに、上記のストーリーが分からなくてもライブは十分楽しめるので問題無しです♪と言うか、大半のファンがよく分かって無いと思いますから(笑)。


お待たせしました!!やっと全曲感想に移ります!!

観ながら、思い出しながら書きます!!!!


 


続きを読む >>
2016.12.29 Thursday

ハルメンズX「ハルメンズXの予言 OUTTUNE」全曲感想!!(2016年)

今回ご紹介する作品はコチラ!!
 
ハルメンズXで「ハルメンズXの予言 OUTTUNE」!!!!
iPhoneImage.png
1980年初頭に2,3年だけ活動し解散してしまった伝説的ニューウェイヴバンド「ハルメンズ」。そのオリジナルメンバーである"サエキけんぞう"と"Boogie the マッハモータース"が2010年に「新たなハルメンズ」を提示するプロジェクトを開始しました。ライブに新曲制作・過去曲リメイク、そして自主製作盤の作成、更にはメンバー増員に新ユニット結成など精力的な活動を続けてきた彼等。そして遂に2016年9月「ハルメンズX」とアーティスト名を新たにし、6年の軌跡を集約したアルバム『35世紀』を発売した訳です!!

そのアウトテイクがコチラの作品になります!!
そんな訳で、収録曲のアーティストも『35世紀』同様、(全てにサエキさんは絡んでいるものの)数組に分かれておりコンピレーション的な内容にもなっております。また、アウトテイク集と言っても、仮音源等の出来やら音質やらの悪い内容では無いのでご安心を。

後で詳しく書きますが、収録内容は全6曲。新曲スタジオ音源が2曲、リメイクスタジオ音源が2曲、既発表曲ライブ音源が2曲と言う内訳です!!自主製作盤なので、ジャケット1枚とCDしか入ってませんがコレで1000円はお買い得です!!満足度高し!!


それでは全曲感想に移ります!!
 


続きを読む >>
2016.12.03 Saturday

中野テルヲ(慶オト会)「中野テルヲ流音楽制作術2016 Special Book&CD」全曲感想!!(2016年)


今回ご紹介する作品はコチラ!!

中野テルヲ流音楽制作術2016 Special Book&CD!!!!!!!!!!!
iPhoneImage.png

何を隠そう、私まだ開封しておりません。それに加えてコチラの作品が販売されるようになった経緯もたいして知りません(笑)。その態度じゃあまりにも不躾だと思いますので、少し調べてまとめてみますね!!

【今作品の制作・販売経緯】
・2016年11月19日(土)慶應義塾大学 第58回三田祭で「中野テルヲ流音楽制作技術2016」が開催された。
・主催は学生団体 慶オト会
・内容はテルヲさんを迎えての音楽制作に関する講演会とミニライブ
・参加費無料
・Special Book&CD(1500円)は講義内容と連動しており、このイベント(および後日の通販)限定のアイテム

そうでしたTwitterで宣伝されていて若干の興味はあったのですが、地方住みかつ音楽"制作"の話じゃついていけないだろうなと思い、当日参加は遠慮しといたのでした!!そんな訳で、今手元にあるのは通販で購入したものになります♪
しかし、これ企画したのって学生さんなんでしょ?凄い行動力ですよね〜。素直に感心してしまいます。しかもテルヲさんなんて"一般的に言ったら"マニアックなアーティストをチョイスする辺り、さすが慶應生は違うねって感じですかね!!私が大学生の時は軽音部でもテルヲさんどころか師匠(平沢進)すら誰も知らなかったと言うのに(笑)。それだけに留まらず、参加費無料なんてエゲツないサービスを提供しつつ、付属の冊子&CDできちんと資金回収出来る構造、よく考えられていますよね。私含めテルヲさんファンは敬愛度の高い固定ファンが多いと思いますので行けなかった人も高確率で通販に申し込むんじゃないでしょうか!!それによって企画した方々の金銭的負担軽減に少しでも繋がると嬉しいな〜。win-winみたいな。とにかく素晴らしいねって思いました!!


さて、では【Special Book】の方から見ていきたいと思います!!

それがコチラ!!ズバ――ン!!!
iPhoneImage.png
サイズはA4より一回り小さいからB5ですかね?まぁまぁの大きさです。

一方で厚さはあまり無く
iPhoneImage.png
このくらいの薄さです。見たこと無いけど同人誌ってこんな感じかなって感じです!!でわでわ外観の話は、この辺にして中身の話に移ります!!

【Special Book収録内容】は以下の通り!!
〇P.3:冊子・イベントについて
〇スペシャルインタビュー「サイン波の魔術のエッセンス」
・P.4:はじめに
・P.5-7:器材紹介
・P.8-10:制作の流れ
〇P.10-12:質問コーナー
〇P.13:スペシャルCD音源について

詳しい内容は買って読んで頂きたいので、ザックリした感想を箇条書きで並べます!!

【Special Book感想!!】
・音楽制作術とは銘打っていますが、インタビュー形式が大半であり、かつ音楽が詳しくない方でも分かる様な表現で書かれているので普通の音楽雑誌の様に気楽に読めます!!
・その一方で自分で音源制作をしている人にも興味関心が湧く内容になっていて、なかなか上手い作りになってます!!
・読む前はこの薄さなのでボリューム不足かと思いましたが、読み終わるまで20分程度掛かる充実の内容でした♪
・インタビューも学生さんがやってらっしゃるそうで、素晴らしいですね。
・器材紹介が【サイン波】から始まり【短波ラジオ】【テープレコーダー】等と続き【ギター・ベース】が6つ目の最後のカテゴリなのが、なんか面白かったです(笑)。そんなアーティストも珍しいでしょうよ(笑)。ライブで山のように積み上がっている器材等々の役割が写真を交えて、一つ一つ丁寧に紹介されているので、読んでて楽しいです!!
・歌詞についての内容が読んでて個人的に興味深かったです。「Ticktack」での"ハンパネェ"に触れているのが、気になってたので嬉しかったです(笑)。アレどんなテンションで作詞したのか気になるよね(笑)。

全体的に満足度高かったです〜♪


では【Special CD】の方も続けて聴いてみたいと思います!!

 


続きを読む >>
2016.10.29 Saturday

サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース『21世紀さんsingsハルメンズ』 全曲感想!!(2010年)

JUGEMテーマ:日記・一般

今回ご紹介する作品はコチラ!!
サエキけんぞう&Boogie the マッハモータースで『21世紀さんsingsハルメンズ』!!!!(2010年)

21世紀さんsingsハルメンズ

オリジナルアルバム2枚を残し1984年に解散してしまった伝説のニューウェイヴバンド"ハルメンズ"。オリジナルメンバーであるサエキけんぞうさんが【幻の3rdアルバム作成】を目標に2010年に企画・製作したコチラの作品は、未発表曲の新録代表曲のリアレンジ、更にそこへ新曲まで加えた、ボリューミーでワクワク盛り沢山な内容になっているのです!!未発表曲の中には、ハルメンズの真の評価に気付かせた皆大好き戸川純ちゃんのアルバムに収録された内容も多々ありまして、なんとも聴き比べが楽しいです!!


さて、ここで注意なのですがコチラのアルバムは「ハルメンズ」名義ではなく「サエキけんぞう&ブギーザマッハモーターズ」名義でございます。オリジナルメンバーのサエキけんぞうさんが、3ピースニューウェイヴ・ガレージロックバンド「ブギー・ザ・マッハモータース」と協力して作り上げた"カバーアルバム"と言った位置づけになります。なので、時代の移り変わりも相まってハルメンズのあの独特の音色・雰囲気とは全く違う印象・演奏になっております。ド正面から当時の「ハルメンズ」を期待してしまうと、ちょっと違った思いが生まれる可能性がありますので要注意です!!でも、ポップでニューウェイヴでロックでミラーボールなブギーの演奏は、新しいハルメンズを提示するには相応しく思え、個人的には大好きです!!なので書いといてなんですが、余計な心配は全然要らないです(笑)。それに新曲も良い感じですし、何よりサエキさんの歌声で再びハルメンズの曲が聴けるだけでファンとしては嬉しいのでは無いでしょうか!!私は、とても嬉しかったです!!

ちなみに歌詞カードには全曲解説に加え、サエキけんぞう氏・飯尾芳史氏・加藤賢崇氏・松永天馬氏(アーバンギャルド)からのコメントもそれぞれ1〜2ページ渡り掲載されており、読み応え満点です!!ありがとうございます!!

それでは全曲感想に移ります!!
 


続きを読む >>
2016.10.27 Thursday

ハルメンズ『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』全曲感想!!(1984年)

JUGEMテーマ:音楽

今回ご紹介する作品はコチラ!!

ハルメンズで『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』!!!!!

ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー
こちらの作品はバンド解散の1年半後1984年に発売されたベストアルバム『ハルメンズ・デラックス』に11曲の秘蔵音源を足したリイシュー盤になります!!

まぁ、ハルメンズと言えば、個人的にはP-MODEL・ヒカシュー・プラスチックスと同じくらいにニューウェイヴを語る上では欠かせない重要バンドだと思っている訳ですが、活動期間が短く1stアルバムの『ハルメンズの近代体操』と、2ndアルバム『ハルメンズの20世紀』の2枚しかアルバムを残しておりません。「それなのにベストアルバムってどういう事?」と長年ずっと疑問でした。「どうせレコード会社が適当に作ったベスト盤でしょ。」そう決めつけて、この作品には手を出さないようにしていました。さて、実際の所はどうなのでしょう。ここで少し歌詞カードに付いている解説文を読んでみましょう!!

【〜戸川純、そして新たなる"伝説"へ〜歌詞カード解説より抜粋】
その中でいち早く結果を出したのは戸川だった。ヒット作『玉姫様』にはハルメンズのカバーを多数収録したことにより、彼らが注目される契機をも生み出したのである。ビクターのディレクターは佐伯に「ハルメンズのアルバムが廃盤の今、ベスト盤を出したい」と連絡した。会社主導かつ急造と言える案を話された佐伯はこれを頑として拒み、最終的に選曲・ジャケットの決定権とリミックスを一曲する承認を得たのだった。更に曲ごとにテンポの微調整も行った。

と言うことです、なるほど。当時はハルメンズの音源は"廃盤"だったわけですね!!それならば納得です!!上記の通り"曲ごとのテンポ調整""リミックス"、更にはシングルバージョンの"選曲"等含めて、レコード会社が適当に並べただけの作品では無いと言う部分に注目です!!注目しましたか!?

さて、ついでに言いますと、今回の歌詞カードには上記のような『ハルメンズデラックス』のオリジナル版が発売されるに至った"経緯"の他に、バンドとしての"年表"、更にはボーナストラックの"全曲解説"まで付いてきます。と言っても、どれもそんなに詳しくは書かれていないのですが、それでも私のような後追い世代には、こう言う"当時のことを知る資料"は貴重なので結構嬉しかったです♪

お楽しみのボーナストラック11曲については、ザックリ言うと"デモ音源""ライブ音源"です。先にリイシューされた『ハルメンズの近代体操+8』『ハルメンズの20世紀+8』に収録されたデモ音源やライブ音源も貴重でしたが、今回のは、その後活躍して行くことになる戸川純ちゃんや野宮真貴さん、そして"ハルメンズ幻の3rdアルバムを作ろう!"と言うコンセプトで2010年に製作された『21世紀さんsingsハルメンズ』などに繋がる資料的価値の高い内容になっています!!「当初はこんな感じだったんだ!!」とか「この頃からもう持ち味炸裂してる!!」とか、なんかもうワクワク満載な内容になっていますので、こうご期待です!!!!


それでは全曲感想に移りたいと思います!!ご購入の参考になれば幸いです!!

 


続きを読む >>
2016.09.19 Monday

PEVO「NON-STOP PEVO!」全曲感想!!(2009年)

JUGEMテーマ:音楽

今回ご紹介する作品はコチラ!!

PEVOで「NON STOP PEVO!」!!!!!
iPhoneImage.png
こちらの作品は我らがPEVOの3rdアルバム!!ジャケット観て貰えば一目瞭然ですが、自主製作盤です(笑)。DEVO1stの背景に、DEVO2ndの格好、そしてDEVO3rdのエナジードームと言う愛情ド直球(笑)。あと普通に女の子がエロい(笑)。自由だな〜(笑)。

ディスク面だと女の子笑っています。
iPhoneImage.png
エロゲかな?(笑)。

師匠(≒平沢進)がらみの世界観・設定が1stの「Convex And Concave」と4th「スポット破壊指令」以降で顕著な為、影が薄くなりがちな作品ですが個人的には大好きです!!


≪メンバー編成≫
pevo1号:guitar
pevo3号:voice,Pビーム
pevo5号:drums
dj seiji  :4d mix

さて、こちらの作品、全9曲+リミックス1曲の全10曲入りフルアルバムな訳ですが、他のPEVOの作品となんとなく雰囲気が違います。まず、上のメンバー編成を見ての通り生ドラムが入っているのでバンドバンドしています!!加えて電子音がやけにヘンテコでヒョロヒョロです!!そして最後に、ボーカルがまさかの完全に宇宙語です!!あら、なんてニューウェイヴなんでしょう(笑)。素晴らしいことこの上ない(笑)。そんな感じでインディーズ臭満載の作品でございます。中でも一番気になるのは、やっぱりボーカルですね。「スポット」だ、「チップル」だ、「ポクテキ」だ、なんて全く言わない完全に宇宙語ですので(笑)。しかも歌詞カードついてないから何歌ってんのか全然分かりません。それでも良いと思えちゃうくらいにキャッチ―でニューウェイヴなのが素晴らしい。あと自主製作だからか全体的に音がペラいですね、キチッとしてなくて、バシッと決まらない感じがあります。でも、それがまた良いんですよね〜。全部綺麗に作られててもつまんないし♪

あと、タイトル通り全曲ノンストップで続いて行くのも特徴的です。伊達にDJが参加していませんね、物凄いスムーズに曲が繋がっていきます。滑らかそのもの。そして何故か、曲間にメンバーのMCが入ったりします。しかもやたらとフレンドリーな日本語で(笑)。なんか設定が崩壊している気がしてならないけど大丈夫だろうか(笑)。

と言う訳で、早速全曲解説に移ります!!ご購入の参考になれば幸いです!!


 

続きを読む >>
2016.09.07 Wednesday

ザ・プーチンズ「ぐるぐる」全曲感想!!(2016年)

JUGEMテーマ:音楽


怖いのか?面白いのか?それはアナタ次第です!!


今回ご紹介する作品はコチラ!!
ザ・プーチンズで「ぐるぐる」!!!!!

ぐるぐる(DVD付き)

水色の背景に白塗りの顔が2つあるだけと言うジャケットが衝撃的(笑)。

今作は、2016年8月に発売されたザ・プーチンズの1stシングルになります!!シングルと言ってもCDだけでなく、ライブDVD(76分)も付属されており、とっても充実した内容となっております!!

CD音源で彼らのミュージシャンとしての振り幅の広さを感じ、DVDでアーティストとしてのポテンシャルを体感して頂ければと思います。なんて言うか、最近ホントにプーチンズ好き。

それでは全曲感想に移ります!!ご購入の参考になれば幸いです!!


続きを読む >>
2016.08.24 Wednesday

Boogie the マッハモータース「U・T」全曲感想!!(2013年)

JUGEMテーマ:音楽

今夜も あんたのハートのミラーボ―ル 回しにやって来ましたよ!!


今回ご紹介する作品はコチラ!!!!
Boogie the マッハモータースで『U・T』!!!!!!!!

iPhoneImage.png

こちらの作品は、私の大好きな曲が多数収録されているマキシシングルな訳ですが、CDの感想を書く前にBoogie the マッハモータース。彼らのことをまだ知らない方も多々居ると思いますので、まずは彼ら自身の素晴らしさを軽く紹介させて頂きます!!

≪バンド紹介≫
ジャンルは『ガレージロック&ニューウェイヴ』。ロックのストレートさと、ニューウェイヴのカラフルさが絶妙に融合している彼らの楽曲は、どちらのジャンルでも他に類を見ません!!そんな楽曲をシーケンス無しで完全人力演奏するライブバンドです。しかも驚きの3ピース編成!!この人数でこのジャンルの曲を成り立たせてるんですから、ホントたまげたものです。兎にも角にもライブを一度観て頂きたい。もはや”ライブ”と言うより”ショー”に近い完成度のバンド演奏は勿論のこと、メンバーそれぞれの個性があからさまに立ち過ぎている所も彼らの大きな魅力の一つです!!と言う訳で、引き続きメンバー紹介!!

≪メンバー紹介≫
・Makojet(Vocal,Guitar):革ジャン、サングラス、リーゼントと言うスタイルのフロントマン。見た目通りのバリバリロックな演奏をブチかますギターボーカルでありながらも、すんなりボコーダーも使いこなす所が面白い。多くの曲の作詞作曲も手掛ける。

・Sallycat(Synthesizer,Chorus):バンドの中で紅一点。赤い髪にジャンプスーツが印象的なキーボーディスト。右手でシンセリード、左手でシンセベースを同時に弾きこなす彼女の演奏は同期不要のリアルタイムパフォーマンスの要である。

・Mr.tsubaking(Drums):白スーツにアフロヘア―がトレードマークの名ドラマー。サンプリングパッドを組み込んだ彼のセットはロックとニューウェイブを自由自在に叩きこなす。そして何より、忘れてはいけないのが演奏中の多彩な小ネタ。ポップな顔芸からスティックでサングラスを吹き飛ばす荒業まで多過ぎる引き出し脱帽。そしてそんなユーモアを連発しているにも関わらず演奏が一切ぶれない所が素晴らしい。

どうでしょう?この拙い文章で魅力が伝えきれた自信は到底ございませんが、詳しくはYoutubeやらオフィシャルブログを覗いてみて下さい!!興味のキッカケになれば、それで十分だ。と言う訳で、遅くなりましたがCDの感想に移りたいと思います!!


≪CD全体感想≫
コチラの作品は2013年に発売された自主製作マキシシングルになります。収録曲は全6曲。3曲はスタジオ録音の新曲、残りの3曲はライブ音源と言う構成になっております。この新曲3曲がどれも良いんですが、中でもタイトル曲である『U・T』がブチ抜けに素晴らしくってですね。もう本当に今すぐにでも聴いてみて欲しいんです!!と言うか、買ってみて欲しいんです!!まとめると、買って聴いて欲しいんです!!と言いつつも、自主製作の作品なのでCD屋さん等では取り扱いしていないんですね。勿体無い。でも、ライブの物販ではまだ取り扱っていると思いますので廃盤になる前に、是非ライブを観に行って購入して欲しい訳です!!6曲も入って1200円です!!絶対損はしませんので!!
 
でわ、全6曲感想を書いていきます!!ご購入の参考になれば幸いです!!


続きを読む >>

▲top